日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

日本人はなぜ英語ができないのか?英語が苦手な理由とは?

      2019/10/15


 

みなさんは、英語が話せますか?

現在は小学校から英語の授業がありますが、少し上の世代は中学校から英語を学びましたよね。

一般的には中学、高校の6年間、英語の授業があったにもかかわらず、日本人の多くは英語を話すことができません。

今回は、日本人がなぜ英語ができないのか、苦手な理由について調べてみました。

 


日本の英語教育について

一般的に英語の授業は中学から始まりましたが、平成23年(2011年)に、小学校5年生・6年生の英語が必修化されました。

 

令和2年(2020年)に、小学校3年生・4年生の英語が必修科され、小学校5年生・6年生の英語が教科化されます。

 

「必修化」とは、国語や算数のように「教科」ではないので教科書などはなく、成績評価の対象にはなりません。

歌やゲームを通じて英語に親しもうというのが目的です。

 

「教科化」とは、国が指定した教科書を用い、国語や算数のように「教科」として成績評価の対象となることです。

 


日本人はなぜ英語ができないのか?英語が苦手な理由とは?

日本人が英語ができない、苦手な理由は、日本人らしさが影響していたり、学校の英語教育が原因など、いくつかあるようです。


◆日本人は完璧主義だから

日本人は間違ってはいけない、完璧でなければいけないと思う人が多いようです。

そのため、発音や文法が未熟な英語を話すことができなかったり、間違えているかもしれない英語を人に聞かせるなんてとんでもない!と思ってしまうそうです。


◆恥ずかしいと思ってしまうから

発音や文法が未熟な英語を話して、もしも笑われたら恥ずかしい!

もしも間違えてバカにされたら恥ずかしい!

そんな風に考える人が多く、英語を学びたいという気持ちよりも「恥をかきたくない」という気持ちのほうが強くなってしまうようです。


◆相手に気を使いすぎるから

日本人は、自分以外の人に対してとても気を使います。

日本人同士はもちろん、相手が外国人であっても気を使いますので、「間違った英語だったら申し訳ない」とか「相手の英語のレベルに合わせなければならない」と思ってしまい、未熟な英語では外国人と会話をすることさえできなくなるようです。


◆文法が異なる

日本語の文法は「主語、目的語、動詞」の順番が基本ですが、英語は「主語、動詞、目的語」の順番になります。

例えば「私は(主語)東京へ(目的語)行きます(動詞)」は英語では「I(私は) will go to (行きます)Tokyo(東京へ)」となります。

幼少期から話していた日本語とは異なる文法にとまどい、苦手意識を持ってしまう人が多いようです。


◆英語教師が日本人で、ネイティブな英語が話せない

ネイティブな英語を話せる外国人を講師に迎える学校もありますが、多くの場合、日本人の英語教師が英語の授業をします。

英語圏で生まれ育ったのではなく、日本で生まれ育った教師がネイティブな英語を話すことは難しいです。

そのため、子どもたちはネイティブな英語に触れる機会がないまま、中学高校の6年間を過ごすことになります。


 

◆英語が必要ないから

日本に住んでいると、日本語だけ理解できていれば生活に困ることはまずありません。

外国人が増えてきた昨今でさえ、外国人と会話をする機会はほとんどなく、英語を話す機会は滅多にないのです。

他の国を見てみると、多民族国家などは英語を共通語としていることもあり、母国語だけでは多民族との交流ができないため、自然と英語を身につけて行きます。

また、母国語とは別に英語を学ぶ国の子どもたちは、大学に進学するために英語を身に付けることもあるようです。

日本では、当たり前のように大学でも日本語で授業が行われますし、難しい専門書なども日本語で書かれているものが多いです。

これは、明治時代(1868年~1912年)に、欧米諸国の書物などを日本語に翻訳し、新しい日本語を作りながら英語と結び付けていった先人たちのおかげなのですが、日本以外のアジアでは英語ができないと高等教育を受けられないほど、英語が必要なものになっています。

日本語だけで十分に生活ができるので、「英語が必要」と考えることが難しいのです。

そんな状態なのに、学校の授業で英語を学ぶことになるため「英語は受験のため」「授業だから仕方ない」と、消極的に学ぶことになり、苦手意識が強くなってしまうようです。

 


 

日本人がなぜ英語ができないのか、苦手なのかがわかりましたか?

街で外国人観光客に道を聞かれて、片言の英語と身振り手振りで説明したら理解してくれた!というのはよく聞きますよね。

文法を間違えないように慎重になるよりも、間違えてもいいので知っている単語を繋げてみると、案外通じるものです。

学校の授業で苦手意識を持ってしまった人が英語を習得するのはとても難しいことかもしれませんが、外国人とスムーズにコミュニケーションが取れるようになりたいですね!



 - 未分類