日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

けん玉の起源と歴史とは?英語で何ていうの?けん玉が海外で人気に!

      2018/08/10


 

昔ながらの遊びのひとつである「けん玉」

子どものころに誰もが一度は遊んだことがあるのでは?と思うほど、日本人に馴染み深いおもちゃですよね。

そのため、けん玉は日本生まれのおもちゃだと思っている人も多いようですが・・・実は、違うみたいです。

今回はけん玉についていろいろ調べてみました!

 

スポンサードリンク

けん玉の起源と歴史とは?

けん玉とは、十字状の「剣(けん)」と穴の空いた「玉(たま)」で構成されるおもちゃです。

漢字で「剣玉」「拳玉」「剣球」と書きますが、「けん玉」と書くのが一般的です。

 

けん玉は、中国やメキシコ、アフリカが起源であるなど世界各地に起源説があり、正確なことはわかっていないそうです。

最も古い記録は、16世紀のフランスで国王アンリ3世のころ、ピエール・ド・エストワールが「1585年の夏、街角で子どもたちがよく遊んでいる「ビル・ボケ」を、王様たちも遊ぶようになった」と書かれたものがあります。


 

「ビル・ボケ」はフランス語でけん玉のことで、「ビル」は「玉」、「ボケ」は小さな木のことで、現在のけん玉のように剣に玉を刺すのではなく、剣の両端にある受け皿に玉を乗せて遊んでいたようです。

「ビル・ボケ」が世界に広がったという説が有力のようです。

 

日本には江戸時代(1603年~1868年)に伝わってきたといわれ、最も古い記録は、1809年の「拳会角力図会(けんさらえすまいずえ)」という文献で、「七玉拳(すくいたまけん)」として遊び方が文章と図で説明されています。

 


 

1830年、喜多村信節(きたむらのぶよ)が江戸時代後期の風俗習慣や歌や踊りなどをまとめた随筆(ずいひつ・筆者の体験や知識を書いたもの)「嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)」では、「拳玉」という漢字でけん玉が紹介されています。

現在のけん玉のように十字状の形ではなく、棒に盃や皿のような部分が上下についていて、そこに玉を入れて遊んでいたようです。

また、当時は子どもの遊びではなく、大人が酒の席で、けん玉を失敗した人が酒を飲むという罰ゲームのようなルールで遊んでいたようです。

 

明治時代(1868年~1912年)の1876年に、文部省(現在の文部科学省)が児童教育の解説書で「盃及び玉」としてけん玉を紹介し、子どもの遊びとして広まりました。

 

大正7年(1918年)に、広島県呉市の江草濱次(えぐさはまじ)という人が「日月(にちげつ)ボール」というけん玉を考案したものが、現在のけん玉の形です。

「日月ボール」という名前は、三日月のような形に掘った皿で、日(太陽)のような玉を受けることが由来しており子どもたちの間で急速に普及し、第二次世界大戦後には子どもたちにとってとても身近なおもちゃになりました。

 

昭和50年(1975年)5月5日、けん玉の伝承を目的に「日本けん玉協会」が創設されました。

日本けん玉協会はけん玉のルールを制定し、級・段位認定の検定を行うようになり、単なる遊びのひとつであったけん玉に、スポーツ競技としての側面が生まれました。また、けん玉の指導者育成や、各種大会の運営などを行っており、海外でも普及活動をしており、けん玉は国際交流の架け橋にもなっているそうです。

 

けん玉は英語で何ていうの?

けん玉は英語で「kendama」です。

日本語のけん玉がそのまま、英語でも通じます。

 

けん玉が海外で人気に!

けん玉が海外でも人気になったのは、日本を訪れた外国人プロスキーヤーが、けん玉で遊んでいる動画をインターネット上で配信したところアメリカで話題になり、2007年ごろから広がり始めたそうです。

アメリカではその後、けん玉のブランド「KENDAMA USA」が立ち上がり、けん玉のプロプレイヤーやプロチームが誕生するなど、大人気なのだそうです。

また、世界中でけん玉の大会が開催され、フリースタイルで技を見せ合ったり、規定の技で競ったりと、かなり盛り上がっているようですよ!

 

驚くべきけん玉の健康効果とは?

■姿勢が良くなる

けん玉は、手だけを使う遊びではなく、全身を使います。

手だけでやろうと思ってもできませんし、手を動かす時に体が安定していなければ上手にできません。

体がふらふらして不安定だと、思ったようにけん玉ができないので、続けていくうちに自然と腹筋や足腰、体幹が鍛えられ、姿勢が良くなります。


■ダイエット効果がある

全身を使うけん玉は、有酸素運動になるそうです。

パフォーマンスをしているような派手な技も、静かでゆっくりする地味な技も、それなりの時間続けていると体が温まり、じんわり汗をかいてきます。

有酸素運動は体の脂肪燃焼を効果的に行いますので、ダイエット効果があるといわれています。


■集中力が高まる

けん玉は、意識が別のところにあると上手にできません。

技の難しさはあまり関係なく、簡単な技や慣れた技を連続でするほうがより集中できるともいわれています。

けん玉をすることに集中できるようになると、他のことにも集中力を発揮することができるようになるそうです。


■認知症に効果がある

けん玉は、手先を使い集中力がいる遊びです。

手先を使ったり、集中すると脳が活性化するといわれています。

けん玉の難しい技に挑戦しているときには脳の思考や記憶を司る前頭前野が活発に働くようになり、脳が活性化されるそうです。

脳が活性化されると、認知症予防や記憶力の向上に効果があるといわれています。

 


 

インターネットを通じて、自分の技やパフォーマンスを配信している人も多く、言葉が通じなくてもけん玉の素晴らしさは世界共通のようです。

世界中に広まっているけん玉ですが、外国人観光客や、海外へ行くとき、日本のお土産としてけん玉は人気があるようですよ。

けん玉の起源は世界中にあるようですが、現在の形になったのは日本だからでしょうか。「kendama」として日本語がそのまま海外でも通じるのはなんだか嬉しいですね!

 

スポンサードリンク



 - 未分類