未分類

血液型占いは日本だけ?起源や由来、根拠とは?A・B・O・AB型 男女の性格と相性

「あの人はA型だから○◯だわ」「私はO型だから○○なの」「夫婦揃ってB型だから○○なの」というふうに、血液型でその人の性格を占う「血液型占い(血液型性格診断)」というものがあります。

異性との相性を占って一喜一憂したり、相性が悪い人がいたら「血液型の相性が悪いから」と考えたりしたことが、誰でも一度や二度はあると思うのですが、そもそも血液型占いには根拠があるのでしょうか?

今回は、血液型占いについていろいろ調べてみたいと思います。

 


血液型占いとは?

血液型占いは、血液型をA型、B型、O型、AB型の4つの型に分け、それぞれの血液型の性格や気質、他の人との相性などを診断します。

 

一般的に言われるに血液型別の性格は以下のとおりです。

 

A型は「真面目で几帳面」

B型は「マイペースで自由」

O型は「おおざっぱでおおらか」

AB型は「二面性があり変わり者」

 

日本人の血液型の割合は、おおよそA型は4割、B型は2割、O型は3割、AB型は1割となっています。

 

 

血液占いの起源や由来とは?

血液型占いの創始者は東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)の「古川竹二(ふるかわたけじ)教授」だといわれています。

昭和2年(1927年)古川教授は「血液型による気質の研究」という論文を発表しました。

この論文は現在のような占いではなく、心理学の論文として発表されており、教え子や友人にアンケートを取り、「血液型によって気質が分類できる」ということについて書かれた論文でした。

 

その後、古川教授の「血液型による気質の研究」の影響を受け、独自の解釈を入れつつ「血液型人間学」や「血液型性格分類」という占いを考案したのが「能見正比古(のみまさひこ)さん」です。

血液型を理解することでよりよく人間を理解しようという目的で考案され、プロ野球や陸上競技、相撲などのスポーツ選手、政治家、芸能界などさまざまな人たちの統計データを分析し、講演会などに参加した一般の人々のアンケート結果などもまとめて、血液型別に性格を分類しました。

1970年代に能見さんは、テレビ出演や著書の出版などで「血液型人間学」を多くの人に広め、このころから血液型占いはメディアを通して広まっていきました。

血液型占いはA型、B型、O型、AB型の4つに分類されるので、とてもシンプルで覚えやすく、人々の間に広まりやすかったと考えられています。

 

血液型占いの根拠とは?

日本中に広まった血液型占いですが、科学的根拠はありません。

1981年に能見さんが亡くなり、その後、血液型占いには根拠はないといわれるようになりました。

血液型占いでいわれている性格の特徴が、誰にでも当てはまるものです。

例えば「さみしがりや」や「個性的」といわれても、多かれ少なかれ誰にでも当てはまるものであり、しっかり者といわれる人でも四六時中しっかりしているわけではありません。

そのため、「A型の人は○○だ」という表現をされれば、当然、多くの人に当てはまってしまうのです。

 

このように、誰にでも当てはまる曖昧で一般的なことを、自分にだけ当てはまることだと誤解し、信じてしまうことを心理学では「バーナム効果」といいます。

また、血液型占いを幼い頃から見聞きしてきたことによって「自分はA型だから○○なのだ」という思い込みが生じるともいわれています。

この思い込みによって、自分では無意識のうちにA型らしい行動をとるようになり、血液型占いで「A型は○○だ」といわれて「当たっている!」と感じてしまうようです。

 


血液型占いは日本だけ?

血液型占いが知られているのは、血液型占いの発祥である日本と、日本の影響を受けた韓国、台湾など一部地域だけで、それ以外の地域では血液型と性格を関連付ける習慣はありません。

そのため海外の人たちから見ると、血液型と性格を関連付ける血液型占いは奇妙なものに映るようです。

 

因みに世界の血液型の割合はO型45%、A型40%、B型11%、AB型4%となっており、一番多い血液型はO型で、割合もかなり偏っています。

日本人の場合はA型は40%、O型は30%、B型は20%、AB型は10%となっており、極端に偏っているわけではないので、血液型占いが広まったともいえます。

また、南米のグァテマラでは国民の95%がO型のようですから、血液型占いは成り立たなくなってしまいますよね。

 

A型、B型、O型、AB型の男女の性格と相性

根拠はないといわれている血液型占いですが、一般的に血液型占いでいわれている男女の性格や相性などをみていきましょう。

 

それぞれの血液型の男女の性格

●A型の男性

現実主義者が多く、几帳面で真面目、うそをついたりズルをすることを嫌います。

プライドが高く、繊細でデリケートな人が多いようです。

 

 
●A型の女性

人にどう思われているのか気になり、人の意見を気にします。

几帳面で真面目なのでルールや規則は守り、何事にも慎重な人が多いようです。

 

 
●B型の男性

独創的で、明るい性格をしており人を惹きつける魅力があります。

ルールや規則を守らず、自分独自の判断で動く人が多いようです。

 

 
●B型の女性

気持ちがコロコロ変わり、自己主張が強く、好き嫌いがはっきりしています。

自分のペースを乱されることを嫌い、集中すると周りが見えなくなる人が多いようです。

 

 
●O型の男性

人と接するのが好きで、何事も相手に会わせることが上手です。

自分に自信を持ち、細かいことは気にしない人が多いようです。

 

 
●O型の女性

面倒見がよく誰に対しても親切で、滅多に怒りませんが怒らせたら怖いです。

細かいことは気にせず、おおらかで家庭的な人が多いようです。

 

 
●AB型の男性

二面性を持ち、少しひねくれていてなかなか素直になれません。

頭の回転が速いのですが面倒くさがりで、何事にも妥協する人が多いようです。

 

 
●AB型の女性

純粋な心を持っていて嘘をつくのが苦手で、平和主義者です。

自由奔放で縛られることが嫌いな人が多いようです。

 

相性が良い血液型と、悪い血液型

●男女の恋愛関係で相性が良いのは

1位 O型の男性とA型の女性

2位 A型の男性とA型の女性

3位 O型の男性とB型の女性

 

 
●男女の恋愛関係で相性が悪いのは

1位 A型の男性とB型の女性

2位 B型の男性とA型の女性

3位 O型の男性とAB型の女性

 

 
●同性の友達関係で相性が良いのは

1位 B型とAB型

2位 O型とA型

3位 A型とA型

 

 
●同性の友達関係で相性が悪いのは

1位 A型とB型

2位 A型とAB型

3位 O型とAB型


 

血液型占いは日本が発祥だったのですね。

血液型で人の性格を決めつけ、相手を不快な気持ちにさせたり、不安にさせたりすることを「ブラッドタイプ・ハラスメント」といい、問題になっています。

自分では、血液型と性格は関係ないと思っていても、周囲から「あなたは◯型だから○○なのよ」と決めつけられると、あまりいい気分ではありませんよね。

相性についても、血液型だけで決められるものではありません。

血液型占いは、話のネタ程度に捉えておくといいかもしれませんね。

 

関連:干支の性格と特徴とは?相性の良い干支、悪い干支は?

関連:「五黄の寅」の意味や由来とは?生まれた年はいつ?女性の性格は?

関連:丙午(ひのえうま)の意味とは?丙午生まれの女性の迷信と出生率減少の理由

 



-未分類