日本語

【ハラスメント86選】日本の「〇〇ハラ」「〇〇ハラスメント」の種類と意味一覧

「〇〇ハラ」「〇〇ハラスメント」という言葉をよく見聞きしますよね。

「セクハラ」「パワハラ」は意味や使い方を多くの人がご存知だと思いますが、「インハラ」や「シカハラ」はどういうものかわかりますか?

最近は数がとても多くなっていて、そのすべてを把握することは難しくなるくらいですよね!

今回は日本の「〇〇ハラスメント」の種類と意味を一覧にまとめてみました!

 


Contents/目次

「ハラスメント」とは?

英語で「Harassment」と書きます。

日本語で「嫌がらせ」という意味です。

 

「ハラスメント」の定義は、性別や年齢、職業、宗教、社会的出自、人種、民族、国籍、身体的特徴、セクシュアリティの属性などによって、相手に不快感や不利益を与え、その尊厳を傷つけることです。

簡単にいうと、「人権侵害」のことであり、いろいろな場面での嫌がらせやいじめのことをいいます。

 

ハラスメント一覧

【ア行】

【カ行】

【サ行】

【タ行】

【ナ行】

【ハ行】

【マ行】

【ラ行】

【ワ行】

 

【ア行】

アカハラ

正式名称:アカデミックハラスメント

 

意味:

大学や学術機関などで上の立場の人が、下の立場の人に対して、権力を乱用したり、不適切な言動を行ったりして、「教育研究上の不利益」や「教育研究の職務遂行を妨げる」などの精神的、身体的損害を生じさせることです。

 

例:

指導教授の授業の手伝いを学生が断った場合に「単位をあげないぞ」と脅し、成績を不当に評価したり、研究チームからはずしたりすること

 

アルハラ

正式名称:アルコールハラスメント

 

意味:

飲酒にまつわる人権侵害で、場合によっては命を奪うこともあります。

アルハラには「飲酒の強要」「イッキ飲みをさせる」「意図的な酔いつぶし」「飲めない人への配慮を欠くこと」「酔ったうえでの迷惑行為」という5つの定義があります。

 

 

例:

●立場が上の人が下の人に対して飲酒を強要する。

●飲めない人を侮辱する

●酔って悪ふざけをしたりからんだりする

 

イクハラ

正式名称:育児ハラスメント

 

意味:

妊娠中、または出産後に仕事を続ける女性に対し、上司や同僚が、不当な扱いや嫌がらせをすることをいいます。

 

例:

●妊娠を報告したら退職を促す

●正社員からパートになるよう促す

●悪阻(つわり)などで出勤が難しくなった時に退職を促す

 

インハラ

正式名称:インフルエンザハラスメント

 

意味:

インフルエンザへの知識が不足してしまっている上司が、間違った指示を出すことをいいます。

 

例:

●インフルエンザにかかった部下から休みの報告を受けても信じずに出社を命じること

●「マスクを2枚重ねにすれば大丈夫」などと常識外れな出社指示をすること

●自己管理が甘いと叱る

●有給を使わせず欠勤扱いにすること など

 

エアハラ

正式名称:エアーハラスメント

 

意味:

「エアハラ」とは「空気を読まない・空気を壊す」ことです。

意図的に場の雰囲気が悪くなるような発言、行動をとり、その場にいる人に精神的苦痛を与えることです。

 

例:

●旅行計画を人任せにしていたのに当日になって文句ばかりいう

●まだ映画を観ていない人の前でネタバレをする

 

エアハラ

正式名称:エアーハラスメント(エアコンハラスメントともいう)

 

意味:

エアコンの使用や設定温度などで嫌がらせをすることです。

 

例:

真夏の暑い日にエアコンの設定温度を20℃にしている室内で「寒いから温度を上げてください」と部下が言っても、暑がりの上司が無視をする。

 

エイハラ

正式名称:エイジハラスメント

 

意味:

年齢や世代の違いによる差別や嫌がらせです。

 

例:

●若いことを理由に雑用や掃除などを命じる

●若いから・年寄りだからという理由でバカする

●「これだからゆとり世代(他の世代でも当てはまる)は」とひとくくりにする

 

エモハラ

正式名称:エモーショナルハラスメント

 

意味:

感情的・非論理的な嫌がらせをすること、感情に任せて相手を追い詰めることです。

 

「エモハラ」は「ロジハラ」の対義語です。

そのため「逆ロジハラ」ともいわれています。

 

例:

●「嫌なものは嫌なんです!」や「なんで私ばかり!」と泣き出したり怒り出したりして相手を困らせる

●ミスをして注意を受けたときに泣き出して相手を困らせる

 

エレハラ

正式名称:エレクトロニックハラスメント

 

意味:

電磁波やレーザー、超音波などの媒体を意図的に人体に照射することで、人に痛みや不快感その他の疾患を引き起こしたり、身体に悪影響を与えることです。

 

例:

●レーダー技術を用いて壁の向こう側の人の動きを監視する

●人が感知できない低い周波数の音波を出して人体に影響を与える

●電磁波を媒体とする装置で脳に音声や映像情報を流したり、思考を盗聴する

 

エンハラ

正式名称:エンジョイハラスメント

 

意味:

仕事の楽しさを押し付ける・強要することです。

 

例:

「事は楽しむもの」「仕事は楽しまなければならない」という自分の価値観を他人に押し付ける

 

オカハラ

正式名称:お菓子ハラスメント

 

意味:

お菓子にまつわる嫌がらせです。

 

例:

●仲間にお菓子を配っている時に特定の人にだけ配らない

●お菓子を食べることを強要する

●ダイエット中とわかっているのにお菓子をあげたりする

 

オトハラ

正式名称:音ハラスメント

 

意味:

音に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●イヤホンからの音漏れ

●ドアや扉を大きな音を立てて開け閉めする

●PCのキーボードを強く叩く

●大きすぎる話声や独り言

 

オワハラ

正式名称:終われハラスメントまたは就活終われハラスメント

 

意味:

自分の会社に来てほしいため、面接者に対し、甘い言葉をかけたりプレッシャーをかけたりして、自分のところに決めるように企業が誘導するいやがらせのことです。

 

例:

●内定辞退を受け入れない

●内定辞退しないよう約束を強要すること

 

オンハラ

正式名称:オンラインハラスメント

 

意味:

SNSなどインターネットを利用したストーキング、いじめ、名誉毀損、ヘイトスピーチ、搾取、虐待やそのほかのあらゆる迷惑行為のことです。

 

例:

●SNSにUPした写真を見て容姿を馬鹿にする

●部屋の様子を見て「カーテンがかわいいね」とか「観葉植物が多すぎるよ」など評価する

●インターネットを通じて他人を侮辱したり罵ったりすること

 


【カ行】

カジハラ

正式名称:家事ハラスメント

 

意味:

本来の意味は、家事育児介護といった、人間の生活に不可欠な労働が不当に過小評価され、その責任や負担が「ないもの」のように扱われること。

また、それが当たり前のように女性に押し付けられることをいいます。

しかしいつの間にか、夫が家事を手伝ったときに、妻にダメ出しをされることを「カジハラ」と呼ぶことが多くなりました。これは、本来の意味とは異なります。

ただ、どちらの意味でも「カジハラ」として受け入れられているようです。

 

例:

●共働き世帯にもかかわらず、家事育児介護を妻に任せっきりにしたり、妻がそれらをやることが当たり前と考えること

●夫が食器洗いをした後に妻が「すすぎ方が足りない、食器の並べ方がダメ」などダメ出しをすること

 

カスハラ

正式名称:カスタマーハラスメント

 

意味:

カスタマー(顧客・取引先)から受ける嫌がらせや、過度なクレームのことです。

 

例:

●顧客という立場が上だと考えて、要望が受け入れられない時に怒鳴ったり脅迫したりする

●大事な取引先だからと無理難題を押し付ける

 

カフェハラ

正式名称:カフェインハラスメント

 

意味:

コーヒーやお茶などカフェインが苦手・控えている人に対して、コーヒーやお茶を勧めることです。

 

例:

●打ち合わせの席で相手の好みも聞かずにコーヒーを出して飲むように勧める

●コーヒーが飲めて当たり前と考えてコーヒーしか準備しない

 

カラハラ

正式名称:カラオケハラスメント

 

意味:

カラオケで「歌いたくない」と言っている人に対し無理やり歌わせる嫌がらせのことです。

 

例:

●職場の飲み会でカラオケを嫌がる部下に、断れないとわかっていながら上司が無理やり歌わせる

●歌うことを断った時に「ノリが悪いな!」と言う

 

逆パワハラ

正式名称:逆パワーハラスメント

 

意味:

上司に対するパワハラ(パワーハラスメント)のことです。

パワハラとは上司が部下にするものという考え方が定着していますが、部下が上司にパワハラをすることもあります。

 

例:

●パワハラと同じように部下が上司に暴言や暴力を働く

●自分よりも年齢が下の上司を軽視する

●なにもされていないのに「上司からパワハラ・セクハラ・アルハラなどを受けている」と周囲に嘘を吹聴する

 

逆マタハラ

正式名称:逆マタニティハラスメント

 

意味:

産休・育休で休んだ社員の仕事のしわ寄せで他の社員の負担が大きくなったり、無神経な態度によって他の社員の気分を害すること。

 

例:

●妊娠中で身体が辛いのに「私に任せてください!」と言い張り、結局途中でできなくなって周囲に迷惑をかけてしまう

●子どもが急に熱を出して早退する際、周囲に一言も謝罪や感謝の言葉がない

●出産予定日を聞いたり、いつから産休を取るのか聞いたら「マタハラですよ!」と言う

 

給食ハラ

正式名称:給食ハラスメント

 

意味:

給食の完食を強要することです。

 

例:

●給食時間内に完食できなかった子を、完食するまで居残りさせる

●好き嫌いのある子に無理やり食べさせる

●小食の子にほかの子と同じ量を食べさせる

 

キャンハラ

正式名称:キャンパスハラスメント

 

意味:

キャンパスとは、大学や専門学校などの構内のことや、大学や専門学校そのもののことをいいます。

教育、研究、業務の中で、修学・就労に関する力関係を利用して、相手の意に反する言動を行い、相手に不利益や不快感を与えることです。

「教授と学生」「院生と学生」のように、キャンパス内での力関係を利用するアカデミックハラスメント(アカハラ)、セクシャルハラスメント(セクハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)などを総称して「キャンハラ」といいます。

 

例:

アカデミックハラスメント(アカハラ)、セクシャルハラスメント(セクハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)の項目をご覧ください。

 

グルハラ

正式名称:グルメハラスメント

 

意味:

食事に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●肉の焼き加減や味付けなど、自分の好みを他の人にも強要する

●食事に関する蘊蓄(うんちく)を長々と語る

●人が食べているものに対し「そこのお弁当は美味しくないよね」「よくそんなものを食べられるね」などと批判する

 

ケアハラ

正式名称:ケアハラスメント

 

意味:

働きながら介護を行う人に対して行われる嫌がらせや、不利益を与える行為のことです。

また、介護職の人が介護サービスの利用者やその家族から暴力や嫌がらせを受ける場合もケアハラスメントといいます。

逆に介護サービスの利用者が介護職から暴力や嫌がらせを受ける場合は「シルハラ」をご参照ください。

 

例:

●親の介護のため仕事を調整している人に対し「介護を理由にすれば早退できるのね」と言う

●介護休暇や時短を申し出た社員に対し、配置換えを行ったり退職を促したりする

●介護サービスの利用者が、思うように動かない体にストレスを感じ、介護職に対して暴力を振るう

 

告ハラ

正式名称:告白ハラスメント

 

意味:

告白によって、精神的苦痛を与えることです。

 

例:

●告白を断ったらその後の仕事がやりづらくなることには配慮せず「好きだから!」という理由だけで告白をすること

●すでにパートナーがいることがわかっているのに告白をすること

 

子なしハラ

正式名称:子なしハラスメント

 

意味:

子どもがいない人に対して不快な言動・行動をすることです。

 

例:

●いつごろ子どもを産むつもりなのか聞く

●なぜ子どもをつくらないのか聞く

●子どもをつくることを執拗に勧める

●子どもがいない人を馬鹿にしたり蔑んだりする

 

コミュハラ

正式名称:コミュニケーションハラスメント

 

意味:

コミュニケーションが苦手な人に、無理やり会話を強制したり、個人の性格を決めつけて指摘したりすることです。

 

例:

●「なにかしゃべってください」と会話を強制する

●「大人しいね」「静かすぎるね」など、嫌味っぽく個人の性格を否定する

 

ゴルハラ

正式名称:ゴルフハラスメント

 

意味:

ゴルフに興味が無い人、ゴルフに行きたくない人を無理やり誘うことです

 

例:

●上司が部下にゴルフをすることを強要する

●ゴルフに行きたくない人をしつこく何度も誘う

●ゴルフに興味が無い人を馬鹿にする

 

コロハラ

正式名称:コロナハラスメント

 

意味:

新型コロナウイルスに関する嫌がらせです。

 

例:

●医療従事者やその関係者(子どもや配偶者など)を避ける

●医療従事者の関係者に、学校や職場に来ないよう促す

●感染後に仕事復帰をする人に陰性証明を強要する

●感染者が多い地域のナンバーの車に嫌がらせのビラを貼る

 


【サ行】

サウハラ

正式名称:サウンドハラスメント

 

意味:

オトハラと同じです。

 

シカハラ

正式名称:資格ハラスメント

 

意味:

会社が労働者に資格の取得を強要したり、資格が取得できない場合には昇進昇給をしなかったり、減給、降格、退職勧奨することです。

また、資格を持っていない人、資格試験に不合格になった人を侮辱することです。

 

例:

●受験費用は本人負担、資格の勉強も勤務時間外なのに資格取得を強要する

●「簡単な資格試験なのに不合格だったの?」と言う

●「これくらいの資格、持っていて当然だよ」と言う

 

ジタハラ

正式名称:時短ハラスメント

 

意味:

具体的な対策がないままに、部下に残業時間の削減や定時退社を強いることや、残業禁止にしたのに以前と変わらない業務量を与え、厳しいノルマや納期を課すことです。

 

例:

●勤務時間内に終わらないような業務を強要し、サービス残業や持ち帰り残業をさせる

●時短に合わせて経営陣や上司が業務内容・業務の進め方の調整をしない

 

新型パワハラ

正式名称:新型パワーハラスメント

 

意味:

仕事へのやる気を見せている部下や後輩に対して、「無理しなくていい」「明日でいいから帰りなさい」と、そのやる気に応えようとしない上司・先輩の言動のことです。

 

例:

●「残業して今日中に終わらせます!」とやる気を見せる部下に「残業禁止だから早く帰りなさい」と言う

●自分の企画が通って「頑張ります!」と張り切っている部下に「無理をしないように」という

 

ジェネハラ

正式名称:ジェネレーションハラスメント

 

意味:

エイジハラスメント(エイハラ)と同じです。

 

ジェンハラ

正式名称:ジェンダーハラスメント

 

意味:

性に関する固定観念や差別意識に基づく嫌がらせのことです。

 

例:

●男性社員にだけ力仕事をさせたり、女性社員にだけお茶くみをさせる

●「男のくせに情けない」「もっと女らしくしろ」などという

 

ショクハラ

正式名称:食事ハラスメント

 

意味:

食事に関するパワーハラスメントです。

 

例:

●お腹がいっぱいの後輩や部下に対して、先輩・上司のおごりだから残さず食べるよう強要する

●後輩や部下が断れないのをわかって、食事に誘う

 

シルハラ

正式名称:シルバーハラスメント

 

意味:

家族や介護職が、介護を必要とする高齢者、主に60歳以上のシルバー世代に対して行う肉体的・精神的嫌がらせのことです。

逆に介護職の人が介護サービスの利用者やその家族から暴力や嫌がらせを受ける場合は「ケアハラ(ケアハラスメント)」をご参照ください。

 

例:

●食事をこぼしてしまった高齢者に「汚さないで!」と怒鳴る

●自分で思うように体を動かせない高齢者をつねったり殴ったりする

 

シンハラ

正式名称:シングルハラスメント

 

意味:

独身でいることを理由に相手に精神的な苦痛を与えることです。

 

例:

●結婚を執拗に勧める

●結婚していないことを馬鹿にしたり蔑(さげす)む

●「独身だと自由で良いね」「独身だと暇でしょう?」などと言う

 

スイハラ

正式名称:スイーツハラスメント

 

意味:

お菓子ハラスメント(オカハラ)と同じです。

 

スクハラ

正式名称:スクールハラスメント

 

意味:

スクールハラスメントは学校内での主に教師から児童生徒に対するいじめや嫌がらせなどです。

 

例:

●忘れ物をした生徒を授業時間中ずっと立たせておく

●自分の気に入らない生徒を無視したり、評価を低くする

 

スクハラ

正式名称:スクールセクシャルハラスメント

 

意味:

主に教師から児童生徒に対する学校内での性的嫌がらせです。

 

例:

●授業中や部活動中などに、不必要に児童生徒の体に触れる

●着替え中の児童生徒がいるのに、異性の教師が更衣室に無断で入っていく

●本人に黙って写真を撮る

 

ストハラ

正式名称:ストリートハラスメント

 

意味:

ストリートとは、街角や公道、街頭などのことで、「ストリートハラスメント」の場合はそこに電車やバスなどの車内も含まれます。

路上や車内での肉体的、性的嫌がらせです。

 

例:

●道を歩いている人にしつこく声をかけてナンパしようとする

●電車内で体を密着させようとする

●路上で突然怒鳴る、罵声を浴びせる、殴る

 

スポハラ

正式名称:スポーツハラスメント

 

意味:

運動部やスポーツクラブ等で行われる嫌がらせです。

 

例:

●失敗したときに怒鳴ったり、罵声を浴びせる

●故意に顔を狙ってボールを投げる

●指導と称して不必要に体に触れる

 

スメハラ

正式名称:スメルハラスメント

 

意味:

「スメル」とは匂いのことです。

体臭や口臭、柔軟剤、香水、タバコなどの匂いによって周囲の人に不快感を与えることです。

 

例:

●料理の匂いがわからなくなるほど香水を身に着けて料理店に行く

●何日も体を洗わず、衣類を着替えず、不衛生な匂いがする状態で出勤する

 

スモハラ

正式名称:スモークハラスメント

 

意味:

主に職場において、タバコを吸わない人が受動喫煙により肉体的、精神的な苦痛を被ることです。

 

例:

●周囲の人に断りもなく喫煙を始める

●部下が上司に断れないのをわかっていてわざと「タバコを吸っても良いか?」と尋ねる

●歩きタバコをしたり、路上の人のいるところで喫煙をする

※喫煙が禁止されていない場所での喫煙はマナー違反ではありませんが、タバコを吸わない人に受動喫煙をさせて苦痛を与えるということでスモハラになるようです。

 

セカハラ

正式名称:セカンドハラスメント

 

意味:

なんらかのハラスメントを受けた人が、その後に周囲からバッシングを受けるなどの二次被害を受けることです。

 

例:

●なんらかのハラスメントを受けた側にも落ち度があったと言う

●ハラスメント被害を相談した際に「考えすぎだ」「気にしすぎなのではないか」と言う

●「その程度のことはよくあることだ」「気にしないほうがいい」「みんな同じだ」と言って相談にも乗ってもらえない

 

セクハラ

正式名称:セクシャルハラスメント

 

意味:

主に職場で、相手の意思に反して不快や不安な状態に追い込む性的な嫌がらせのことです。

 

例:

●「まだ結婚しないのか?」「週末はデートの予定でもあるのか?」などと聞く

●上司が部下に交際を迫り、部下が断ったら企画チームから外す

●女性社員が近くにいるのに男性社員同士で性的な会話をしたり、女性社員に性的なからかいをする

 

ゼクハラ

正式名称:ゼクシャルハラスメント

 

意味:

「ゼクシャル」とは、結婚雑誌「ゼクシィ」が由来となっています。

交際相手に対して結婚へのプレッシャーをかけていくことです。

 

例:

●結婚雑誌を部屋に置いて、結婚したいアピールをする

●無理やり家族に会わせる

●子どものことや家のことなど、将来について問い詰める

 

ソーハラ

正式名称:ソーシャルハラスメントまたはソーシャルメディアハラスメント

意味:

Twitter、Facebook、LINEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じての嫌がらせのことです。

 

例:

●SNSでの友達登録やフォローを強要する

●自分の投稿へのコメントや「イイネ!」を強要する

●投稿を逐一チェックしてすべての投稿にリアクションをする

 

ソジハラ

正式名称:ソジハラスメント

 

意味:

SOGI(ソジ)とは、性的指向(好きになる性・Sexual Orientation)と性自認(こころの性・Gender Identity)の観点からみた一人一人の持つ属性のことです。

性的指向は具体的には異性愛・同性愛・両性愛(バイセクシュアル)のことです。

性自認は、自分の性をどのように認識しているかということです。

例えば、身体は男性でも、自分を女性として認識するしているということです。

ソジハラスメントとは、SOGIを理由にした差別や嫌がらせのことです。

 

例:

●許可なく誰かのSOGIを公表する

●望まない性別での生活を強要する

 


【タ行】

タクハラ

正式名称:タクシーハラスメント

 

意味:

タクシードライバーと乗客間で発生する嫌がらせやハラスメントの総称です。

パワーハラスメント(パワハラ)や、セクシャルハラスメント(セクハラ)、モラルハラスメント(モラハラ)などさまざまなハラスメントが含まれています。

 

例:

●携帯電話番号やSNSアカウントなど、連絡先を言わないとタクシーから降ろさない

●ドライバーが気に入らない乗客を目的地の前で降ろす

●異性の乗客を食事やデートに誘う

 

チェリハラ

正式名称:チェリーハラスメント

 

意味:

チェリーボーイ(童貞・女性経験がない男性のこと)に対する嫌がらせです。

 

例:

●「その年で童貞なのはどこかおかしいのでは?」と馬鹿にする

●童貞を卒業させようとして、風俗に行くことを勧める

 

テプハラ

正式名称:テープハラスメント

 

意味:

録音や録画のためにテープを回していないか、証拠を残されていないかを何かと確認する嫌がらせのことです。

 

例:

●会議や打ち合わせのたびに、テープを回していないかしつこく尋ねる

●スマホの電源を切るよう強要する

●会議室に録音・録画機器が隠されていないか執拗に確認する

 

テクハラ

正式名称:テクスチュアルハラスメント

 

意味:

テクスチュアルとは、文章や原文のことです。

テクハラは文章上の性的嫌がらせのことで、作家の作品だけではなく、会社の企画書や個人のブログやSNSなどさまざまな文書が対象です。

 

例:

●「誰もが納得するような企画書は男性にしか書けないだろう」と言う

●「女性作家が書いたような女々しい作品だな」と男性作家を馬鹿にしたり蔑む

●「人気少女漫画家は実は男性だった!」などと報道する

 

テクハラ

正式名称:テクノロジーハラスメント

 

意味:

ITの知識が乏しく、PCやスマートフォンなどのIT機器を苦手とする人へのいじめや嫌がらせのことです。

 

例:

●PC操作がわからない人を「こんなこともわからないのか」と馬鹿にしたり蔑む

●IT機器を苦手とする人に対してわざと専門用語を多用して困らせる

 

ドクハラ

正式名称:ドクターハラスメント

 

意味:

診療・診察の場で行われる、医師から患者への嫌がらせのことです。

 

例:

●「あなたの生活態度が悪いから、病気になったんですよ」と、患者を追い詰めるような発言をする

●「この治療ができないなら、他の病院に行ってください」と、自分の治療方針に従わせようとする

●患者の話を聞かない

 

【ナ行】

ノイハラ

正式名称:ノイズハラスメント

 

意味:

オトハラと同じです。

 

ヌーハラ

正式名称:ヌードルハラスメント

 

意味:

麺をすする音で苦痛を与えることです。

 

例:

・蕎麦を食べる時にズルズルと音を立ててすする

 

【ハ行】

パーハラ

正式名称:パーソナルハラスメント

 

意味:

その人の外見や癖、生活スタイルなど、個人の特性・特徴に対して行われる嫌がらせのことです。

 

例:

●身体的特徴(身長が低い、太っている、痩せている、髪の毛が薄いなど)を指摘したり馬鹿にしたりする

●出身地や出身校についてからかう

 

パタハラ

正式名称:パタニティハラスメント

 

意味:

「パタニティ(paternity)」は日本語に訳すと「父性」です。

男性社員が育休を取得するときの、職場からの嫌がらせのことです。

 

例:

●「男が育休をとるなんて」「育休は女性が取るものだ」「男性社員が育休取得なんて聞いたことがない」などと言う

●男性社員の育休申請を受け付けない

●育休申請・取得をしたら退職を促したり、配置換えを行う

 

ハラハラ

正式名称:ハラスメントハラスメント

 

意味:

自身が「嫌だ、不快だ」と思った他者の行為や言動について、「ハラスメントだ」と過剰に主張する嫌がらせのことです。

 

例:

●自分がミスをして注意を受けたのに「パワハラだ」と騒ぐ

●わざとではなく、偶然ぶつかっただけなのに「セクハラだ」と騒ぐ

 

パワハラ

正式名称:パワーハラスメント

 

意味:

主に職場において、立場が上の人が下の人に対して行う嫌がらせのことです。

近年、職場での「ハラスメント」が急増し、人事管理上、深刻な問題となっています。

そのため、「パワーハラスメント防止法」が令和2年(2020年)6月1日に施行されました。

正式名称は「労働施策総合推進法」で、パワハラの基準を法律によって定めることで、企業側に相談窓口の設置や再発防止策などを求めています。

違反による罰則は設けられていませんが、適切な対処が行われていなかった場合には、企業名が公表されるようです。

 

例:

●ミスをした部下に対して「使えない」「給料泥棒」「やめてしまえ」などと言う

●殴ったり蹴ったり、わざとぶつかったりする

●無視をしたり、その人がそこにいないかのように振舞う

 

パンプスハラスメント(略なし)

正式名称:パンプスハラスメント

 

意味:

女性にのみ、職場でハイヒールやパンプスを強制することです。

 

例:

●「ハイヒールやパンプスは女性の身だしなみ」「女性はパンプスを履くべきだ」など言う

●職場で、ハイヒールやパンプス以外の履物を認めない

 

フタハラ

正式名称:2人目ハラスメント

 

意味:

1人目を出産後、2人目について聞いたり催促したりすることです。

 

例:

●「2人目はまだ作らないの?」と聞く

●「一人っ子はかわいそうだから、早く2人目を作りなさい」と言う

 

フォトハラ

正式名称:フォトハラスメント

 

意味:

無断撮影・写真の無断公開などで苦痛を与えることです。

 

例:

●「仲良しの友人だから大丈夫だろう」と無許可で写真を撮る

●数人で撮った写真の中で、自分だけが良く映っているものをほかの人に許可なくSNSにアップする

 

ブラハラ

正式名称:ブラッドタイプハラスメント

 

意味:

血液型を理由にした嫌がらせのことです。

 

例:

●「A型の人は細かいよね!」と決めつける

●「B型同士は相性が悪いから仲良くできない」と血液型で好き嫌いを判断する

●「あの人ってO型っぽいよね」と勝手に想像して話題にする

 

プレハラ

正式名称:プレゼントハラスメント

 

意味:

ありがた迷惑なプレゼントを相手の気持ちや趣味趣向を考えずに渡すことです。

 

例:

●自分に対して好意を抱いてほしくて何度もプレゼントを渡す

●お酒が飲めない人にお酒をプレゼントする

●相手の好みも考えず、自分が好きなキャラクターグッズを渡す

 

プレマタハラ

正式名称:プレ・マタニティハラスメント

 

意味:

妊活中または不妊治療中の人に対する嫌がらせのことです。

 

例:

●「妊活・不妊治療をしているのにまだ妊娠しないの?」と言う

●妊活・不妊治療をしている人に退職を促したり配置転換をしたりする

●妊活・不妊治療のため遅刻や早退をする人を責める

 

ペイハラ

正式名称:ペイシェントハラスメント

 

意味:

「ペイシェント(patient)」は日本語に訳すと「患者」です。

患者が、医師や看護師など医療従事者に対して行う嫌がらせのことです。

 

例:

●診療内容や説明に納得できるまで、診療室や病院内に居座る

●待ち時間が長い、薬が多い・少ない、予約が取りづらいなどを理由に大声を出したり怒鳴りつけたりする

●医師の診断よりも、インターネット上の情報や、友人知人の情報を信じる

 

ベビハラ

正式名称:ベイビーハラスメント

 

意味:

公共の場に赤ちゃんを連れて行き、泣いてもあやさないなど周囲への配慮を怠ることで、精神的・肉体的苦痛を他者に与えることです。

 

例:

●公共の場で赤ちゃんが泣き出しても、親がスマートフォンをいじっていたり、おしゃべりに夢中になるなどして赤ちゃんをあやさずそのまま泣かせておく

●映画やコンサートなどに赤ちゃんを連れて行き、赤ちゃんが泣いたりぐずったりする

 

ペットハラ

正式名称:ペットハラスメント

 

意味:

ペットに関する嫌がらせのことです。

 

例:

●長すぎるリードや、リードなしで散歩をさせる

●他人に、ペットを抱っこさせようとしたり撫でさせるなど、触るよう強要する

●散歩でペットの汚物を片付けない

 

ホビハラ

正式名称:ホビーハラスメント

 

意味:

特定の趣味嗜好をもっているだけで、何も悪いことしてないのに不当な扱いをしたり嫌がらせをすることです。

 

例:

●自分の趣味嗜好とは異なる人を「気持ち悪い」と馬鹿にする

●特定の趣味嗜好を持っている人を仲間外れにする

 



 

【マ行】

孫ハラ

正式名称:孫ハラスメント

 

意味:

孫に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●自分の子どもに対し「孫はまだかしら?」「早く孫の顔が見たいわ」と言う

●孫がいない人に「うちの初孫!」とか「孫がかわいいの」と自分の孫をしつこくアピールする

 

マタハラ

正式名称:マタニティハラスメント

 

意味:

妊娠、出産、子育てなどをきっかけとして嫌がらせや不利益な扱いを受けることです。

 

例:

●妊娠、出産、子育てを理由に退職を促したり、配置転換をする

●産休や育休を取ったり、育児のために時短勤務をする人に「休めていいわね」とか「早く帰れて羨ましいわ」などの嫌味を言う

●子どもが熱を出して遅刻や早退をする人に「毎回毎回迷惑だわ」と言う

 

マネハラ

正式名称:マネーハラスメント

 

意味:

お金に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●部下や後輩など断れない立場の人に「お金を貸してほしい」と言う

●共働き夫婦で同じくらいの勤務時間なのに「稼いでいないほうが家事をするべきだ」と言う

 

マリハラ

正式名称:マリッジハラスメント

 

意味:

「マリッジ(marriage)」は日本語に訳すと「結婚」です。

結婚に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●独身者に「結婚しないの?」「良い人紹介しようか?」などしつこく言う

●「結婚しないと一人前じゃない」と言う

●女性はいずれ結婚して退職すると決めつけて、重要な仕事を与えない

 

メシハラ

正式名称:飯ハラスメント

 

意味:

食事ハラスメント(ショクハラ)と同じです。

 

メンハラ

正式名称:メンションハラスメント

 

意味:

「メンション」とは、特定の人にメッセージを送ることができる、SNSの機能です。

業務コミュニケーションツールのメンション機能を使った通知にまつわる嫌がらせのことです。

 

例:

●休日や深夜など、業務時間外に仕事関連のメッセージを送る

●仕事に関係ない内容や、些細な要件のメッセージを頻繁に送る

 

モラハラ

正式名称:モラルハラスメント

 

意味:

倫理や道徳に反する、精神的な嫌がらせのことです。

 

例:

●挨拶をされたり、話しかけられても無視をする

●仕事や生活に必要なことでも伝えなかったり、情報を与えない

●小さなミスをしつこく指摘したり、嫌味を言い続ける

 

※「モラハラ」と「パワハラ」はとてもよく似ていますが、以下のような違いがあります。

●「パワハラ」は精神的・肉体的嫌がらせで、主に職場において、立場が上の人が下の人に対して行われる。

●「モラハラ」は精神的嫌がらせだけをいい、職場に限らず家庭、学校、サークルなどどこでも起こり、立場の上下は関係なく同僚や友人、夫婦間でも行われます。

 


【ラ行】

ラブハラ

正式名称:ラブハラスメント

 

意味:

恋愛に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●恋愛をしていない人に「恋人つくらないの?」「誰とも付き合ったことがないなんて!」などと言う

●誰とも交際する気が無い人に「良い人紹介するよ!」と勝手に相手を紹介しようとする

●恋愛話をしている人に「もっとかわいい格好をすれば彼氏が喜ぶよ」とか「恋愛が長続きするにはね~」とか、求められていないのに勝手にアドバイスをする。

 

リスハラ

正式名称:リストラハラスメント

 

意味:

リストラの対象者に嫌がらせを行ない、自主退職を促すことです。

 

例:

●本人が望まない部署へ異動を命じ、経験も活かせず慣れない仕事をさせる

●こなせない量の業務を押し付ける

 

レイハラ

正式名称:レイシャルハラスメント

 

意味:

「レイシャル(racial)」とは、日本語に訳すと「人種」や「民族の」です。

人種にまつわる嫌がらせのことです。

 

例:

●外国人というだけで怖がったり、侮辱したりする

●相手の国や文化を馬鹿にしたり、侮辱したりするなど、傷つける発言をする

●日本で生まれ育った外国人に対し「外国人なのに日本語しか話せないの?」と言う

 

レリハラ

正式名称:レリジャスハラスメント

 

意味:

「レリジャス(religious)」とは、「宗教的な」という意味です。

レリハラは宗教に関する嫌がらせのことです。

 

例:

●特定の宗教を信仰していない人を馬鹿にしたり蔑んだりする

●宗教団体に加入するようしつこく勧誘する

●信仰している宗教が違うことに対し、相手の宗教を蔑んだり下に見たりする

 

ロケハラ

正式名称:ロケーションハラスメント

 

意味:

携帯電話やスマートフォンなどの位置情報サービスを悪用し、特定の利用者の居場所を監視したり、プライバシーを侵害したりすることです。

 

例:

●会社が社員の居場所を監視する目的で位置情報サービスを利用する

●恋人の行動を監視する目的で位置情報サービスを利用する

 

ロジハラ

正式名称:ロジカルハラスメント

 

意味:

「ロジカル(Logical)」とは、日本語で「論理的な」という意味です。

正論を振りかざし、論理的に相手を追い詰める嫌がらせのことです。

 

例:

●経験が浅くてミスをした人に対し「なぜ指示通りにできないのか」「なぜ確認しなかったのか」と、正論で攻め続ける

●相手の意見を正論で徹底的に否定し、自分の意見を通そうとする

 

【ワ行】

ワクハラ

正式名称:ワクチンハラスメント

 

意味:

新型コロナウイルスのワクチン接種を強要することです。

 

例:

●ワクチン接種をしない理由をしつこく尋ねる

●ワクチン接種をしない人に退職を促す

●ワクチン接種をしない人の出勤を認めない


世の中にはたくさんの「〇〇ハラスメント」があることがわかりましたね。

中には「そこまで気にしていたら誰とも会話もできないよ」と思ったりするものもありますが、「アルハラ」のように命に関わるものや「パワハラ」や「セクハラ」のように昔からずっと問題視されているものもあります。

どのハラスメントも、相手のことを思いやることで減らしていけるといいですね。

 

関連:【社会人の常識】似ている言葉の意味の違い一覧!

関連:【日本語の言い間違い100選!】間違えやすい言葉・慣用句・言い回し一覧

 



-日本語