3月 食文化

メンチカツのメンチの意味とは?3月7日メンチカツの日

みなさん、「メンチカツ」は好きですか?

自宅で作るのはちょっと面倒ですが、揚げたてアツアツのメンチカツはとっても美味しいですよね!

そんなメンチカツですが、「メンチ」の意味をご存知ですか?

コロッケとよく似ていますが、違いはなんでしょうか?

今回はメンチカツについていろいろ調べてみました!

 


メンチカツの由来とは?

メンチカツは、豚肉または牛肉の挽肉、玉ねぎのみじん切り、塩コショウなどを混ぜて練り合わせたものを丸め、小判型にし、小麦粉、溶き卵、パン粉で衣をつけて油で揚げたものです。

メンチカツの起源は、明治30年ごろに東京都浅草にある洋食店「煉瓦亭(れんがてい)」「ミンスミートカツレツ」という説が一般的です。

 

また、昭和初期に兵庫県神戸市の「純神戸肉三ツ輪屋精肉店(現在の三ツ輪屋総本店)」が東京の洋食店の「メンチボール」を参考に考案したという説もあります。

「メンチボール」とは、いわゆる肉団子のことで、ミンチボールやミートボールともいいます。

 

メンチカツのメンチの意味とは?

メンチカツの「メンチ」の意味は、細かく刻んだ肉・挽肉のことです。

「ミンチ」とも呼ばれ、英語の「mince(細かく刻む)」が語源となっているという説が有力です。

 

しかし、起源が関東(浅草の煉瓦亭)と関西(神戸の純神戸肉三ツ輪屋精肉店)で異るように、語源も関東と関西で異なるといわれています。

 

関東では、煉瓦亭のミンスミートカツレツが転じて「メンチカツ」になったといわれています。

「ミンスミート」とは、細かく刻んだ肉のことです。

「カツレツ」はフランス料理の「cotelette(コートレット)」のことです。

 

コートレットは、仔牛の肉をスライスしたものにパン粉をつけ、炒めたり焼いたりする料理です。

英語では 「cutlet(カットレット)」といい、日本では、牛肉、豚肉、鶏肉などを用い、小麦粉、溶き卵、パン粉で衣をつけ、油で揚げたものを「カツレツ」と呼び、「カツ」と略します。

 

関西では、ミンチ(挽き肉)で作るカツレツなので「ミンチカツ」と名付けられ、それが訛って「メンチカツ」となったといわれています。

現在も「ミンチカツ」と呼ぶ人が多いそうですよ。

 


メンチカツとコロッケの違いとは?

メンチカツとコロッケは、どちらも具材を丸め、小判型にし、小麦粉、溶き卵、パン粉で衣をつけて油で揚げたものです。

とてもよく似ていますが、具材が違います。

 

メンチカツは、豚肉や牛肉のひき肉、玉ねぎのみじん切りを混ぜます。


 

コロッケは、茹でたじゃがいも、炒めたひき肉、玉ねぎのみじん切りを混ぜます。


 

地域やお店によって具に多少の違いはありますが、極端にいえば、「メンチカツの具は挽肉」「コロッケの具はジャガイモ」という違いがあります。

 

3月7日はメンチカツの日

毎年3月7日はメンチカツの日です。

 

メンチカツの日は香川県にある、メンチカツやコロッケ、かき揚げなど冷凍食品の製造販売を手掛ける会社「株式会社味のちぬや」が平成21年(2009年)に制定しました。

関西で「ミンチカツ」と呼ぶ人が多いことから「3(ミ)」「7(しち)=(ンチ)」という語呂合わせからきています。

メンチカツの販売促進を図ることを目的とし、受験シーズンでもある3月7日にメンチカツを食べて受験に勝って欲しいという応援の意味が込められています。

 

メンチカツの日だからといって、特にイベントが行われるわけではないようです。

 

日本各地のご当地メンチカツ

ご当地グルメとして日本各地でメンチカツが町おこしに使われていますのでいくつかご紹介します。

 

湘南名物 茅ヶ崎メンチ(神奈川県茅ケ崎市)

湘南の野菜、国産豚肉を使い、まん丸に成型したメンチカツです。

完熟ミニトマトを丸ごと入れたものや、濃厚クリームチーズを入れたものなどがあります。

外部リンク:茅ヶ崎メンチ なんどき牧場

 

三春グルメンチ(福島県三春市)

三春町特産のピーマンを使ったメンチカツで、中華風の味付けをしているのでソースのいらないメンチカツとして販売されています。

外部リンク:三春グルメンチ オフィシャルサイト

 

馬肉メンチカツ(熊本県阿蘇市)

熊本県は馬肉料理が有名ですが、馬肉を使ってメンチカツも作っています。

 

あやせとんすきメンチ(神奈川県綾瀬市)

綾瀬の郷土料理「豚すき」の旨みを凝縮したメンチカツで、綾瀬産の豚肉を贅沢に使った豚すきを具材にしています。

外部リンク:ご当地グルメ「あやせとんすきメンチ」取扱店

 

館山メンチ(千葉県館山市)

海に囲まれた館山は海の幸が有名ですが、肉の特産品や名物がないので作られたのが館山メンチです。

お肉のジューシーさと、玉ねぎの甘みと食感にこだわったメンチです。

外部リンク:館山メンチ 肉の相川 有限会社相川商店

 

長泉あしたかつ(静岡県長泉町)

静岡県のブランド牛「あしたか牛」と、長泉で採れた甘くて柔らかい「長泉白ねぎ」のコクと旨みが ギュッと詰まったジューシーなメンチカツです。

外部リンク:長泉あしたかつ 東平屋

 

えだまメンチ(群馬県沼田市)

群馬県沼田市の名産である枝豆を使ったメンチで、地元の高校生が考案、開発しました。

外部リンク:群馬県沼田市の新名物 えだまメンチ

 

神栖メンチ(茨城県神栖市)

茨城県神栖市の特産であるピーマンを練り込んだメンチです。

細長い棒状なのでイベントなどでは歩きながらおやつ感覚で食べられます。

外部リンク:神栖市地域特産品 茨城県神栖市

 

 

メンチカツの起源や由来は、関東と関西で異なるのですね。

しかし実は材料も異なり、関東では、豚と牛の合挽肉または豚の挽肉ですが、関西では牛の挽肉だけなのだそうです。

メンチカツ以外にも、カレーや肉じゃがの肉も、関東では豚、関西では牛が一般的といわれているのです。

同じ日本なのに、東西で食文化が異なるのは不思議で面白いことですね!

 

関連:関東と関西の違い!食べ物や言葉、文化の違いをまとめてみました!

関連:関東と関西はどこからどこまで?それぞれ何県あるの?「関」の意味とは?

 



-3月, 食文化