日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

メンチカツのメンチの意味とは?3月7日メンチカツの日

      2019/01/28

みなさん、「メンチカツ」は好きですか?

自宅で作るにはちょっと面倒だけれど、揚げたてアツアツのメンチカツはとっても美味しいのですよね。

メンチカツをご当地グルメとして町おこしに利用している地域もあるそうですよ!

今回はメンチカツについていろいろ調べてみました!

 


メンチカツの由来とは?

メンチカツは、豚肉または牛肉の挽肉、玉ねぎのみじん切り、塩コショウなどを混ぜて練り合わせたものを丸めたり、小判型にし、小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけて油で揚げたり、フライパンで焼きあげたものです。

メンチカツの起源は、明治30年ごろに東京都浅草にある洋食店「煉瓦亭(れんがてい)」の「ミンスミートカツレツ」という説が一般的です。

また、昭和初期に兵庫県神戸市の「純神戸肉三ツ輪屋精肉店(現在の三ツ輪屋総本店)」が東京の洋食店の「メンチボール」を参考に考案したという説もあります。

「メンチボール」とは、挽肉に調味料とパン粉や卵などのつなぎを入れて混ぜ、丸く形成し加熱する肉団子のことで、ミンチボールやミートボールともいいます。

 

メンチカツのメンチの意味とは?

メンチカツの「メンチ」は「ミンチ」ともいい、「mince(細かく刻む)」という英語が語源となっているという説が有力ですが、起源が関東(浅草の煉瓦亭)と関西(神戸の純神戸肉三ツ輪屋精肉店)で異るように、語源も関東と関西で異なるといわれています。

関東では、煉瓦亭のミンスミートカツレツ(ミンス(mince細かく刻む)ミート(肉)カツレツ(油で揚げる))が転じて「メンチカツ」になったといわれています。

関西では、ミンチ(挽肉)で作るカツレツなので「ミンチカツ」と名付けられ、それが訛って「メンチカツ」となったといわれており、現在も「ミンチカツ」と呼ぶ人が多いそうです。

メンチカツの「カツ」は、「カツレツ」を略したものです。

「カツレツ」はフランス料理の「cotelette(コートレット)」のことです。

もともとコートレットは、仔牛の肉をスライスしたものにパン粉をつけ、炒めたり焼いたりする料理ですが、仔牛以外の素材(豚や鶏など)を用い、同様の調理をしたり、油で揚げるものも「カツレツ」と呼び、「カツ」と略して呼ぶことが一般的です。

 


3月7日はメンチカツの日

3月7日はメンチカツの日です。

メンチカツの日は香川県にある、メンチカツやコロッケ、かき揚げなど冷凍食品の製造販売を手掛ける会社「株式会社味のちぬや」が平成21年(2009年)に制定しました。

関西では「ミンチカツ」と呼ぶ人も多いことから「3(ミ)」「7(しち)=(ンチ)」という語呂合わせからきており、メンチカツの販売促進を図ることを目的とし、受験シーズンでもある3月7日にメンチカツを食べて受験に勝って欲しいという応援の意味が込められています。

メンチカツの日だからといって、なにかイベントが行われるわけではないようですが、メンチカツを販売するお店では「毎週〇曜日はメンチカツの日」や「毎月〇日はメンチカツ割引の日」と設定していることがありますので、お住いの地域ではどうなのか調べてみるといいかもしれませんね!

また、ご当地グルメとして日本各地でメンチカツが町おこしに使われていますのでいくつかご紹介します。

 

日本各地のご当地メンチカツ

●湘南名物 茅ヶ崎メンチ(神奈川県茅ケ崎市)

湘南の野菜、国産豚肉を使い、まん丸に成型したメンチカツです。

完熟ミニトマトを丸ごと入れたものや、濃厚クリームチーズを入れたものなどがあります。

外部リンク:茅ヶ崎メンチ なんどき牧場


●三春グルメンチ(福島県三春市)

三春町特産のピーマンを使ったメンチカツで、中華風の味付けをしているのでソースのいらないメンチカツとして販売されています。

外部リンク:三春グルメンチ オフィシャルサイト

 
●上州下仁田ねぎメンチカツバーガー(群馬県下仁田市)

下仁田特産の下仁田ねぎがザクザク入ったメンチカツを、バーガーにしています。

外部リンク:上州下仁田ねぎメンチカツバーガー 上州・村の駅 上州こんカツキッチン

 
●馬肉メンチカツ(熊本県阿蘇市)

熊本県は馬肉料理が有名で、馬肉を使ってメンチカツも作っています。

 

 

メンチカツの起源や由来は、関東と関西で異なるのですね。

しかし実は材料も異なり、関東では、豚と牛の合挽肉または豚の挽肉ですが、関西では牛の挽肉だけなのだそうです。

メンチカツ以外にも、カレーや肉じゃがの肉も、関東では豚、関西では牛が一般的といわれているのです。

同じ日本なのに、東西で食文化が異なるのは不思議で面白いことですね!

 



 - 3月, 未分類