日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」との違いと意味とは?唱えるとどうなる?

      2019/07/10


 

お仏壇や仏像の前で「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」と唱えることがありますよね?

ご自身が唱えたことは無くても、「おばあちゃんが毎朝仏壇の前で唱えていたよ!」とか「法事の時に聞いたことがあるよ!」という人は多いのではないでしょうか。

今回は「南無妙法蓮華経」と「南無阿弥陀仏」の違いやそれぞれの意味について調べてみました!

 

スポンサードリンク


「南無阿弥陀仏」とは?

読み方は「なむあみだぶつ」または「なもあみだぶつ」です。

 

「南無阿弥陀仏」は「念仏(ねんぶつ)」のひとつで、仏教の浄土宗、浄土真宗、天台宗、時宗など、ご本尊を阿弥陀如来(あみだにょらい・すべてのものを極楽浄土へ導くといわれている)とする宗派が唱えます。

「念仏」とは仏の姿や徳を心に思い浮かべることです。

 

念仏には、「法身念仏(ほっしんねんぶつ)」「観念念仏(かんねんねんぶつ)」「称名念仏(しょうみょうねんぶつ)」などの種類があります。


法身念仏 仏の理法(りほう・道理にかなった法則のこと)を念じることです。
観念念仏 仏の功徳(くどく)を念じることです。功徳とは、人が行うべき行動、善行のことで、唱えることで理解が深まり、功徳が積まれるといわれています。
称名念仏 仏の名前を念じることです。今回の「南無阿弥陀仏」がこれにあたります。
 

「南無阿弥陀仏」の意味。唱えるとどうなるの?

「南無阿弥陀仏」についてみていきましょう。

 

「南無(なむ)」はサンスクリット語の「ナモー」を漢字に当てたもので「わたしは帰依(きえ)します」という意味になります。

「帰依」とは、尊いものに対して全身全霊で信じ、拠り所にすることを意味します。

 

「阿弥陀仏(あみだぶつ)」阿弥陀如来のことでサンスクリット語の「アミターバ(無量の光明)」と「アミターユス(無量の寿命)」を漢字に当てたものです。

「無量」とは、はかりしれない、限りのない、などの意味です。

 

ですので「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀如来の教えを全身全霊で信じ、拠り所にし、教えに従って生きます」という意味になります。

 

「南無阿弥陀仏」と唱えるとで、阿弥陀如来への信仰があるかないかに関わらず、阿弥陀如来が極楽浄土へ導いてくださるといわれています。

 

スポンサードリンク

「南無妙法蓮華経」とは?

読み方は「なむみょうほうれんげきょう」または「なんみょうほうれんげきょう」です。

 

「南無妙法蓮華経」のことを「題目(だいもく)」といい、仏教の日蓮宗と日蓮正宗などが唱えます。

 

題目」とは、「法華経(ほけきょう)」という大乗仏教の経典(きょうてん・仏の教えを記したもの)の真理を表したものです。

 

仏教の開祖は仏陀(ブッダ)ですが、「南無妙法蓮華経」は仏陀の教えにはなく、日蓮宗の開祖である日蓮(にちれん・1222年~1282年)が作った物だといわれています。

 

「南無妙法蓮華経」の意味。唱えるとどうなるの?

「南無妙法蓮華経」についてみていきましょう。

 

「南無(なむ)」はサンスクリット語の「ナモー」を漢字に当てたもので「わたしは帰依します」という意味になります。

 

「妙(みょう)」は真理を意味します。

 

「法」は仏教の開祖である仏陀(ブッダ)の教えを意味しています。

 

「蓮華経(れんげきょう)」は、サンスクリット語の「サッダルマプンダリーカ・スートラ」という言葉を翻訳したもので「白蓮華のごとき正しい教え」という意味があります。

「白蓮華(しろれんげ)」とは、植物の蓮(はす)のことです。

蓮は泥の中でも清浄で美しい花を咲かせるため、仏教では仏の智慧や慈悲の象徴とされています。

法華経の中で蓮は「白蓮華」と表現され、「白蓮華のごとき正しい教え」とは「最も清浄で美しい花のように最高の教えである」という意味になります。

 

ですので「南無妙法蓮華経」は「法華経の教えを全身全霊で信じ、拠り所にし、教えに従って生きます」という意味になります。

 

「南無妙法蓮華経」と唱えることで、法華経を信じることができ、現在の世界で救われると考えられています。


「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」との違いとは?

●宗派が違う

「南無阿弥陀仏」は浄土宗、浄土真宗などが唱え、「南無妙法蓮華経」は日蓮宗や日蓮正宗などが唱えます。


●念仏か題目かの違い

「南無阿弥陀仏」は仏の名前を念じる「念仏(称名念仏)」で、「南無妙法蓮華経」は法華経の真理を表す「題目」です。


●帰依の対象が違う

「南無阿弥陀仏」は阿弥陀如来という仏様に帰依し、「南無妙法蓮華経」は法華経の教えに帰依します。


●救われるタイミングが違う

「南無阿弥陀仏」は死後に救われるもので、阿弥陀如来によって極楽浄土へと導かれますが、「南無妙法蓮華経」は現在の世界で救われます。

 

 

「南無妙法蓮華経」と「南無阿弥陀仏」の違いがわかりましたか?

簡単に言ってしまうと、同じ仏教でも宗派が異なるから、唱える言葉も異なるということになりますね。

自分がどちらを唱えたら良いかわからない場合は、お世話になっているお寺のお坊さんに教えていただきましょう。

宗派によって唱える言葉が異なりますが、どちらも意味をきちんと理解し、信じて唱えることで救われるのかもしれませんね。

 

関連:「大乗仏教」と「小乗仏教」の違いとは?日本はどちら?

関連:仏の名前「如来」「菩薩」「明王」「天部」「観音」「阿修羅」「阿弥陀」の違いとは?

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類