天候・気候

「菜種梅雨」の読み方と意味とは?いつ頃の時期にどんな原因で降るの?

傘をさす女の子

 

「梅雨」と言えば、6月ごろの雨続きの日々のことをいいます。

では、「菜種梅雨」という言葉をご存知でしょうか?

一般的な「梅雨」とは時期が違うそうです。

今回は「菜種梅雨」の読み方や意味、時期や原因などについてわかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク

「菜種梅雨」の読み方と意味とは?いつ頃の時期に降る雨のこと?

読み方は「なたねづゆ」または「なたねつゆ」です。



菜の花(アブラナ)

菜の花(アブラナ)


菜種とは菜の花(またはアブラナ)の別名です。

菜種梅雨の意味は、菜種が咲いている時期の3月下旬~4月上旬ごろに曇りや雨が続くことをいいます。

くもりや雨が続く日数などに明確な定義はありません。

 

「春の長雨」

「春雨(はるさめ)」

「催花雨(さいかう)」

「春霖(しゅんりん)」

ともいいます。



春雨

春雨


「春雨(はるさめ)」という食べ物がありますが、細く静かに降る春の雨の様子から名づけられたそうです。

また、「催花雨(さいかう)」には「花が開花を催す(もよおす)」という意味があります。

春になり花が咲く季節がやってきて、雨が「早く花よ咲け」とせきたてるように降ることから名づけられたそうです。

また、「春霖」の「霖」という文字はそれだけで「長雨」という意味があります。

どんな原因で降るの?

菜種梅雨は主に太平洋沿岸の関東より西の地域で起こる現象です。

原因は、太平洋沿岸に前線が停滞すためです。

前線とは、暖かい空気(高気圧)と冷たい空気(低気圧)の境目のことです。


 

日本列島は冬の間、高気圧に覆われていますが、春になるとその高気圧が北上します。

そのため、日本列島の南側(太平洋側)に前線が停滞しやすくなります。

前線が停滞するとくもりや雨が続きます。

しかし、菜種梅雨は6月頃の梅雨とは異なり、雨ばかりが続くわけではなく、期間も比較的短めで、毎年起こるとは限りません。

 

スポンサーリンク

梅雨の種類

梅雨の種類は菜種梅雨以外に「梅雨」「山茶花梅雨」「すすき梅雨」があり、全部で4種類あります。

 

詳細は以下の記事を御覧ください。

関連:梅雨の4種類「梅雨」「菜種梅雨」「山茶花梅雨」「すすき梅雨」とは?いつの季語?

 

俳句の季語や時候の挨拶で使われる「菜種梅雨」

「菜種梅雨」は菜種が咲いている時期ということで、春の季語として用いられます。

また、手紙などの時候の挨拶としても使用されます。

 

時候の挨拶の例:

「菜種梅雨も明け、暖かい日差しが降り注ぐようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか」

 

 

菜種が咲く季節の長雨だから「菜種梅雨」とは、風流な呼び方だと思いませんか?

雨が続くとじとじとするし、洗濯物は干せないし・・・困るのよね~という人も多いかもしれませんが、この時期は寒い季節が終わり、少しずつ暖かくなり、雨に催されて花が次々に咲いていきます。

冬が終わり、春がやってくるのだと思うと、気持ちも晴れやかになりますね!

 

関連:「走り梅雨」「卯の花くたし」の意味とは?いつの時期の俳句に使われる季語?

関連:「リラ冷え」北海道でだけで使われる気象用語の意味と語源とは?時期はいつ頃?

関連:梅雨の4種類「梅雨」「菜種梅雨」「山茶花梅雨」「すすき梅雨」とは?いつの季語?

関連:時候の挨拶・季節の挨拶 1月~12月(上旬・中旬・下旬)の手紙やビジネスで使える例文

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-天候・気候

error: クリックできません。