日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

2021年の年間休日日数(土日祝・年末年始・お盆休み)は何日?

      2020/07/16


1年は365日ありますが、そのうち休日がどれくらいの日数あるかご存知ですか?

土曜日、日曜日だけではなく祝日や年末年始休暇、お盆休みなどの休日も数えると、一年間のうちどれくらいの日数が休日になるのでしょう?

今回は、2021年(令和3年)の年間休日日数について調べてみました!

 


年間休日の意味・定義とは?

年間休日とは、会社・企業ごとに決まっている一年間の休日のことです。

カレンダー通りの休日が当てはまる会社・企業もあれば、職種によっては当てはまらないこともあります。

休日が規則的、不規則的、どのような場合も、一年間の休日の合計を「年間休日」といいます。

労働基準法35条1項により、使用者は労働者に、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならないという決まりはありますが、「年間休日は〇〇日以上」などと決められているわけではありませんので、その日数は会社・企業によって異なりますが、基本的に次の3つを足したものになります。

土日祝日
②年末年始休暇
③お盆休み

有給休暇や忌引き休暇など、個人的なお休みは含めないのが一般的です。

 

年間休日の起算日には特に決まりはありませんので、今回は、「1月1日を起算日とした場合」と「 4月1日を起算日とした場合」の二通りについて調べてみました。

 

1月1日を起算日とした場合の年間休日

 

 ①2021年の土日祝日の日数は?

(土日に重なった祝日は赤文字にしています)

 

・1月1日(金) 元日

・1月11日(月) 成人の日

・2月11日(木) 建国記念の日

・2月23日(火) 天皇誕生日

・3月20日(土) 春分の日

・4月29日(木) 昭和の日

・5月3日(月) 憲法記念日

・5月4日(火) みどりの日

・5月5日(水) こどもの日

・7月19日(月) 海の日

・8月11日(水) 山の日

・9月20日(月) 敬老の日

・9月23日(木) 秋分の日

・10月11日(月) スポーツの日

・11月3日(水) 文化の日

・11月23日(火) 勤労感謝の日

 

上記のとおり祝日・振替休日は16日、土日に重ならないのは15日です。

2021年の土日は104日なので15日を加算すると土日祝日は119日になります。

 

 

 ②2021年の年末年始休暇の日数は?

官公庁や、多くの会社・企業が12月29日~1月3日を年末年始休暇にしていますので、ここではその日数を数えます。

2021年1月1日(金)~1月3日(日)の3日、2021年12月29日(水)~12月31日(金)までの3日、合計6日ですが、内1日は元日、2日間は土日と重なるため3日間になります。

 

 

③2021年のお盆休みの日数は?

一般的なお盆休み8月13日(金)~8月16日(月)の4日ですが、内2日間は土日と重なるため2日間になります。

国家公務員の場合はお盆休みというものはなく、夏の間に取得する夏季休暇が3日間あります。

地方公務員の場合もお盆休みというものはなく、その日数は自治体によって異なり、平均して3日~5日ほど休みを取っているようです。

 

【結論】2021年の年間休日の日数は?(①+②+③) 起算日:1月1日

 
●国家公務員の年間休日

土日祝日119日+年末年始休暇3日(元日は祝日でもあるので加算しない。2日間は土日と重なるので加算しない。)+夏季休暇3日=125日


地方公務員の年間休日

 土日祝日119日+年末年始休暇3日(元日は祝日でもあるので加算しない。2日間は土日と重なるので加算しない。)+夏季休暇3~5日程度=125日~127日程度


完全週休二日制の一般的な会社・企業の年間休日

土日祝日119日+年末年始休暇3日(元日は祝日でもあるので加算しない。2日間は土日と重なるので加算しない。)+お盆休み2日(2日間は土日と重なるので加算しない)=124日

 

 

上記の計算は完全週休二日制の場合を元に計算しています。

完全週休二日制とは一週間に必ず2日の休みがあることをいいます。

職種によっては週休二日制(1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上のこと)や日曜日のみお休みの場合もあると思います。

そこでお休みが日曜日と祝日、年末年始休暇、お盆休みだけの会社を想定して計算してみると

2021年の日曜日は52日、祝日・振替休日は16日です。

日曜日に重ならない祝日・振替休日16日ですので52日に加算すると日祝日は68日になります。

よって、

 
休みが日曜日だけの一般的な会社・企業の年間休日

日祝日68日+年末年始休暇3日(元日は祝日でもあるので加算しない。)+お盆休み3日(1日間は日曜と重なるので加算しない)=74日

 


 4月1日を起算日とした場合の年間休日

 

①2021年度(令和3年度)の土日祝日の日数は?

(土日に重なった祝日は赤文字にしています)

 

2021年(令和3年)

・4月29日(木) 昭和の日

・5月3日(月) 憲法記念日

・5月4日(火) みどりの日

・5月5日(水) こどもの日

・7月19日(月) 海の日

・8月11日(水) 山の日

・9月20日(月) 敬老の日

・9月23日(木) 秋分の日

・10月11日(月) スポーツの日

・11月3日(水) 文化の日

・11月23日(火) 勤労感謝の日

2022年(令和4年)

・1月1日(土) 元日

・1月10日(月) 成人の日

・2月11日(金) 建国記念の日

・2月23日(水) 天皇誕生日

・3月21日(月) 春分の日

 

上記のとおり祝日・振替休日は16日、土日に重ならないのは15日です。

2021年度の土日は104日なので15日を加算すると土日祝日は119日になります。

 

 

②2021年度の年末年始休暇の日数は?

官公庁や、多くの会社・企業が12月29日~1月3日を年末年始休暇にしていますので、ここではその日数を数えます。

2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)までの6日ですが、内1日は元日、1日間は土日と重なるため4日間になります。

 

 

③2021年度のお盆休みの日数は?

 一般的なお盆休み8月13日(金)~8月16日(月)の4日ですが、内2日間は土日と重なるため2日間になります。

国家公務員の場合はお盆休みというものはなく、夏の間に取得する夏季休暇が3日間あります。

地方公務員の場合もお盆休みというものはなく、その日数は自治体によって異なり、平均して3日~5日ほど休みを取っているようです。

 

【結論】2021年度の年間休日の日数は?(①+②+③) 起算日:4月1日

 
●国家公務員の年間休日

土日祝日119日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる1日間も加算しない。)+夏季休暇3日=126日


地方公務員の年間休日

土日祝日119日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。1日間は土日と重なるので加算しない。)+夏季休暇3~5日程度=126日~128日程度


●完全週休二日制の一般的な会社・企業の年間休日

土日祝日119日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。土日に重なる1日間も加算しない。)+お盆休み2日(2日間は土日と重なるので加算しない)=125日

 

 

上記の計算は完全週休二日制の場合を元に計算しています。

完全週休二日制とは一週間に必ず2日の休みがあることをいいます。

職種によっては週休二日制(1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上のこと)や日曜日のみお休みの場合もあると思います。

そこでお休みが日曜日と祝日、年末年始休暇、お盆休みだけの会社を想定して計算してみると

2021年度の日曜日は52日、祝日・振替休日は16日です。

日曜日に重ならない祝日・振替休日は16日ですので52日に加算すると日祝日は68日になります。

よって、


●休みが日曜日だけの一般的な会社・企業の年間休日

日祝日68日+年末年始休暇4日(元日は祝日でもあるので加算しない。日曜日に重なる1日も加算しない。)+お盆休み3日(1日間は日曜と重なるので加算しない)=75日

 

完全週休二日制の場合は一年365日のうち休日が120日ほどあるということになりますよね。

120日ほどの休日を多いと思うか、少ないと思うか、みなさんはどちらですか?

年間休日の日数は会社によって違いますので、就職活動や転職活動をするときには事前に忘れずチェックしておきましょう。

 

関連:2020年の年間休日日数(土日祝・年末年始・お盆休み)は何日?

関連:新年度・年度初めはなぜ4月なの?

 



 - 未分類