未分類

おでんの歴史とは?発祥や由来は?好きなおでんの具人気ランキング!



news4vip_1460479493_5502

寒くなると食べたくなるもの・・・どんなものが思い浮かびますか?

お鍋、肉まん、焼き芋、シチュー、ポトフなど、温かいものが次々と思い浮かんできますね。

その中に、おでんはありましたか?

地域によって、具やスープに多少の違いはありますが、みなさんが好きなおでんの具はどんなものがあるのでしょう?

今回はおでんの歴史などと一緒に、好きなおでんの具ランキングも調べてみましょう。

 


おでんの歴史とは?発祥や由来は?

 20151101-105844

 

「おでん」は、豆腐を拍子木(ひょうしぎ)型に切り、竹串を打って焼いた「豆腐田楽」が由来といわれています。

 

「田楽(でんがく)」とはもともと豊穣祈願の「田楽舞」のことで、一本の竹馬に乗って踊ります。

その姿に似ていたことから「豆腐田楽」という名がついたそうです。

豆腐田楽は平安時代(794年~1185年)末期には食べられていたことが記録として残っており、そのころは塩をふって仕上げていたようです。

 

dengakumai

 

室町時代(1336年~1573年)になると、豆腐田楽に味噌をつけて食べるようになり、味噌を塗って焼いたものを「お田(おでん)」と呼ぶようになりました。

 

江戸時代(1603年~1868年)になると「お田」は江戸庶民の間でも食べられるようになり、江戸の名物になったそうです。

その後、豆腐だけではなくこんにゃくや野菜類、魚類が使用されるようになり、焼きあがりを待てないせっかちな江戸っ子のために、煮込むようになりました。

 

明治時代(1868年~1912年)になると煮込みおでんから、汁気(しるけ)がたっぷり入ったおでんに変化していきます。

 

大正時代(1912年~1926年)に、江戸の料理人によって、このおでんが関西に伝わりますが、関東風の濃いしょうゆの色が好まれず、淡い色の薄口しょうゆで作る関西風のおでんが誕生します。

 

ff042884
 

昭和時代(1926年~1989年)になると、串に刺して煮込むだけですぐに食べられる手軽さから、駄菓子屋や居酒屋、屋台などで庶民の味として広まっていきます。

そして、戦後になり家庭の定番メニューとして定着しました。

おでんの具に欠かせない練り物の価格が安定し、高度経済成長によって流通が発達し新鮮な食材が一般家庭でも購入できるようになったことと、調理が手軽なことから、定番メニューとして定着していったと考えられています。

また、昭和54年(1979年)にコンビニエンスストアで初めて販売され、より手軽におでんを食べられるようになり現在に至ります。

 

 


好きなおでんの具人気ランキング

それではおでんの具人気ランキングを紹介しましょう!

 

● 第5位 ちくわ
 

s_020e

 

代表的な練り物であるちくわは、おでんの出汁を吸うのはもちろん、ちくわからも出汁を出すそうです。

ほかの具をより美味しくするために欠かせない具なんですね。

 

 

 
●第4位 こんにゃく
 

 139825_cbd92c741b_fix400x300

 

味がしっかり染み込むまで煮込んだこんにゃくは、関東以外では大人気の具なんだそうです。

一般的には灰色のこんにゃくが使われますが、地域によって、白こんにゃくや玉こんにゃく、糸こんにゃくなどが使われています。

 

 

 
●第3位 たまご
 
oden20130813_tamago02  

おでんの出汁とたまごをご飯の上に乗せて、たまごを崩しながら食べたり、黄身をおでんの出汁にほぐしてスープのように食べたり、人によってさまざまな食べ方があるのがたまごですね。

 

 

 
●第2位 餅入り巾着
 
yama08_02  

油揚げの中にお餅が入っていて、食べるとお餅がトロトロになっていますね。

油揚げがおでんの出汁を吸っているので、トロトロのお餅が口の中に広がるのと同時に、おでんの出汁も広がっていきます。

 

 

 
●第1位 大根
 
daikonn250  

おでんの出汁をしっかりと吸っている大根は、お箸でさわるだけでも出汁が染み出てきて、それだけで幸せな気分になれるほど美味しいですよね。

おでんの定番の具といえる大根は、コンビニエンスストアでも一番人気があるそうですよ。

 

  15707

 

 

人気ランキングを紹介しましたが、おでんの具は、地域や家庭によってさまざまですので、「こんなランキングはおかしい!」と思った方もいるかもしれません。

関東では当たり前の「ちくわぶ」や、関東東海地方でおなじみの「はんぺん」はほかの地域では存在すら知られていなかったり、北海道ではホタテ、九州では餃子巻、関西ではタコや牛スジが定番の具になっていたりします。

おでんの季節に旅行で訪れた際には、その地域のおでんを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

関連:関東と関西の違い!食べ物や言葉、文化の違いをまとめてみました!

 

-未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab