1月 冬の行事

お年玉の由来とは?相場はいくら?税金がかかるって本当?




otoshidama

 

子どもにとってお正月は、おせち料理を食べたり初詣に行ったり、普段とは違うちょっとワクワクする行事です。

久しぶりに会う親戚の人も居て賑やかな中、「お年玉」を毎年楽しみにしている子も少なくないのではないでしょうか?

お正月になると貰える特別な「お年玉」ですが、その由来や相場はどうなっているのでしょうか?

今回はお年玉について調べてみました。

 


お年玉の由来とは?

お年玉の起源は定かではありませんが、江戸時代(1603年~1868年)ごろには庶民の間で広まっていたのではないかと考えられています。

 


 

お正月になると、年神様(毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が訪れて、鏡餅に宿るといわれています。

年神様が宿った鏡餅には特別な力があると考えられており、鏡餅は年神様の象徴とされていました。

そして、家長が子どもたちに分け与えた鏡餅を砕いたものを「御年魂(おとしだま)」と呼んでいたのがお年玉の語源ではないかといわれています。

「御年魂」には年神様の霊魂が宿っているので、分け与えることで一年を生きるために必要な生命力を子どもに分け与えたり、子どもの無事な成長を願う意味があったそうです。

 

ほかにも鏡餅は新年のありがたい賜物(たまもの・神からいただいたもの)ということで「年賜(としだま)」と呼んでいたことが由来という説もあります。

 

free-illustration-kagamimoti-hand-drawn

 

いずれにしても家長から子どもたちへ渡していた「鏡餅」が、次第に「大人」から「子ども」へお金をあげるお年玉へと変化していったようです。

現在のように現金を渡すようになったのは昭和30年(1955年)ごろからといわれています。

これは高度経済成長によって都市部に人が集まるようになり、自宅で餅を作らなくなったので餅の代わりに現金を渡すようになったようです。

 

お年玉の相場はいくら?

ご家庭によって金額はさまざまなのであくまで一例ですが、相場は以下のようになっているようです。

● 小学生以下・・・1,000~2,000円

● 小学生・・・1,000円~5,000円

● 中学生・・・3,000円~5,000

● 高校生・・・5,000円~10,000円

やはり年齢ごとに金額が上がっていくようですね。

 

中には小学生以下にはお年「玉」という意味を込めて500円玉をあげるという人や、年齢を考慮せず金額を一律で統一しているという家庭もあるようです。

子供の人数や年齢によっても用意するのが大変な場合もありますので、親族内で相談して相場を決めてみてもいいかもしれません。

 


ポチ袋の名前の由来

403

お年玉を入れる袋を「ポチ袋」と呼びますよね。

最近では小さいものからお札が入るサイズまで多種多様なポチ袋がありますが、なぜこの袋の名前は「ポチ袋」と言うのでしょうか。

 

発祥は関西と言われていて、関西の方言で「ポチ」という言葉は「心づけ」や「祝儀」という意味があり、元々は舞子さんに与えられていた祝儀袋だったそうです。

またほかにもご祝儀を渡すとき「これっぽっちですが」という言葉から、少ないですが・・・という謙虚な気持ちで渡していたのが由来とも言われています。

 

お年玉には税金がかかる?

お年玉は現金ですから、税金がかかるのでは?と不安になる人もいらっしゃるかもしれませんね。

まず、お年玉は人から人へ渡すものなので「贈与税(ぞうよぜい)」の対象となりますが、社会通念上で妥当な金額であれば贈与税の対象にはなりません。

「社会通念上で妥当な金額」というのが人によって異なるため判断が難しいのですが、一般的な家庭でやり取りされるお年玉の金額と考えると良いかもしれません。


 

贈与税の対象になるのは、ひとりが一年間に貰う合計金額が110万円以上の場合です。

たとえば父方の祖父・祖母、母方の祖父・祖母、合計4人がそれぞれ50万円ずつお年玉を渡すと、合計200万円になってしまい、200万円-110万円=90万円に贈与税がかかることになります。

 

ただ、親戚や友人知人がとても多いご家庭で一人から3000円~5万円ほどをもらって合計金額が110万円を超えた場合でも贈与税の対象とはなりません。

それは、ひとりの大人から5万円を貰っても社会通念上で妥当な金額とされるからです。

それが積み重なった結果110万円を超えても贈与税の対象にはならないのです。

 

しかし、ひとりの大人から50万円のお年玉をもらうのは社会通念上で妥当な金額ではないので贈与税の対象となるということです。

「社会通念上で妥当な金額」は具体的な金額は定められていませんので判断が難しいところですが、一般的なご家庭ならまず当てはまることはないですね。

 

 

otoshidama-souba

 

お年玉がどういうものかわかりましたね。

小さい頃は、毎年貰ったお年玉で何を買おうか考えて心を躍らせたものです。

大人になってあげる立場になった時には、自分が貰った時の喜びを思い出し、子供たちの喜ぶ姿を見る為に奮発してあげたいですね。

お年玉をいくら渡すかは、親戚のみなさんで相談して決めておくと「多すぎる」「金額が釣り合わない」などのトラブルが少なくて済むようですよ!

 

関連:お盆玉とは?どこの地域の風習?相場はいくら?専用のポチ袋はあるの?

関連:鏡開きの意味と由来とは?2021年はいつ?関東と関西で違う?

-1月, 冬の行事

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab