日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

新500円玉はいつから?発行の理由と現行の物とのデザインや重さや直径などの違い

      2019/04/15


 

2019年4月9日、1万円札、5千円札、千円札のデザインを刷新するという発表と同時に、500円玉も新しいデザインになると政府が発表しましたね。

500円玉を新しいデザインで発行する理由はなんなのでしょうか?

現在の500円玉との大きさの違いはあるのでしょうか?

今回は、新500円玉について調べてみました!

 

スポンサードリンク

500円玉の歴史とは?

正式には「500円硬貨」といい、日本政府が発行する日本の貨幣です。

 

最初の500円玉(ここでは初代500円玉と呼びます)は、昭和57年(1982年)に発行されたもので、それ以前は硬貨ではなく「500円紙幣(肖像画は岩倉具視)」が流通していました。

世界で一般的に流通している硬貨としては500円玉は高額なもので、発行当初はスイスの5フラン(およそ500円)、スペインの500ペセタ(およそ400円)と並ぶ高額面硬貨として話題になりました。

 

しかし、500円玉が発行された同じ年に、韓国では500ウォン(当時はおよそ170円、現在はおよそ50円)硬貨が発行されました。

500ウォン硬貨は、500円玉と同じ材質、同じ大きさで、重さは500円玉よりほんの少し重いだけだったため、表面を削ったり、穴を開けるなどして重さを500円玉と同じにし、日本の自動販売機で使用するという事件が起きました。

自動販売機では500ウォン硬貨を500円玉と認識してしまったため、500円よりも価値が低い500ウォン硬貨が大量に使用されたそうです。

この事件を受け自動販売機の仕組みが見直され、平成12年(2000年)に、デザインと材質を変更した2代目500円玉が発行され現在に至ります。

初代500円玉と2代目500円玉は、どちら直径も26.5mm表に桐、裏は竹と橘がデザインされており、見た目に大きな差はありません。

見た目に大きな差はありませんが、細かいところが異なるのでご紹介します。

 

初代500円玉と2代目500円玉の違いとは?

●材料が違う

初代500円玉は、銅75%、ニッケル25%の白銅製

2代目500円玉は、銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅製

材料を変更したことで、自動販売機など機械で本物か偽造かの判断がしやすくなり、色が少し金色になりました。

 
●側面が違う

初代500円玉は、側面に「◆ NIPPON ◆ 500 ◆」という文字が繰り返し刻印。

2代目500円玉は、側面が斜めのギザギザになっています。斜めにギザギザにするには高度な技術が必要なため、偽造防止になっています。

 
●表と裏のデザインが違う

表に桐、裏は竹と橘というデザインに変更はありませんでしたが、2代目500円玉は偽造防止のため、髪の毛より細い線が施されていたり、肉眼では確認しづらい0.2mmの「NIPPON」という刻印があります。

 
●厚みが違う

初代500円玉は1.85mm

2代目500円玉は1.81mm

 



 

スポンサードリンク


新500円玉、発行の理由と現行の物との重さや直径などデザインの違い

新500円玉を発行する理由は、偽造防止のためです。

複数の素材を用いて2色3層構造になりますが、これは「バイカラー・クラッド貨幣」と呼ばれており、ヨーロッパではすでに導入されています。



出典:財務省ウェブサイト https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html



 

周りの黄色の部分は現行の500円玉(2代目)に使用されている「ニッケル黄銅」、中央は100円玉で使用されている「白銅」が使用されるため、新500円玉の色は周りは現行の500円の色、中央は100円玉の色になるそうです。

自動販売機やATMなどは、合金の電気伝導率などで偽造硬貨かどうかを判別するため、複数の素材を用いることで偽造防止効果が高まります。

また、側面斜めのギザギザを一部異なる形状にした「異形斜めギザ」というものを導入します。

異形斜めギザを導入するには高度な技術が必要となり、偽造防止の効果が期待されています。

 

出典:財務省ウェブサイト https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html



 

 

新500円玉は初代・2代目500円玉と同じく、表に桐、裏は竹と橘が描かれます。

日本人が慣れ親しんだデザインをベースに、ほんの少しだけデザインの変更をして新500円玉は作られるようです。

 

出典:財務省ウェブサイト https://www.mof.go.jp/currency/bill/20190409.html



 

「500」という数字が刻まれた面(裏面)の違い

 


 

現行の500円玉は「500」の下に「平成〇〇年」と書かれ、その下に竹が描かれていますが、新500円玉は「500」の下は「令和〇〇年」だけとなります。

 

「日本国」という文字が刻まれた面(表面)の違い

現行の500円玉は「日本国・桐・五百円」という絵柄の周りを点で囲んでいましたが、新500円玉は点の外側にとても小さな文字で「JAPAN」「500YEN」と書かれます。

これは、日本の硬貨で初めて導入された「微細文字」と呼ばれる技術で、偽造防止のために導入したそうです。

 

重さや直径などの違い

新500円玉は初代・2代目500円玉と同じく直径は26.5mmです。しかし、新500円玉は現行の500円玉と比べると0.1グラム重くなるそうです。

 

新500円玉はいつから?

政府は、新しいデザインの3代目500円玉は令和3年(2021年)に発行予定だと発表していますが、具体的な日にちまではまだわかりません。

 

 

500円玉は、偽造されたものが大量に使用されたという過去があったのですね。

偽造されないようにと2000年に2代目500円玉が発行されましたが、あまり長期間使用していたら、偽造技術が向上してまた偽造されてしまうかもしれない・・・それを防ぐためにもより複雑な作りの新しい500円玉を発行するのでしょうね。

偽造防止のために複雑な作りになるようですが、私たちが慣れ親しんだ桐、竹、橘のデザインや、大きさ重さなどはほとんど変わりませんね!

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類