47都道府県・地方

長野県はなぜ「信州」と呼ばれるの?信州の範囲はどこからどこまで?信州そばが有名な理由


長野県といえば松本城や善光寺、諏訪湖、上高地などたくさんの観光地がありますね。

そして、長野県の食べ物といえば「信州そば」でしょう。

ではなぜ長野県は「信州」と呼ばれるのでしょうか?また、「信州」の範囲はどこからどこまでなのでしょうか?

今回は「信州」と「信州そば」が有名な理由について調べてみました。

 


長野県はなぜ「信州」なの?

「信州」の読み方は「しんしゅう」です。

「信州」とは「信濃国(しなののくに)」の別称です。

信濃国が信州と呼ばれるようになったのは鎌倉時代(1185年~1333年)ごろと考えられています。

「州」という漢字は「国」と同じ意味をもち、「信濃国」を略して「信州」と呼ぶようになったようです。

 

信州のほかにも

●甲斐国(かいのくに)=甲州(こうしゅう)

●薩摩国(さつまのくに)=薩州(さっしゅう)

●武蔵国(むさしのくに)=武州(ぶしゅう)

など多くの地名が「〇州」と呼ばれていますよね。

 

律令制と信濃国

「信濃国」は日本の律令制に基づいた呼び方です。

律令制とは、「律(刑法)」と「令(主に行政法。その他民事法などのこと)」を基本法とする中央集権制度のことで飛鳥時代(592年~710年)から明治時代(1868年~1912年)初期まで用いられていました。

そして、律令制に基づいて設置された日本の地方行政区分を「律令国(りつりょうこく・または令制国(りょうせいこく))」といい、「五畿七道(ごきしちどう)」に分けられていました。

五畿七道とは、日本を大きく5つの国と7つの地域に分けたものです。

 


 

五畿とは、都(みやこ・現在の京都)に近い

●山城国(やましろのくに)

●大和国(やまとのくに)

●河内国(かわちのくに)

●和泉国(いずみのくに)

●摂津国(せっつのくに)

の5つの国のことで、五畿がある地域を畿内といいます。

 

七道はそれ以外の地域を指し

●東海道(とうかいどう)

●東山道(とうざんどう)

●北陸道(ほくりくどう)

●山陰道(さんいんどう)

●山陽道(さんようどう)

●南海道(なんかいどう)

●西海道(せいかいどう)

の地域のことでことで、それぞれの「道」には多くの「国」がありました。

 

例えば「東山道」には「近江国(おうみのくに)」や「飛騨国(ひだのくに)」「美濃国(みののくに)」などがありました。

「信濃国(しなののくに)」は東山道に属しています。

 


信濃の由来とは?

「信濃」という名前の由来は諸説あります。

 

科の木(しなのき)が由来という説

長野県には科の木(しなのき・日本特産の落葉高木で長野市の市木)」が多く自生していたので「しなの」と呼ぶようになったという説があります。


土地の形状が由来という説

古事記(こじき・712年)では、長野県のあたりは「科野国(しなののくに)」と書かれています。

「科」という漢字は「くぼんだ場所」という意味があり、山に囲まれた土地の形状から「科野」と書いて「しなの」と呼ぶようになったという説があります。

そして「好字二字化令(こうじにじかれい・713年)によって、「信野国」になりさらに「信濃国」へと変わりました。

「好字二字化令」とは、「国や郷(さと)などの地名を縁起の良い漢字2文字にする」というきまりのことです。


級長津彦命(しなつひこのみこと)が由来という説

級長津彦命は日本神話に登場する風の神様で、「志那都比古神」や「志那都彦神」とも書き、「しな」という言葉には「長い息」という意味があるそうです。

古来より「風は神様の息によって起こる」と信じられており、風は稲作に欠かせない大事なものなので、級長津彦命の名前「しな」を地名「しなの」の由来にしたという説があります。

 

「信州」の範囲はどこまで?

「信州」は、厳密には長野県全域と、岐阜県中津川市の一部ですが、一般的には長野県全域を指します。


信州そばが有名な理由

信州といえば「信州そば」がとても有名ですよね。

長野県の「戸隠(とがくし)そば」は、そのおいしさから島根県の「出雲そば」、岩手県の「わんこそば」と並び、日本三大そばのひとつに数えられています。

また、昔は、そば粉を水やお湯で溶いて茹でた「そばがき」が一般的な食べ方でしたが、江戸時代になり、そば粉の生地を麺状に切って食べる「そば切り」が信州で誕生したといわれています。

そのため、長野県は「そば切り発祥の地」としても有名です。

さらに、一人当たりのそば店舗数も長野県が日本一です。



戸隠そば


それでは長野県のそばはなぜそんなにおいしいのでしょうか?

 

良質でおいしいそばがとれる地域には次の3つの条件が当てはまるそうです。

①寒暖差があり、気温が高くなり過ぎない

③湿度が低い

②霧が発生する

 

長野県の気候は、海から遠く隔てられた内陸性気候で、高山と盆地で形成された地形によって昼と夜で寒暖差があり、日中の気温が高くなり過ぎず、湿度も低いそうです。

また、朝霧が発生するため、霧が霜の発生を抑えることで霜に弱いそばを守るので、そばづくりに非常に適した環境なのです。



蕎麦畑


長野県がなぜ「信州」と呼ばれるのかわかりましたね。

日本全域に昔の呼び方がありますが、長野県はほかの地域に比べると昔の呼び方である「信州」を好んで使っています。

「信州そば」はもちろんですが「信州大学」もありますし、「信州銘菓」や「信州名物」という言葉もよく見聞きします。

長野県のみなさんにとって「信州」という地名は、とても愛着がある大切なものなのでしょうね。

 

関連:【当時の姿のまま残る】現存天守12城と国宝5城はどこ?

関連:日本三大!花火、夜景、祭り、温泉、うどん、庭園、がっかり、桜、滝など

関連:そばの種類とは?更科、田舎、藪、砂場、十割、二八の意味って何?

 



-47都道府県・地方