8月

長崎 精霊流しの歴史と由来とは?爆竹の意味とは?

44234fd0b5eab-7642-492c-825e-91b43d20b031_l

みなさんの地元では、お盆をどういう風に過ごしますか?

親戚一同集まってお墓参りをしたり、地域のみなさんと盆踊りをしたり、地域やご家庭によってそれぞれの過ごし方があることでしょう。

そんなお盆時期に長崎県では精霊流しという行事があるそうです。

このとき、爆竹をたくさん鳴らすので初めて見た人はびっくりしてしまうそうですよ。

この爆竹にはどんな意味があるのでしょうか?

今回は、長崎の精霊流しについていろいろ調べて行きましょう。

 

  

精霊流しとは?

 読み方は「しょうろうながし」です。

精霊流しは、初盆(はつぼん・亡くなった方の初めてのお盆)を迎えた遺族が行います。

精霊流しでは、初盆に帰ってきていた故人の霊を8月15日に再び極楽浄土へ送り出すために、遺族が提灯や花などで飾った「精霊船」を作成し、故人の霊を乗せ「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ行事です。

関連:新盆・初盆の意味とは?時期とやることは?お布施の相場やお返しは?

 

o0335025510704277376

 

精霊船には、長崎特有の飾りつけがあります。

精霊船の先端に突き出した波切のことを「みよし」といいます。

これは、水押(みおし)が転じて「みよし」になったといわれています。

みよしの中にはろうそくや電球を灯し、家紋や名前を書いた紙を貼り、夜でも見分けられるようになっています。

08110002

 

精霊流しでは、家紋などを描いた「印灯籠(しるしとうろう)」が先頭を進み、次に「鉦(しょう・金属製の皿状の楽器)」をチャーンチャーンと打ち鳴らしながら歩きます。

その後に、ハッピ姿の縁者が精霊船を引き、正装した遺族が続きます。

 

image

 

このとき、鉦の音にあわせて「ドーイドーイ」と掛け声が唱えられますが、これは「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」がなまったものだといわれています。

 

  

長崎の精霊流しの歴史と由来とは?

 精霊流しの歴史と由来ついては、諸説あるようです。

 

中国の「彩舟流し」が由来という説

 そのひとつは、中国の「彩舟流し(さいしゅうながし)」です。

彩舟流しは、江戸時代(1603年~1868年)ごろに貿易や通訳のために中国から日本へやってきた「唐通事(とうつうじ)」と呼ばれる人たちが日本へ来る途中で亡くなったり、日本へ来てから亡くなったときにその霊を弔うために行われていました。

彩舟流しは、毎年行われる「小流し」と20年~30年に一度行われる「大流し」があります。

小流しは、4m程の船を作り、その年に亡くなった人々を供養して海に流すことで今後事故がないようにと安全祈願を行ったそうです。

大流しは、実物大の船を作って港を回った後に浜で船を焼いて、亡くなった人々を弔ったそうです。

 

touzinyasiki053

 

「万灯流し」や「菰包みの川流し」が由来という説

全国各地で行われている「万灯流し(まんとうながし・小舟にちょうちんを置いて流す)」「菰(こも・藁などで編んだむしろ)包みの川流し」などが、長崎で独特の変化を遂げ「精霊流し」になったのではないかといわれています。

 

「長崎名称図絵」の記録が由来という説

「長崎名称図絵(ながさきめいしょうずえ)」には、江戸時代享保年間(1716年~1735年)の頃に、「物好きな男が小舟に供物を積んで流した」と記されており、それをほかの人たちが真似をしたことから精霊流しが始まったという説があります。

 

儒学者の「盧草拙」が由来という説

他にも同じ享保の頃、長崎の中島聖堂の学頭(がくとう・校長や主席の教師のこと)をしていた「盧草拙(ろうそうせつ・後に幕府天文方となる)」という儒学者が、市民が供物を菰に包んで流しているのを見て「これでは霊に対して失礼ではないか」ということで、小舟に乗せて流したのが起源であるという説もあります。

 

 以上のように諸説いろいろありますが、未だ定説はないようです。

 

  

爆竹の意味とは?

 精霊流しで爆竹が使われるのは、彩舟流し(さいしゅうながし)の唐通事(とうつうじ)の風習が影響しているようです。

中国で爆竹は魔除けの意味があるため、精霊船が通る道を清めるために爆竹を鳴らしたといわれています。

しかし、近年は「派手に鳴らしてやろう」という意味合いが強くなり、その危険行為が問題視されているそうです。

そのため、交通整理にあたる警察官たちも、爆竹が鳴る時は耳栓をしているそうです。

それくらいものすごい音がするのでしょうね。

   shouryou2

 

精霊流しが行われる周辺のコンビニでは耳栓が売られているようですので、見に行く際は忘れずに準備しておくといいですね。

場所は長崎市中心部で、日程は毎年8月15日の17時ごろ~22時ごろです。

ただし、一斉に17時ごろ始まるわけではないので、家庭によっては昼過ぎに爆竹を鳴らして精霊流しをすることもあるそうです。

公共交通機関を利用して、早め早めに行動するといいですね。

 

関連:灯篭流しの意味とは?2021年の時期はいつ頃?灯篭流しの作り方!

関連:九州のお祭り「くんち」の語源や意味、由来とは?日本三大くんちとは?

 

-8月

© 2021 日本文化研究ブログ - Japan Culture Lab