未分類

【浴衣・着物】男女で右前・左前どっち?洋服とは違う?

洋服を着る時、男女でボタンの掛け方が違いますよね。

では、浴衣や着物はどうでしょうか?

男性と女性で、右前・左前が決まっているのでしょうか?

わかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク


右前・左前とは?

右前・左前の「前」には「手前」という意味があります。

着物や洋服を着る時に、自分の手前(自分に最も近い位置)に右と左どちらの襟(えり)が来るかを考えるとわかりやすいです。

 

「右前」とは、着る人から見て右側の襟が下になることをいい、左側が上になります。

「左前」は、右前の逆になります。



右前

右前



 

浴衣や着物、男女で右前・左前どっち?

浴衣や着物は、男性も女性も「右前」です。

洋服を着ることに慣れている私たちは、男性と女性で左右が異なるのではないかと思ってしまいますが、和服の場合は男女の違いはありません。



右前

右前



 

お葬式の際には、亡くなった人に死装束を着せる時に「左前」にしますが、このことを「逆さごと」といいます。

「逆さごと」は、この世(私たちが暮らす世界)とあの世(死者の世界)を区別するためにお葬式の中で行われる習慣のことで、死という非日常と区別するため、普段の生活で行うことを逆の方法で行うことです。



死装束・左前

死装束・左前


そのため、浴衣や着物を「左前」で着ていると「縁起が悪い」と注意されたり、着付けのやり直しをすることになります。

 

スポンサーリンク


洋服はなぜ男性が「右前」で女性が「左前」なの?

洋服の場合は、和服(浴衣や着物)と違い男性が「右前」で女性が「左前」です。



右前

右前


ボタンのある洋服を思い浮かべてください、男性は右側にボタン、左側にボタンホールがあり、女性は逆に左側にボタン、右側にボタンホールがありますよね。

ボタンの付いている側が自分の手前(自分に最も近い位置)に来るので男性は「右前」、女性は「左前」になることがわかりますよね。

 

 

では、なぜ洋服は男女で右前と左前があるのでしょうか?

 

理由は諸説あるようです。

 

ヨーロッパの上流階級が由来という説

ボタンが使用され始めた当初、お金持ちしかつけられない高級品でした。

お金持ちの女性が着ていた洋服は複雑で使用人に着替えを手伝わせていました。

その結果、対面した使用人がボタンを留めやすいようにボタンが左側につけられ「左前」になったという説があります。

 

一方、男性は使用人にボタンを留めてもらうことが少なかったため、自分で留めやすい右側にボタンがつけられ「右前」になったといわれています。

 

ちなみに外国でも日本と同様右利きの人の方が多いので、洋服も基本的に右利き仕様です。

右利きの人の場合、左手でボタンホールを抑え右手でボタンを通す方が留めやすいのです。

 

軍服が由来いう説

男性の服のデザインは軍服が起源のものが多いです。

剣で戦っていた時代、左腰に剣を差し右手で抜きます。

この時、「左前」だと剣を抜くときに柄の部分が服に引っ掛かり、剣が抜きづらくなってしまうのです。

そのため「右前」になったという説です。

 

 

また、銃を懐に持ち歩くようになってからは、右利きの人は右手で素早く銃を抜けなければなりません。

内ポケットに右手をすぐ入れられるよう、右側が開いていた「右前」方が好都合だったのです。

一瞬の差が命取りになる戦いに適した「右前」にしたという説です。

 

授乳をするのに適していたという説

男性が戦いに適した仕様だったのに対し、女性は赤ちゃんのお世話をするのに適していた仕様だったのではないか、と言われています。

右利きの人がほとんどのため、多くの女性は右手が自由になるような体勢で授乳をします。

左手で赤ちゃんを抱っこし、右手でボタンをはずして授乳したほうが効率的だったので「左前」になったという説です。

 

乗馬に適していたという説

16世紀ごろ、女性はスカートを履いていたので、馬の左側に両足をそろえ、横すわりの状態で乗馬を行っていました。

この際、体の右側が前を向くことになり、前方からくる風を右側で受けることになります。

もしボタンが右についていたら、風が服の中に入り込みやすくなります。

そのため、左にボタンが付いた「左前」の方が都合がよかったのではないか、という説があります。

 

異性装禁止令に対して明確な態度を示したという説

「異性装禁止令」とは、男性が女装をすること・女性が男装をすることを禁止した法律のことです。

異性装(男装・女装)は、宗教的、社会的規範を乱すとして西洋では古代から時々問題になっていたようです。

 

19世紀ごろ、女性の間で男性風の服を着ることが流行ったのですが、異性装禁止令のため公共の場で男装をすることが禁止されていました。

そこで、ボタンの留め方を男性とは逆にし、「左前」にすることで「これは女性用の洋服だ」と証明したのではないかと考えられており、その風習が残っているという説があります。

 


 

洋服は男性と女性で「右前」と「左前」が異なりますので、浴衣や着物を着る時に「どっちが前だっけ?!」と悩んでしまう人も多いかもしれませんね。

和服の場合は男女の区別はなく「右前」だと覚えておきましょう!

洋服がなぜ男性と女性で異なるのか明確な理由はわかりませんが、現在は性別を気にせず着られる洋服が増えていますし、自分の性別とは異なる洋服を着たいという人もいますので、洋服の男女差は曖昧になっていくのかもしれませんね。

 

関連:着物・浴衣・振袖の違いと見分け方とは?

関連:「逆さごと」の意味とは?どんな種類があるの?

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-未分類