日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

除夜の鐘の意味とは?108回の理由と鐘をつく時間帯など

   

joyanokane_yuki

一年の締めくくり大晦日には、年越し蕎麦を食べたりテレビを見ていたり様々な過ごし方をしていると思いますが除夜の鐘の音が聞こえてくるといよいよ1年が終るなとしみじみ感じますよね。

毎年大晦日の夜に鳴らすこの除夜の鐘、いったいどういった意味があるのでしょうか?鐘をつく回数や時間帯に決まりはあるのでしょうか?

スポンサードリンク


除夜の鐘とは?

まず除夜の鐘とはどういった意味なのでしょうか?

「除夜」とは「旧年を除(のぞ)く夜」という意味で、12月31日の大晦日の夜の事を言います。除夜につく鐘なので除夜の鐘という事ですね。

鐘をつく回数108回とされており、この108回という数の意味には諸説あります。人間の煩悩の数が108つとされ、この煩悩を祓うという意味という説が一番有名ですね。

除夜の鐘をつき、その音を聞くことによってこの1年のうちに作った罪を懺悔し、罪を作る心を懺悔し、煩悩を除き、清らかな心になって新年を迎える為の行事なのだそうです。

4003

鐘のつき方やつく時間帯は地方や寺院によって違い、「年内に打ち終えて清浄の身となって新年を迎える」という所や、「年内に107回打ち終えて、新年を迎えてから最後の1回を打つ」という所、「大晦日から新年にかけて年をまたいで108を打つ」という所などがあります。

 

スポンサードリンク


108回の意味

人間の煩悩の数が108つと言われ、除夜の鐘ではその108つの煩悩を祓うと言われていますがそもそもその煩悩とはどういったものなのでしょうか?

仏教の中の言葉で、心身を悩まし苦しめ、煩わせ、惑わし汚す精神作用のような意味です。心の乱れを生み出すものというような意味もあるようです。

bonnou_b

煩悩の内容についても諸説ありますが一説には、「六根(ろくこん)」と言われる人間の体全体の働きを現わす「眼・耳・鼻・舌・身・意」というものにそれぞれ「好(コウ)・悪(アク)・平(ヘイ)」(良い・悪い・どちらでもない)という三種があり、まずこれで「18」。さらに「六塵(ろくじん)」と言われる人心に入って清らかな心をけがすものとして「色・声・香・味・触・法」というものにそれぞれ「苦(ク)・楽(ラク)・捨(シャ)」(苦しい・楽しい・どちらでもない)という三受(サンジュ)があり、こちらも「18」。それぞれを合わせて36個となり、さらにそれぞれを三世(サンゼ)「過去・現在・未来」の分として数えた数が「108」になると言われています。

また108の数は一年間を表すという説もあり、月の数が「12」、二十四節気の数が「24」、七十二候(古代中国で考案された季節を表す方法)の数「72」を足した数が「108」になる為、1年をあらわすとされています。

さらに四苦八苦が由来となっている説もあり、四苦=”4×9”、八苦=”8×9”がそれぞれ36と72になり足して「108」という考え方です。

 jyoyanokane20(3)

除夜の鐘はその寺院の僧侶の方がつくところもあれば、寺院によっては参拝客につかせてくれる所もあるそうです。もしお近くにつく事が出来る場所があれば、今年は自分の手で鐘をつき、煩悩や穢れを祓って清らかな気持ちで新年を迎えるというのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 12月