日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「鯉のぼり」飾る時期としまう時期は?吹き流しの意味とは?

   

koinobori003
5月5日はこどもの日ですね。

そして、端午の節句(たんごのせっく)でもあり、男の子の誕生と成長を祝う日です。

この日が近づくと、男の子のいるご家庭では鯉のぼりを飾るようですが、いつからいつまで飾っておくのが良いのでしょうか?

また、鯉のぼりには「吹き流し」というものがついていますが、その意味はなんでしょう?

今回は、鯉のぼりについて調べて行きましょう。

スポンサードリンク

鯉のぼりとは?

鯉のぼりを飾る端午の節句は、奈良時代に中国から伝わってきた厄払いの行事です。

元々、女性が行う厄除けのための行事でしたが、鎌倉時代になると厄除けに使われていた菖蒲(しょうぶ)が、武家の間で「尚武(武道を重んじるという意味)」と同じ読みで縁起が良いということで盛んに行われるようになりました。

そして江戸時代になると、幕府が端午の節句を「重要な年中行事」として制定しました。

関連:端午の節句の意味と由来とは?なぜ柏餅、粽(ちまき)を食べるの?

最初は江戸城で将軍や、そこに生まれた男の子のお祝いをしていました。

このとき、のぼりを立てて祝う風習があったそうです。

この風習が江戸城から武家へ、武家から庶民へと広っていきます。
100_views_edo_063

庶民ものぼりを立てて祝うようになってから、鯉のぼりが考案されました。

中国の故事に「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」というものがあります。

「登竜門」という言葉の元になった故事ですが、「男児の成長と出世を願う」いう意味を込め、鯉のぼりを飾るようなったそうです。

また「鯉は清流だけではなく池でも沼でも生きられる生命力の強い魚」ということから、男の子が環境の良し悪しに関わらず、立派に成長し出世するように願ったともいわれています。


吹き流しの意味とは?

鯉のぼりには、鯉だけではなく五色の吹き流しがつ飾られています。

この、吹き流しの五色の色にはそれぞれ意味があります。

これは、古代中国の五行思想(万物は木、火、土、金、水の5種類の元素からなるという自然哲学の思想)が由来とされ、吹き流しの青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒は水を表現しています。

ただし、染料や色彩認識の関係で、昔も今も青は緑、黒は紫で表されることが多いので、実際には緑・赤・黄・白・紫になっていることもあります。071-f-600x600

この5種類の元素は、万物をなすものとらえられており、この五色が揃うと「魔除け」として威力を発揮すると言われています。

また、この吹き流しには「神様にはやく気づいてほしい」という気持ちも込められているそうです。より早く神様に気づいてもらうために五色の吹き流しをつけて目立つようにしたともいわれています。

スポンサードリンク


鯉のぼりを飾る時期としまう時期は?

鯉のぼりを飾る時期、しまう時期は特に決まりがありません。

地域や家庭によっても異なり、飾る時期は「春のお彼岸が過ぎたら」「ひな祭りが終わってから」という人もいらっしゃいます。

3月3日のひな祭りでひな人形を飾っているご家庭では、それを片づけてから鯉のぼりを出すのが一般的です。

ひな人形と鯉のぼりを一緒に飾ってはいけない理由はないのですが、先に飾っているひな人形を優先し、片づけてから鯉のぼりを出す人が多いようです。

早いところでは3月3日を過ぎてから、遅くても4月中には飾ります。

また、しまう時期は5月5日を過ぎたらすぐに片づける人もいますし、6月まで飾っておく地域もあるようです。

飾る時期も、片づける時期も、決まりがありませんが、どちらもお天気の良い日を選びましょう。

特に、片づける日が遅くなると梅雨になってしまいますので、鯉のぼりを大事に保管するためにも、梅雨になる前のお天気の良い日を選ぶといいですね。

ill_0416

昨今の住宅事情から、住宅密集地では小さな鯉のぼりしか見かけません。

しかし、都会を離れると、広い庭に男の子の名前の書かれたのぼりと、大きな鯉のぼりを飾っているのを見ることができます。

大きな鯉のぼりは迫力がありとても立派ですが、小さな鯉のぼりも込められた気持ちは同じですよね。

青空を泳ぐ鯉のぼりに、男の子の誕生への感謝と、健やかな成長の願いをかけましょう。

スポンサードリンク

 - 5月