日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

旧暦とは?新暦との違いって何?旧暦の月の覚え方

   

a32ea050-9d85-4d79-9f2e-09248fa05d86

日本には、古くから受け継がれてきた風習がたくさんありますね。

その中には同じ日に行われるものもあれば、地域によって日にちが違うこともあります。

たとえば、七夕はほとんどの地域が7月7日としていますが、有名な「仙台七夕まつり」は毎年8月6日~8月8日に行われます。

一か月も遅れて行われるのは、旧暦をもとにしているからなのです。

では、その旧暦とは一体何なのでしょう?

普段私たちが使っている新暦との違いについて調べてみたいと思います。また、旧暦の月の覚え方もご紹介いたします。

スポンサードリンク


 旧暦とは?

 現在私たちが使っている暦は、「太陽暦(グレゴリオ暦)」です。

この太陽暦が採用されたのは明治5年(1872年)で、それまでの暦を「旧暦」、太陽暦を新暦と呼んでいます。

 一般的には改暦があった場合、それまでのものを「旧暦」といい、それからのものを「新暦」といいます。

それでは日本の暦の変遷を見ていきましょう。

6cff21583d257003fea69ced54ffa375

 日本では飛鳥時代(592-710)に中国式の「太陰太陽暦(たいいんたいようれき)」である元嘉暦を導入以来、和暦として使用していました。

その後、862年に導入された宣明暦は800年にもわたって使われましたが、江戸時代の1685年に日本独自の太陰太陽暦である貞享暦への改暦され、以後、貞享暦(1685-1755)、宝暦暦(1755-1798)、寛政暦(1798-1844)、そして天保暦(1844-1872)を最後に太陽暦(グレゴリオ暦)に改暦され、太陰太陽暦はその歴史に幕を閉じます。

太陽暦への改暦の直前に使われていた「天保暦」と呼ばれる暦法のことを、一般には「旧暦」と呼んでいます。


旧暦と新暦との違いは?

旧暦は、月の満ち欠けで一か月を数えていました。

新月を月のはじまりとして1日と考え、次の新月が来ると次の月の1日としました。

新月から新月は平均して29.5日間ですので、一年間が354日になっていました。

太陽暦の1年より約11日短いため、だんだんと季節とずれていってしまいます。そして、ひと月分のずれがが生じたときに、「閏月(うるうづき)」を設けてずれを調整していました。

閏月は平均すると19年に7回ぐらいの割合で入ります。

saisa2000a

旧暦が月の満ち欠けを基準にしているのに対し、新暦は地球が太陽の周りを回る周期を基準にしています。

地球が太陽の周りを一回りするのにかかる時間は365.24219日です。

そのため、1年間を365日とし、4年に一度366日にして調整しています。

366日になる年を「閏年(うるうどし)」といいます。

 

スポンサードリンク


旧暦の月の覚え方

 現在のように1月、2月・・・と数字で表すだけではなく、1月を睦月、2月を如月・・・と、旧暦では各月にそれぞれ呼び名がありました。

由来を考えると、覚えやすくなりますよ。

17_excerpt

・1月 睦月(むつき)

お正月に親族が集まり仲睦まじくする月

・2月 如月(きさらぎ)

寒さから、衣を重ね着する月→着更着

・3月 弥生(やよい)

暖かくなり草木がいよいよ生い茂る月→いよ生い→いやよい→やよい

・5月 皐月(さつき)

早苗(さなえ)を植える月→早月

・6月 水無月(みなづき)

田んぼに水を引く月

・7月 文月(ふみづき・ふづき)

七夕に歌や文を書く月

・8月 葉月(はづき

木々の葉が落ちる月、旧暦の8月は新暦の9月ごろになるので秋なのです。

・9月 長月(ながつき)

秋の夜長、夜がだんだん長くなる月

・10月 神無月(かんなづき)

日本各地の神様が出雲大社に集まるので、出雲地方では「神在月(かみありづき)」というそうです。ほかの地域では、神様がいない→神無→神無月といいます。

・11月 霜月(しもつき)

寒くなって霜が降りる月

・12月 師走(しわす)

忙しくて師匠も走り回る月

december-2

日本に古くから伝わる風習を調べていくと、旧暦という表現が多くあります。

新暦との日付のずれが生じているのはなぜだろう?と思っていましたが、そもそも一か月間の日数が違っていたのですね。

改暦されたときに、日付はそのまま新暦の日付に受け継がれている行事がたくさんありますが、最初に書いた仙台七夕まつりのように旧暦をもとに行う地域もあります。

旧暦と新暦、どちらをもとに行うとしても、その風習を大事にしていることに違いはありませんね。

現在は数字で1月、2月・・・と統一されている月の呼び方ですが、旧暦では漢字を当てはめて呼んでいたのです。日本らしい風情のある呼び方だと思いませんか?

使う機会はなかなかないかもしれませんが、日本の四季を感じることのできる呼び方を覚えておくのもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 未分類