日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

終戦記念日はいつ?8月15日は日本だけ?

      2015/08/12

l_02

1945年に第二次世界大戦が終結し、今年2015年で終戦から70年になります。

日本は国土にも空襲を受け、人類史上初のそして今のところは唯一の原子爆弾の被災国となっています。

被害は甚大で、大きな傷跡を負った日本。凄惨な状況だった戦争、この悲劇を繰り返さない為にも終戦記念日とはいつなのか、どういうものなのか改めて振り返りたいと思います。

スポンサードリンク


終戦記念日。日本では。

終戦記念日とは、第二次世界大戦が終結したことを記念する日の事を言います。日本の終戦記念日は8月15日となっていますが、なぜこの日が終戦記念日となったのでしょうか。

第二次世界大戦中、日本は真珠湾攻撃を皮きりに始まった太平洋戦争の真っただ中でした。その後勢いに乗り太平洋の島々を占拠していった日本ですが、1942年に起こったミッドウェーでの海戦を機に戦況は少しずつ悪くなっていきます。物資も乏しくなり、追い詰められていく日本。

東京に大空襲を受け、8月6日にはついに広島に原爆投下、さらに8月9日には長崎に原爆が投下されます。

ここまで甚大な被害を受け、日本はついに8月14日にポツダム宣言(アメリカ・イギリス・中華民国からの日本への降伏要求の最終宣言)を受諾。8月15日に昭和天皇の肉声による玉音放送にて、日本国民に発表されました。

gyokuonhousou-1

8月15日は日本国民に大日本帝国の敗戦が伝えられた日なのです。

その後、1982年にこの日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」として終戦記念日に定める事が閣議決定されました。

スポンサードリンク


海外の終戦記念日(戦勝記念日)

では、海外でも終戦記念日は8月15日なのでしょうか。

連合国側であるアメリカ、イギリス、フランス、カナダでは大日本帝国政府が公式にポツダム宣言による降伏文書に調印した1945年9月2日を指すことが多く、その日を対日戦勝記念日(VJ Day)と呼んでいます。

また、同じく連合国の中華民国(現台湾)、連合国ではない中華人民共和国では9月3日対日戦勝記念日とされています。

連合国ではない、朝鮮半島では日本統治から正式に解放された日付は9月2日ですが、VJ Dayにあたる光復節(韓国)解放記念日(北朝鮮)8月15日となっています。

少し複雑なのがロシアです。こちらはソビエト連邦時代は9月3日を対日戦勝記念日としていました。これは、ソビエト連邦政府が降伏文書調印の翌日に戦勝記念式典を開いたことからこの日を対日戦勝記念日としていましたが、その後ロシア連邦となっても同じく9月3日としていました。しかし、2010年7月14日に連邦議会が9月2日を「第二次世界大戦が終結した日」とする法案を可決したことにより、現在では9月2日が事実上の対日戦勝記念日となっています。

l_01


戦争の終結と主権回復の日

終戦記念日とは別に戦争が終結したことに関連する日があります。

1952年4月28日にサンフランシスコ平和条約が発効し、戦後連合国による占領支配下にあった日本が独立国として主権を回復し、日本と、多くの連合国との間の戦争状態が終結しました。また、2013年4月28日には主権回復から60年を記念して「主権回復の日」が第二次安倍内閣によって定められ、日本政府主催での記念式典も行われました。

現在は戦争をすることもなく、平和に過ごす事が出来る日本ですが、終戦記念日という日は平和がどれほど大切で尊いものなのか再認識するきっかけになる記念日だと思います。今を生きる人たちはもちろん未来に生きる子供たちのためにも、戦争のない平和な世界が続くとよいですね。

スポンサードリンク

 - 8月, 夏の行事