日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

天狗って何?意味や由来とは?どんな種類の天狗がいるの? 

      2018/02/07


 

鼻が高くて、顔が赤くて、体が大きくて・・・その姿から、なんとなく「天狗」は怖いと思っていた方も少なくないのではないでしょうか?

現在でも、天狗の伝説が残っている地域は日本各地にありますが、そもそも天狗って何なのかご存知ですか?

今回は、天狗について調べてみましょう。

 

スポンサードリンク

天狗って何?の意味や由来とは?

天狗(てんぐ)は、「天の狗(てんのいぬ)」という意味があり、「狗」は「犬」のことで古くから日本に伝わる伝説上の生き物です。

地域によって天狗は神様と同一視されたり、妖怪という扱いをされたり様々です。

一般的に、山奥深くに住んでおり、鼻が高い、顔が赤い、体が大きい、空を飛ぶ、天気を操る力を持つ、山伏の姿をしている、葉っぱのうちわを持っているなどのイメージが強いです。

 

天狗の起源は中国だといわれています。

古代中国での天狗は、凶事(不吉なこと・良くないこと)を知らせる「流れ星」を意味するものだったそうです。

流れ星は隕石が大気圏に突入するときに観測できますが、地表近くまで落下すると空中で爆発して大きな音が響きます。

その時の音が犬の咆哮(ほうこう・たけりほえること)に聞こえ、隕石が輝きながら落ちていく様子が、犬が天を駆け降りるように見えたことから「天の狗」つまり「天狗」の語源となったのだそうです。


 

また、月食も天狗の仕業だと考えられていました。

当時はなぜ月食が起こるのかがわかっておらず、説明がつかない現象だったため「天の狗が月を食べている」と考え、不吉なものとされていました。

流れ星や月食のように不吉と考えられていたことと天狗が結びつき、天狗に悪いイメージが定着したようです。

 

日本では日本書紀(720年に天武天皇の命によって舎人親王が中心となって作られた、朝廷の公式歴史書)に初めて天狗が登場します。

雷のような轟音とともに現れた流れ星を見て人々が「流れ星だ」と騒いでいるとき、中国(当時は唐)から帰国した僧が、「流れ星ではない。これは天狗だ。」と言ったそうです。

しかし、平安時代(794年~1185年)中期の「うつほ物語(宇津保物語)」という長編物語が成立するまで天狗のことを記した書物はなく、日本書紀に記された「天狗=流れ星」という中国の考え方は定着しなかったようです。

天狗は、日本各地で独自の進化をし、神様として祀られたり、妖怪として恐れられたり、さまざまな伝説とともに語り継がれるようになりました。

 

また、天狗の正体は外国人だという説もあります。

外国との交流がなかった時代、船が難破して日本に漂着した外国人が山奥に住み着いたとか、初めて外国人を見た日本人が自分たちとあまりにも異なる姿から恐れを抱いて妖怪扱いしたといわれています。

 

スポンサードリンク


どんな種類の天狗がいるの?

以下のような種類の天狗がいます。

 
●大天狗

天狗の中で最も強い神通力を持っており、神様に近い存在または神様そのものと考えられています。

人間に近い顔形をしていますが、鼻が高く、体は大きく、赤ら顔です。

背中には翼を持つものが多いですが、鬼や人間の姿で描かれることもあります。

大きな葉っぱのうちわを持っており、このうちわは大風を巻き起こしたり天候を操ることができるといわれています。

修行をし、優れた力を持った山伏(山へ籠って厳しい修行をする人)が死後に大天狗になるといわれ、山伏の姿をした天狗は生前、山伏だったと考えられています。

 


 
●小天狗

大天狗よりも位が低く、小柄です。

「烏天狗」や「木の葉天狗」も小天狗といわれています。

 
●烏天狗

大天狗より小柄で、嘴(くちばし)があり、空を飛ぶ翼をもっています。

僧が身を護る錫杖(しゃくじょう)を持っており、武器として使っています。

 


 
●木の葉天狗

江戸時代(1603年~1868年)の文献に登場する天狗で、烏天狗と同じような姿かたちのほかに、オオカミの姿をしていたり、人の姿をしていたりと、さまざまな説があります。

 
●女天狗

女性の天狗で、美しい女性の姿をしており、背中の翼がなければ天狗とはわからないほどだといわれています。

また、人を見下したりおごりたかぶったりした尼(女性の僧)は「尼天狗」になるそうです。

 
●神様としての天狗

日本各地で神様として祀られている天狗には、それぞれ名前があります。

滋賀県の比叡山では「法性坊(ほうせいぼう)」、福岡県の英彦山では「豊前坊(ぶぜんぼう)」、京都府の鞍馬山では「僧正坊(そうじょうぼう・別名、鞍馬天狗)」、静岡県の秋葉山では「三尺坊(さんじゃくぼう)」など、古くから信仰されています。

 

僧正坊



 

英語でなんていうの?

英語圏には天狗の伝説はありませんので、日本語の天狗をそのまま英語で表現することは難しいですが以下のように表現されるようです。

● a long-nosed goblin (鼻が長い小鬼・生き物)

また「with a fun of leaves in his hand(葉っぱのうちわを持っている)」「with wings on his back(背中に翼を持つ)」等を付加するとわかりやすくなるかもしれませんね。

天狗はなぜ山伏の姿をしているのかな?と思っていましたが、修行をした山伏が天狗になることがあるということなのですね。

山伏は「頭襟(ときん)」といわれる帽子をかぶっているので、天狗もその帽子をかぶっている姿の絵が多く残っているようです。

性別も男性だけではなく、女性の天狗もいるんですね。

一言で天狗といっても、多くの種類があることがわかりましたね。

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類