日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

鶴と亀はなぜ縁起がいいの?実際の寿命はどれくらい?

   

103

縁起が良いものの代表的なものとして、鶴と亀がいます。

結婚式や長寿のお祝いなど、おめでたい席には欠かせませんし、「鶴は千年 亀は万年」という言葉もあります。

ですが・・・実際の寿命はどのくらいなのでしょうか?

今回は、鶴と亀についていろいろ調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


鶴と亀はなぜ縁起がいいの?

 もともとは、古代中国で鶴と亀を長寿の象徴としていたものが日本に伝わったといわれています。

鶴は夫婦仲が良く、一生連れ添います。このことから「夫婦鶴(めおとづる)」と呼ばれ、夫婦仲の象徴でもあります。

また、鳴き声が遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」ともいわれています。

これらに加え、鳥類の中では鶴は長生きすることから長寿の象徴となり、民衆に「めでたい鳥」と思われていたそうです。

長寿の願いを込めて折り紙で鶴を折り、千羽鶴にする習慣は室町時代(1336年~1573年)に始まり、江戸時代(1603年~1868年)には病気回復や必勝祈願など、現在のようにさまざまな願い事をするために千羽鶴を作るようになったといわれています。 E68A98E3828AE9B6B4_E8B5A4

亀は古代中国では仙人が住む蓬莱山(ほうらいさん)の使いとされ、知恵と長寿を象徴する動物とされていました。

この象徴がそのまま日本にも伝わり、鶴とともに長寿を象徴する吉祥の動物とされ、縁起が良い生き物といわれています。

また、亀は硬い甲羅をもつことから、インドやギリシャでは「世界を支えている」という伝説もあり、不動の象徴とされています。

  

スポンサードリンク


実際の寿命はどのくらい?

 「鶴は千年 亀は万年」といわれていますが、本当のところはどうなのでしょう?

 鶴は正確なデータはないそうですが、20年~30年生きるといわれています。

ほかの鳥の寿命は3年~10年程度といわれているので、鶴は鳥類の中では随分長生きするようです。

亀は種類によりますが、100年以上生きるものもいます。

ガラパゴス諸島には推定200年を生きている亀もいるそうです。

鶴と亀が長寿の象徴になったのは、ほかの生物より長生きしているからといわれています。


浦島太郎のお話

C644

 私たち日本人が良く知っているお話のなかに「浦島太郎」があります。

浜で助けた亀に連れられて、竜宮城へ行き、乙姫に出会い、楽しい時間を過ごすけれどやはり自分のいた場所に戻りたいと願い、浜へ戻ります。

しかし、すでに長い時間が経っていて知り合いが一人もいなくなってしまった浦島太郎は、帰り際に渡された「絶対に開けてはいけない」玉手箱を開けてしまって、老人になってしまった・・・というお話ですが、これには続きがあるそうです。

 浦島太郎は老人になったあと、鶴になって乙姫のところへ飛んで行ったそうです。

 乙姫が浦島に渡した玉手箱には、実は浦島の魂が封じ込められており、浦島は老いない体になっていたそうです。これは乙姫が「浦島にもう一度会いたい」と思っていたからなのですが、浦島はそうとは知らずに玉手箱を開けて老人になってしまいます。

そして、鶴になった浦島は乙姫のところへ飛んでいき、乙姫は亀に姿を変え、永遠ともいえる長い時間、愛し合ったということです。

 このお話の中でも、鶴と亀が長寿の象徴として扱われていますね。

E38186E38289E38197E381BEEFBC94

 鶴と亀の本当の寿命は千年も万年もありませんが、ほかの生物に比べると長寿であることがわかりました。

現在の日本人の平均寿命は80歳を超えますが、千羽鶴が始まったといわれる室町時代の平均寿命は33歳と言われています。

平均寿命が33歳の人々が、30年生きる鶴や、100年生きる亀を見たら、長寿の象徴として大切にするのもわかる気がしますね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類