日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

元号「令和」の意味と由来とは?明治・大正・昭和・平成の意味と由来も紹介!

      2019/04/04

2019年4月1日に、新元号「令和」が発表されましたが、みなさんはどのように発表をご覧になりましたか?

職場の人たちとテレビを見守った人、外出先でスマートフォンなどでご覧になった人、タイミングがあわなくて後から知った人もいたかもしれませんね。

今回は、新しい元号の「令和」の意味や由来を調べてみました!

「明治」「大正」「昭和」「平成」の意味と由来もご紹介しますね!

 

スポンサードリンク

元号「令和」の意味と由来とは?

令和の読み方は「れいわ」です。

発表は2019年4月1日に行われましたが、実際に施行されるのは新天皇が即位される2019年5月1日からです。

 

「令和」の由来は「万葉集(まんようしゅう)」です。

万葉集とは、現存する日本最古の和歌集で、誰がどのような目的で編纂(へんさん・いろいろな材料を集め書物などにまとめること)したのかなど、詳しいことはわかっていませんが、759年に成立したと考えられており、天皇や貴族だけではなく、庶民の詠んだものまで、4500首以上もの和歌が集められています。

これまでの元号は中国の古典から引用していましたが、「令和」は初めて日本の古典から引用されました。

 「令和」は、万葉集の「梅花の歌32首の序文」にある歌を引用しています。

 

『初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す』

(しょしゅんのれいげつにして きよくかぜやわらぎ うめはきょうぜんのこをひらき らんははいごのこうをかおらす)

 

歌の意味は「初春の良き月、空気は麗(うら)らかにして爽やかで、梅は鏡の前のおしろいのように咲き、蘭は身を飾る匂い袋のように香っている」です。

 

「令月」とは、何事をするにも良い月、めでたい月という意味があり、旧暦の2月の異称でもあります。

5月1日に天皇となられる皇太子殿下のお誕生日は2月23日なので、天皇誕生日を意識した元号だという意見もあるようです。

万葉集は我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴するもので、「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる。」という意味が込められています。

 

スポンサードリンク

明治・大正・昭和・平成の意味と由来とは?

■明治(めいじ)

中国の「易経(えききょう)」の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」という一文が由来です。

「聖人南面して天下を聴き、明に嚮(むか)ひて治む」と読み、「聖人が南に顔を向けてとどまることを知れば、天下は明るい方向に治まる」という意味があります。

 
■大正(たいしょう)

中国の「易経」の「大亨以正、天之道也」という一文が由来です。

「大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり」と読み、「天の徳がゆきわたり、政が正しく行われる」という意味がります。

 
■昭和(しょうわ)

中国の「書経(しょきょう)」の「百姓昭明、協和萬邦」という一文が由来です。

「百姓(ひゃくせい)昭明にして、萬邦(ばんぽう)を協和す」と読み、「人々が各自、自分の徳を明らかにすれば、世界の共存繁栄がはかられる」という意味があります。

 
■平成(へいせい)

中国の「史記(しき)」の「内平外成」という一文と、「書経」の「地平天成」という一文が由来です。

「内平外成」は「内平かに外成る」と読み、「地平天成」は「地平かに天成る」と読みます。

こちらは「国の内外にも天地にも平和が達成されるという意味が込められており、これからの新しい時代の元号とするに最もふさわしい」と当時の竹下首相の談話がありました。

アルファベットで元号を表記する場合、「明治=M」「大正=T」「昭和=S」「平成=H」となっていることから、新元号はM・T・S・Hとは異なるアルファベットがになると予想されていましたが、「令和=R」となりましたね。

「令和」の「令」は「命令」や「法令」というイメージが強いという意見もあるようですが、「令月」は「めでたい月」ですし、「ご令嬢」や「ご令息」のように「良い・素晴らしい」という意味があるのです。

日本語にはいろいろな意味がありますから、今回の発表で初めて「令」の意味を知った人も多いかもしれませんね。

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類