11月 3月

十六団子の意味と由来とは?なぜ16なの?十六団子を食べる地域はどこ?


 

十五夜の美しいお月様を眺めながら食べるお月見団子や、桜を愛でながら食べるお花見団子、お盆に食べる迎え団子や送り団子など、お団子を食べる行事はいくつかありますが、「十六団子」という行事をご存知でしょうか?

十五夜やお花見などに比べるとあまり馴染みがなく、知らないという方も多いかもしれませんが、今回は十六団子について調べてみたいと思います。

 


十六団子の意味と由来とは?

十六団子の読み方は「じゅうろくだんご」または「じゅうろうだんご」です。

 

日本では古来から、山には神様が住んでいると考えられており、米作りを始める時期の3月16日に農耕の神様が山から田に降りてきて、収穫が終わった後の11月16日(10月16日の地域もあります)に田から山へ戻っていくといわれていました。

これを「神去来(かみきょらい)」といいます。

この3月16日と11月16日に杵と臼を使って餅つきをし、餅をつく音で、農耕の神様に山と田を行き来する日であることを知らせていたそうです。

 


 

そして、その時に餅を小さく丸め、16個の団子を作りお供えするようになったのが「十六団子」という風習です。

「十六団子」がいつ頃始まった風習なのかは定かではありません。

また、3月16日と11月16日を「十六団子の日」といいます。

 

なぜ16日で16個なの?

それではなぜ16日で16個なのでしょうか?

 

16個の団子をお供えするようになったのは、「嘉祥の日」という行事が由来です。

 

平安時代(794年~1192年ごろ)の中期、仁明天皇(にんみょうてんのう)の時代に疫病が蔓延してしまったことから、天皇は元号を「承和(じょうわ・しょうわ)」から「嘉祥(しょう・かじょう)へと改めました。

この当時は、改元のタイミングに決まりはなく、天変地異、疫病の蔓延などの理由で、縁起担ぎのために短期間で改元されるがよくあったそうです。

天皇おひとりにひとつの元号(一世一元)と決められたのは明治になってからです。

 

嘉祥と改元された年(848年)に仁明天皇が「6月16日に『16』にちなんだ菓子を神前に供えるように」という神様のお告げを聞きました。

それに従って6月16日に、厄除け・健康招福を願い16個の菓子を神前に供えた「嘉祥の儀式」が行われ、疫病が収まったそうです。

 

このことがきっかけとなり、毎年6月16日は「嘉祥の日」になりました。

そして、この日に菓子を食べる「嘉祥菓子(かじょうがし)」の習慣ができ江戸時代まで続きました。

 

十六団子は、「嘉祥の日」の日付「16日」とお菓子の数「16個」にちなみ、米作りを始める時期の3月16日と、収穫が終わった後の11月16日に16個の団子を供えるようになったのだそうです。

 


十六団子を食べる地域はどこ?

十六団子の行事は、主に岩手県や青森県などの東北地方や北陸地方で行われています。

 

団子の作り方や味付け、数などは地域やご家庭で異なるそうです。

 

現在は杵と臼を持っている家庭が少なくなったため、餅つきをすること少なくなり、米粉や上新粉などを使って団子を作り、お供えをすることがほとんどのようです。

お供えしたあとは、きなこ団子にしたり、お汁粉にしたり、地域やご家庭によっていろいろな食べ方をするそうですよ。

数も16個にはこだわらず、日付も農作業を始める時に食べたり、田植えの時に食べたりと、さまざまなようです。

昔は団子そのままを食べていたそうですが、団子だけだと物足りないため、きな粉やあずきをまぶしたり、みたらし団子にしたり、お汁粉にいれたり、醤油や砂糖で味付けするなどで食べるそうです。

 

十六団子を作る日は、年に2回あるのですね。

昔は杵と臼を使って餅つきをし、その音で神様に知らせていたこの風習ですので、現在は餅つきをすることが減っているのは少し残念ですよね。

いすれにしても、集まった人たち十六団子を美味しく食べて、楽しく過ごせると良いです

 

関連:和菓子の日の由来とは?嘉祥菓子ってなに?

 

-11月, 3月