5月 6月 7月

「五月晴れ」の読み方と意味とは?いつの季節の言葉?「五月晴れ」が季語の俳句





gahag-0013502293-1

 

「五月晴れ」というと、季節はいつを想像しますか?

「五月」というからには5月の晴れた日のことかな?と思ってしまいますが・・・本来は、5月ではないようなのです。

では、いつ頃使う言葉なのでしょう?

また、俳句の季語として用いる場合、いつの季語になるのでしょうか?

今回は「五月晴れ」について調べていきましょう。

 

 


「五月晴れ」の読み方と意味とは?

 tuyunoharemani

 

「五月晴れ」には読み方と意味が2つあります。

 

「さつきばれ」と読む場合

まずひとつめの読み方は「さつきばれ」「梅雨の合間の晴れの日」という意味があります。

 

「五月晴れ(さつきばれ)」の「五月(さつき・皐月)」とは旧暦の5月のこと現在の暦の新暦にあてはめると6月から7月ごろなります。

 

新暦は「太陽暦・グレゴリオ暦」と呼ばれ、明治5年(1872年)から採用されており、それ以前は旧暦である太陰太陽暦(たいいんたいようれき)が使われていました。

新暦では太陽の動きを基準としており、旧暦では月の動きを基準にしていたため、旧暦を新暦に換算するとずれが生じてしまうのです。

 

旧暦の5月は6月から7月ごろでちょうど梅雨の時期であることから、「五月晴れ」は梅雨の合間の晴れの日のことを指すのです。

雨続きの梅雨に訪れる晴れの日が嬉しいという気持ちが込められ、このような特別な名前が付いたのですね。

 

「ごがつばれ」と読む場合

もうひとつの読み方「ごがつばれ」「5月のさわやかな晴天」という意味がります。

 

読み方は「ごがつばれ」ですが、五月晴れ(さつきばれ)と漢字が同じであるため、意味や読み方がごちゃ混ぜになって誤用する人が多く、5月の晴れの日でも「さつきばれ」と読む人が多いようです。

「五月晴れ(さつきばれ)」は本来6月から7月ごろの梅雨の時期の言葉ですが、誤用が定着してしまったため、現在では5月のさわやかな晴天という意味で使っても間違いではありません。

 

  


「五月晴れ」の例文

●明日は五月晴れの予報が出ています。

●今日は気持ちの良い五月晴れですね!

●雨続きで洗濯物がたまっていたが、今日は五月晴れで洗濯日和だ。

 

いつの季語?「五月晴れ」が季語の有名な俳句

「五月晴れ」は夏の季語です。

「五月晴れ」を季語に用いた有名な俳句は以下のものがあります。

 

『うれしさや 小草影もつ 五月晴 (うれしさや おぐさかげもつ さつきばれ)』 正岡子規

 

『朝虹は 伊吹に凄し 五月晴れ(あさにじは いぶきにすごし さつきばれ)』 堀麦水

 

『虻出でよ しやうじの破れの 五月晴れ(あぶいでよ しやうじのやぶれの さつきばれ)』 小林一茶

 

gatag-00005176

 

 「五月という字が使われているのに、なぜ6月から7月にかけて使うの?」と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そこには旧暦と新暦のずれがあったのですね。

また言葉は時の流れとともに変化していくものですから、本来の意味とは違っていても誤用が広く認知され使われるようになれば、それもまた「正しい言葉」になっていくのかもしれません。

 

関連:旧暦とは?新暦との違いって何?旧暦の月の覚え方

関連:旧暦と新暦で日付がずれるのはなぜ?旧暦と新暦での四季(春夏秋冬)の期間の違い

関連:「五月雨」の読み方と意味とは?いつ頃に使う言葉?「五月雨式」「五月雨戦術」の意味と使い方

 

-5月, 6月, 7月

© 2021 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab