俳句・短歌・和歌

【俳句の季語一覧】小学生向け 春夏秋冬新年 月ごと(1月~12月)の季語

俳句は「5・7・5」の17文字で構成される定型詩ですが、その中に「季語」を入れるというルールがあります。

しかし、春夏秋冬、季節ごとに使える季語が決まっているため、どのような季語があるのかを知っておかないと俳句を作ることができません。

そこで、今回は、小学生のみなさんにもわかりやすいように1月~12月の季語をまとめてみました。

小学校の夏休みや冬休みの宿題にぜひ活用してくださいね!

 


季語とは?

「季語」の読み方は「きご」です。

季語とは、俳句に用いられる季節を表す言葉のことです。

 

季語は大きく「春」「夏」「秋」「冬」「新年」に分けられます。

「春」「夏」「秋」「冬」の季節の分け方は、二十四節気(にじゅうしせっき・1年間を24等分したもの)がもとになっており、以下のように分けられます。

 

関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方

 


 
季語分け方
春の季語立春(毎年2月4日ごろ) ~ 立夏(毎年5月6日ごろ)の前日まで
夏の季語立夏(毎年5月6日ごろ) ~ 立秋(毎年8月7日ごろ)の前日まで
秋の季語立秋(毎年8月7日ごろ) ~ 立冬(毎年11月7日ごろ)の前日まで
冬の季語立冬(毎年11月7日ごろ) ~ 立春(毎年2月4日ごろ)の前日まで
新年の季語1月1日 ~ 1月15日ごろ

また、「新年」の季語は、新しい年を祝う特別なものとして、「春」「夏」「秋」「冬」とは区別されます。

1月1日~1月15日ごろのものを指し、冬の季語と重なるものもあります。

 

free-illustration-kagamimoti-hand-drawn
 

季語は「歳時記(さいじき)」という書物にまとめられています。

歳時記は「季語」を説明した図鑑のようなものですので、ぜひ一度図書館や書店で手に取ってみてくださいね。


季語を考える上での注意点

現在、私たちが使用している「太陽暦(グレゴリオ暦)」のことを「新暦」といいます。

一方、「新暦」が採用される明治5年(1872年)以前に使用していた「太陰太陽暦」のことを「旧暦」といいます。

新暦は地球が太陽の周りを回る周期を基準にしているのに対し、旧暦は月の満ち欠けを基準にしているため、新暦と旧暦の間には1ヶ月ほどのずれが生じるので注意が必要です。

関連:旧暦の意味とは?新暦との違いって何?旧暦の月の覚え方

 

季語は旧暦をもとに区別されます。

「立春」を春の始まり始まりとし、旧暦1月を春の始まりとするので四季の区別は以下のようになります。

 
①旧暦の四季の区別
季節
旧暦の春旧暦の1月、2月、3月
旧暦の夏旧暦の4月、5月、6月
旧暦の秋旧暦の7月、8月、9月
旧暦の冬旧暦の10月、11月、12月
 

旧暦と新暦には1ヶ月ほどのずれがあるため換算すると新暦の四季の区別は以下のようになります。

 
②新暦の四季の区別
季節
新暦の春新暦の2月、3月、4月
新暦の夏新暦の5月、6月、7月
新暦の秋新暦の8月、9月、10月
新暦の冬新暦の11月、12月、1月

新暦の「立春」は毎年2月4日ごろなので、新暦2月が春の始まりになります。

歳時記は二十四節気の四季に従うのですが、おおまかに旧暦を新暦に当てはめた「新暦2月が春の始まり」で考えると良いでしょう。

 

しかし、この分け方も少し季節感がずれているように思いませんか?

現在、一般的に使われている気象学的な四季の区別は以下のように1ヶ月ずれています。

 
③気象学的な四季の区別
季節
気象学的な春新暦の3月、4月、5月
気象学的な夏新暦の6月、7月、8月
気象学的な秋新暦の9月、10月、11月
気象学的な冬新暦の12月、1月、2月

このずれの原因は、二十四節気が中国から伝わって来たためだといわれています。

二十四節気が生まれた場所は中国大陸の黄河下流域ですが、日本は海に囲まれた島国です。

大陸性気候の中国と海洋性気候の日本では気象条件が異なるため、日本人が感じる季節感は二十四節気よりも半月~1ヶ月ほど遅くなるといわれています。

そうすると「③気象学的な四季の区別」に大体合うことがわかりますよね。

季語を使う際は、このようなずれにも注意が必要です。

 

関連:四季(春夏秋冬)の期間はいつからいつまで?季節の区切り方とは?

 

旧暦の季語は旧暦で考え、新暦の季語は新暦で考える

旧暦に行われていた行事の季語は旧暦で考えます。

 

では、新暦から始まった行事についてはどうでしょうか?

新暦の季語は新暦で考えます。

 

以下、具体例を見ていきましょう。

 

旧暦の季語は旧暦で考える

「七夕」

sasanoha

例えば、東京で七夕は7月の行事なので「夏」の季語かな?と考えてしまいますよね。

しかし、もともと旧暦の7月に行われていた行事ですので、「①旧暦の四季の区別」のとおり「秋」の季語になるのです。

旧暦から新暦になったときに東京や一部地域では日付を単純にそのまま当てはめ、新暦7月7日の行事としたためこのようなずれが生じてしまうのですね。

 

関連:「お盆」や「七夕」の時期が地域によって違うのはなぜ?7月と8月の地域はどこ?

 

「十五夜」

tsukimi_jugoya

旧暦を新暦に当てはめて行う行事もあります。

「十五夜(じゅうごや・秋のお月見)」は、旧暦8月15日の日付で行わるため、新暦に換算すると日にちが毎年異なり9月中旬~10月上旬の時期になります。

新暦では毎年異なるものの、旧暦では8月15日に行われていた行事ですので「①旧暦の四季の区別」のとおり「秋」の季語となります。

ちなみに十五夜のことを「中秋(ちゅうしゅう)の名月」といいます。

旧暦の秋は、7月、8月、9月ですが、8月は秋の真ん中の月なので「中秋」というのですね。

 

新暦の季語は新暦で考える

「バレンタインデー」

バレンタインデーは2月14日の行事なので「冬」の季語のように思ってしまいますが、「②新暦の四季の区別」を見ると、2月は「春」の季語になることがわかりますね。

 

「ハロウィン」

ハロウィン10月31日に行われ、新暦になってからの行事ですから、「②新暦の四季の区別」のとおり「秋」の季語になります。

 

このように基本的に旧暦の行事は旧暦で、新暦の行事は新暦で考えます。

ただし、すべての季語が厳密に分けられるわけではありませんし、現在、私たちが感じる季節感で俳句を作ることもありますので、「だいたいこの季節」と覚えておくと良いかもしれません。

いつの季語かわからない場合は、「歳時記」で調べるといいですね。

 


俳句の季語一覧

小学生向けの俳句の季語を月ごとに一覧にまとめました。

新暦の月ごとに分けていますので、たとえば、作りたい俳句が8月行事ならば、8月から選んでくださいね。

季語は、植物、生き物、行事や生活にジャンル分けして一覧にしていますが、どのジャンルから選んでもいいです。

また、複数の月で同じ季語が入っているものについては、どの月で用いても構いません。

 

春の季語

2月4日ごろ~5月6日ごろ(立春~立夏の前日まで)

(おおまかに2月、3月、4月と考える場合もあります)


春であればいつ使っても良い季語

ジャンル季語
植物クレソン、伊予柑、木の芽、春菊、シクラメン、沈丁花(ちんちょうげ)、スミレ、ナズナ、セリ、ワカメ、ネーブル
生き物アサリ、カエル、ヒバリ、蜂、おたまじゃくし、蝶(ちょう)
行事や生活朧月夜(おぼろづきよ)、朧月(おぼろづき)、春、風船、春の夕焼け、春めく
 

2月の季語

ジャンル季語
植物梅、桃、紅梅、蕗のとう(ふきのとう)、クロッカス、ハコベ、海苔、バラの芽、ミモザ、ツバキ、ロウバイ、ほうれん草、水菜、春菊
生き物公魚(わかさぎ)、鷽(うそ)、飯蛸(いいだこ)、雪虫(ゆきむし)、サヨリ、ウグイス
行事や生活天皇誕生日、二月、睦月(むつき)、春分、初春、立春、早春、豆まき、節分、バレンタインデー、旧正月、雪まつり、建国記念の日、入試
 

3月の季語

ジャンル季語
植物桜、夜桜(よざくら)、土筆(つくし)、蒲公英(たんぽぽ)、わらび、菊の苗、韮(にら)、タラの芽、薇(ぜんまい)、春大根
生き物ウグイス、ツバメ、蝶(ちょう)、蛤(はまぐり)、公魚(わかさぎ)
行事や生活卒業式、卒業、三月、弥生(やよい)、仲春、彼岸、春一番、春風、ひな祭り、桃の節句、春分、花見、雪崩、雪解け、残雪、ひなあられ、雛人形、春休み
 

4月の季語

ジャンル季語
植物桜、夜桜(よざくら)、筍(たけのこ)、菜の花、チューリップ、アスパラガス、ハナミズキ、明日葉、スイートピー、フリージア、ハナミズキ、八重桜、若草、かりんの花
生き物鰆(さわら)、ムツゴロウ、猫の子、いかなご、ウニ、若鮎(わかあゆ)
行事や生活入学式、入学、クラス替え、入社式、新入生、新入社員、四月、卯月(うづき)、晩春、潮干狩り、イースター、エイプリルフール、昭和の日、花見、花冷え、花曇り、八十八夜、桜餅、ランドセル
 


夏の季語

5月6日~8月7日ごろ(立夏~立秋の前日まで)

(おおまかに5月、6月、7月と考える場合もあります)


夏であればいつ使っても良い季語

ジャンル季語
植物青葉、パパイヤ、パセリ、ベゴニア、ペチュニア、日日草(にちにちそう)、夏ミカン
生き物鯵(あじ)、アナゴ、アマガエル、鮎(あゆ)、アリ、アリ地獄、イモリ、蚊、蜘蛛の子、孑孑(ぼうふら)、ホタテ貝、ヤマメ、タコ、金魚
行事や生活雷、アイスクリーム、半ズボン、ソーダ水、風鈴、ラムネ、水ようかん、夏風邪、水遊び、冷や麦、そうめん、扇風機、夏
 

5月の季語

ジャンル季語
植物カーネーション、若葉、バラ、牡丹(ぼたん)、筍(たけのこ)、紫陽花(あじさい)、菖蒲(しょうぶ)、アヤメ、ルピナス、木苺(きいちご)、バナナ、いちご、キウイ
生き物子猫、初鰹(はつがつお)、巣立ち鳥
行事や生活八十八夜、立夏、端午の節句、子どもの日、母の日、田植え、初夏、こいのぼり、かしわもち、みどりの日、新茶、新緑、五月、皐月(さつき)
 

6月の季語

ジャンル季語
植物紫陽花(あじさい)、玉ねぎ、枇杷(びわ)、アイリス、ラベンダー、ガーベラ、アマリリス、葵(あおい)、どくだみ、茗荷(みょうが)、菖蒲(しょうぶ)、青梅(あおうめ)、小梅、若竹
生き物カタツムリ、ホタル、ウシガエル、ナマズ
行事や生活田植え、父の日、夏至、梅雨、仲夏、梅雨入り、六月、水無月(みなづき)、五月雨(さみだれ)、五月晴れ(さつきばれ)、梅雨空
 

7月の季語

ジャンル季語
植物茄子(なす)、トマト、ピーマン、ゴーヤー、キュウリ、パイナップル、スイカ、月見草、グラジオラス、アサガオ、向日葵(ひまわり)、蓮(はす)、ダリア、メロン
生き物蝉(せみ)、金魚、カブトムシ、クワガタムシ、テントウムシ
行事や生活梅雨明け、土用、入道雲、夏休み、花火、プール、晩夏、浴衣、七月、文月(ふみづき)、夕立ち、熱帯夜、冷夏、炎天、キャンプ、海水浴、林間学校、山開き、日傘、水着、うちわ、扇子、そうめん、水鉄砲、浮き輪、夏祭り、ダイビング、風鈴、蚊取り線香、ゲリラ豪雨、カキ氷、冷房
 

 

秋の季語

8月7日ごろ~11月7日ごろ(立秋~立冬の前日まで)

(おおまかに8月、9月、10月と考える場合もあります)


秋であればいつ使っても良い季語

ジャンル季語
植物オクラ、稲、芋、梨、菊、シイタケ、生姜(しょうが)、ヘチマ、唐辛子
生き物カマキリ、ムクドリ、鹿、鮭、啄木鳥(きつつき)、鴫(しぎ)、トンボ
行事や生活秋、夜長、秋祭り
 

8月の季語

ジャンル季語
植物スイカ、アサガオ、桃、枝豆、ほおずき、トウモロコシ、茄子(なす)、トマト、ピーマン、ゴーヤー、キュウリ、サルビア、桔梗(ききょう)、山椒の実、撫子(なでしこ)、向日葵(ひまわり)、梨、葡萄(ぶどう)、オクラ
生き物鰯(いわし)、太刀魚(たちうお)、芋虫、蜩(ひぐらし)、チャタテムシ、イナゴ
行事や生活花火、立秋、お盆、盆踊り、盆休み、終戦記念日、原爆の日、夏休み、入道雲、プール、初秋、浴衣、八月、葉月(はづき)、夕立ち、熱帯夜、七夕、天の川、残暑、うちわ、扇子、そうめん、キャンプ、水鉄砲、浮き輪、夏祭り、ダイビング、風鈴、蚊取り線香、ゲリラ豪雨、扇風機、冷房、カキ氷
 

9月の季語

ジャンル季語
植物葡萄(ぶどう)、巨峰(きょほう)、マスカット、秋茄子、コスモス、彼岸花、梨、オクラ、新米
生き物スズムシ、コオロギ、キリギリス、マツムシ、雁(かり)、赤とんぼ、秋刀魚(さんま)、鮭(しゃけ)
行事や生活台風、十五夜、十六夜、敬老の日、防災の日、中秋、イワシ雲、九月、長月(ながづき)、秋彼岸
 

10月の季語

ジャンル季語
植物木の実、紅葉(もみじ・こうよう)、金木犀(きんもくせい)、新米、柿、無花果(いちじく)、松茸(まつたけ)、栗、松ぼっくり、どんぐり、コスモス、小豆(あずき)、銀杏(ぎんなん)、かぼちゃ、さつまいも
生き物渡り鳥、百舌鳥(もず)、イノシシ、秋刀魚(さんま)
行事や生活稲刈り、秋晴れ、運動会、文化祭、晩秋、スポーツの日、ハロウィン、台風、十月、神無月(かんなづき)、冬支度、紅葉狩り
 


冬の季語

11月7日ごろ~2月4日ごろ(立冬~立春の前日まで)

(おおまかに11月、12月、1月と考える場合もあります)


冬であればいつ使っても良い季語

ジャンル季語
植物蕪(かぶ)、ブロッコリー、セロリ、大根、キャベツ、白菜
生き物甘鯛(あまだい)、ズワイガニ、フクロウ、牡蠣(かき)、鰤(ぶり)、スケソウダラ、鯨、鱈(たら)、冬眠
行事や生活冬、北風、空風、霜、毛布、おでん、綿帽子(わたぼうし)、火鉢(ひばち)、ストーブ、こたつ、暖炉、オリオン座、冬眠、重ね着、風邪、セーター
 

11月の季語

ジャンル季語
植物山茶花(さざんか)、松ぼっくり、どんぐり
生き物シシャモ、綿虫、初鱈(はつたら)
行事や生活七五三、初冬、立冬、小春、小春日和、木枯らし、霜柱(しもばしら)、十一月、霜月(しもつき)、初霜(はつしも)
 

12月の季語

ジャンル季語
植物みかん、ポインセチア、クリスマスローズ
生き物白鳥、鶴、初鰤(はつぶり)
行事や生活クリスマス、冬休み、冬至、年末、年の瀬、仲冬、スキー、初雪、スケート、氷柱(つらら)、雪だるま、雪合戦、霜柱(しもばしら)、十二月、師走(しわす)、大雪、除夜の鐘、雪遊び、年の瀬、大掃除、寒中水泳、年越し
 

1月の季語

ジャンル季語
植物水仙(すいせん)、ツバキ、七草、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、若菜、フクジュソウ
生き物寒ブリ、寒シジミ
行事や生活新年、年明け、正月、三が日、初詣(はつもうで)、初笑い、雪、鏡開き、お年玉、晩冬、氷柱(つらら)、雪だるま、雪合戦、書き初め、新春、初日の出、雑煮(ぞうに)、門松(かどまつ)、一月、睦月(むつき)、すごろく、初夢、羽根つき、寒中水泳、成人式、成人の日
 

新年の季語

1月1日~1月15日ごろ


ジャンル季語
植物七草、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、若菜、フクジュソウ
生き物伊勢エビ、数の子
行事や生活新年、年明け、正月、三が日、初詣(はつもうで)、初笑い、餅、鏡餅、鏡開き、お年玉、晩冬、書き初め、新春、初春、初日の出、雑煮(ぞうに)、門松(かどまつ)、一月、睦月(むつき)、すごろく、初夢、羽根つき、凧揚げ、コマ回し、コマ、初売り

季語は、数えきれないほどあり、時の流れとともに増え続けていまのですべてを覚えることはとても難しいです。

わからないときは、歳時記を確認してくださいね。

また、旧暦と新暦の違いによる季節感のずれについては、いろいろな季語を使って俳句を作っていくうちにどの季語を使えばいいかわかってきますよ!

 

関連:【俳句の作り方】初心者でも簡単!俳句を作る手順と作り方のコツ

 



-俳句・短歌・和歌