未分類

七福神の由来と名前とは?七福神めぐりって何?どんなご利益があるの?

engi_d03

 

七福神と聞いて、なにを思い浮かべますか?

なんとなくおめでたいイメージがあったり、宝船に乗っているのを想像したり・・・。

文字を見て「7人の福の神様」と想像する方もいらっしゃるかもしれません。

神様たちのお名前を聞けば、全員は無理でも何人かは聞いたことがある!と思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、七福神の由来、名前や意味、七福神めぐりについて調べていきましょう!

 


七福神の由来とは?

七福神の読み方は「しちふくじん」です。

 

七福神とは、福徳(ふくとく・幸福と財産)の神様として古くから信仰されている7柱の神様のことをいいます。

(神様は1人、2人ではなく1柱、2柱と数えます。読み方は「はしら」です。)

仏教経典の「七難即滅七福即生(しちなんそくめつしちふくそくしょう)七難を消滅すれば、七福が生ずる」から、七福神の信仰が生まれたそうです。

 

室町時代(1336年~1573年ごろ)のころから、幸運、金運、福を授けてくださる神様として七柱いっしょに信仰されるようになりました。

宝船に乗っている絵が多いのは、七福神が海の向こうの世界からいらっしゃるという発想からきているそうです。

 

七福神の名前と意味とは?

それでは、七柱の七福神の名前の読み方とどんな神様なのかを見ていきましょう。

 

恵比寿(えびす)

i1137

 

右手で釣竿を持ち、左手には大きな鯛を持っています。

七福神の中で唯一、日本の土着の神様です。

日本神話のイザナミ(女神)とイザナギ(男神)の間に生まれた子供(ヒルコ)とされ、大漁追福(たいりょうついふく)や商売繁盛、五穀豊穣をもたらす神様です。

漁業、商業、農業の神様として信仰され、知恵を働かせて体に汗を流して働けば、恵比寿さまが福を授けてくださると考えられています。

 

関連:えびす講の意味や由来とは?2021年はいつ?どんな行事なの?

 

大黒天(だいこくてん)

i1141

 

左肩に大きな袋を背負い、右手に打ち出の小づちを持って米俵の上に乗っています。

インドのヒンドゥー教の神様、シヴァ神の化身ですが、インドから中国へ伝わり、最澄(さいちょう・767年~822年・天台宗を開いた)によって台所の神様として日本に伝えられました。比叡山を中心とした天台宗の寺院では台所に大黒天が祀られるようになりました。

その後、台所の中心となるかまどを守る神様という側面を持つようになり、農村では田の神としての役割を、商家では商売繁盛の神としての役割をもつようになりました。

 

関連:「打ち出の小槌」とは?どんな意味や効果があるの?

 

毘沙門天(びしゃもんてん)

i1143

 

鎧を着て槍を持ち、勇ましい姿をしています。

インドのヒンドゥー教の神様、クーベラ神です。

クーベラ神は財宝の神様ですが、インドから中国へ伝わった時に軍神となったようです。

戦いの神として信仰されていますが、ほかにも無尽の福、長命の福、愛敬の福などを与えてくれると考えられています。

 

弁財天・弁才天(べんざいてん)

i1138

 

琵琶を弾いている姿をしています。

七福神の中で唯一の女神です。

インドのヒンドゥー教の神様で、サラスヴァティー神と呼ばれる財や富をもたらす女神です。

「サラス」は水を意味し、大河の偉大さを神にしたものといわれ、大河がもたらす恵みから豊穣の女神となり、流れる水の音が音楽を奏でるようだという連想から、音楽の女神にもなりました。

 

関連:「己巳の日」2021年はいつ?意味とは?銭洗い、種銭って何?

 

福禄寿(ふくろくじゅ)

i1140

鶴を伴い、背が低く、長頭で長いひげをはやした姿をしています。

中国の道教の神様です。

南極星の化身ともいわれ、福徳、人徳、長寿の神様とされています。

 

寿老人(じゅろうじん)

i1139

 

鹿を伴い、長頭で白髪、団扇と杖を持つ姿をしています。

南極星の化身ともいわれ、健康、長寿、幸福の神様とされています。

樹老人と書くこともあり、樹木の生命力から長寿を象徴しています。

また、福禄寿とあまりにも似ていることから、同じ神様として考えられていたこともあるようです。

 

布袋(ほてい)

i1142

 

大きなお腹で、大きな布袋を背負っている姿をしています。

中国の仏教からきており、唐の時代(618年~907年ごろ)に実在したとされる仏教の僧や弥勒菩薩(みろくぼさつ)の化身と言われています。

開運、良縁、子宝の神様です。

 

七福神めぐりとは?どんなご利益があるの?

七福神めぐりとは、江戸時代に広まった風習で、七福神を祀(まつ)っている寺社を巡(めぐ)ることを言います。

期間は松の内が良いとされています。

松の内は、お正月飾りを飾っておく期間のことで、関東では元日(1月1日)から1月7日まで、関西では1月15日までになりますが、この期間は年神様がが家にいらっしゃっるといわれています。

そのため、松の内には年神様のご加護を受け、福を授かると考えられています。


 

 

そして、松の内に「七福神めぐり」をすることによって、さらに、七福神からのご加護を受け、福を授かると言われているのです。

つまり、年神様と七福神から、ご加護を受け、福を授かるということでお得ということなのですね!

 

「七福神めぐり」では、「七難即滅・七福即生」のご利益があるといわれ「七つの災難から逃れ、七つの福徳を授かる」といわれています。

七難は「太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難」のことで、七福は、七福人がそれぞれ一つの福に対応しており「寿命(寿老人)、有福(大黒天)、人望(福禄寿)、清簾(恵比寿)、威光(毘沙門天)、愛敬(弁財天)、大量(布袋)」といわれています。

 

関連:松の内の意味とは?いつからいつまで?関東と関西で違う?

 


七福神は英語で何という?

七福神は英語で「The Seven Lucky Gods」「Seven Gods of Fortune」「The Seven Deities of Good Fortune」といいます。

また、七福神、七柱はそれぞれ以下のようになります。

●恵比寿・・・「God of Development」
●弁財天・・・「God of Beauty」
●布袋・・・「God of Cleverness」
●毘沙門天・・・「God of Success」
●大黒天・・・「God of Wealth」
●寿老人・・・「God of Health」
●福禄寿・・・「God of Happiness」

 


 

七福神が七柱の神様のことということはわかっていても、その中で日本の神様は恵比寿さまだけだったことに驚きますね。

インドや中国からいらっしゃった神様たちが、現在の日本でも信仰されているのは、さまざまな宗教や信仰が受け入れられている日本らしいとは思いませんか?

お正月には初詣に行く方も大勢いらっしゃると思いますが、七福神を祀っている寺社を調べて七福神めぐりをするのも良いかもしれませんね。

 

関連:【日本の神様10選!】日本の有名な神様 人気ランキング!

関連:初詣はいつからいつまで?その意味とは?神社とお寺どちらがいい?参拝の作法

 

-未分類