未分類

床の間の意味とは?何を飾ればいい?床の間の使い方のマナーとタブー



a-ayu-1

みなさんのお家に、床の間はありますか?

昨今の住宅事情で床の間のない家も増えていますが、昔ながらの日本家屋には必ずといっていいほど床の間がありました。

では、床の間とは何のためにあるのでしょうか?

また、床の間はどのように使えばいいのでしょうか?

今回は床の間について調べてみました!

 


床の間とは?

読み方は「とこのま」です。

「床(とこ)」が正式な名称で、「床の間」は俗称といわれています。

床の間は、座敷の床を一段高くした場所のことです。

また、「とこしえ(永久・永遠)」という意味もあり、その家の繁栄を象徴する場所として和室の一番良い場所に位置しています。

 

床の間の歴史

「床」という言葉は、奈良時代(710年~794年ごろ)頃は「座する場所」「寝る場所」という意味で用いられていました。

室町時代(1336年~1573年)になると、押し板(奥行きの浅い厚い板)をつけて部屋を一段高くした「上段(じょうだん)の間」と呼ばれる部屋が造られ、高貴な人や主君を迎えるための部屋として使うようになり、そこを「床(とこ)」と呼ぶようになりました。

安土桃山時代(1573年~1603年)になると「書院造(しょいんづくり)」という住宅様式が完成し、その装飾のひとつとして「床」を小さくしたものが「床の間」です。



shoin2

書院造


書院造とは、書院を建物の中心にした武家住宅の形式のことで、書院は書斎を兼ねた居間のことです。

書院造の住宅が武家の間で広まっていくうちに床の間は次第に豪華になり、その家の力を示す役割を担うようになっていきました。

 

senrikyuu

千利休


江戸時代になると千利休(せんのりきゅう・1522年~1591年)が簡素簡略の境地である「わび」の精神を重んじた「わび茶」を浸透させたことで、床の間の規模は縮小されましたが、一部の庶民の住宅にも床の間が作られるようになりました。

明治時代になると、庶民の家でも床の間が作られることが一般的になり、家の主人(家長や当主のこと)がいるところに掛け軸や生け花、美術品など装飾を施すことで、主人の権威を演出したといわれています。

 


 

昭和(1926年~1989年)になっても和室に床の間を設ける家が一般的でしたが、平成(1989年~2019年)になると和室を設けない家が増えたため床の間は減っていました。

また、和室はあっても床の間そのものも省略されることがく多なり、現在は以前と比べると床の間は廃れてしまったようです。

 

 


床の間の使い方のマナーとタブー

一般的に、床の間は客間に設けられ、掛け軸や花、美術品などを飾り、お客様をお迎えする際は客間の一番良い場所として床の間を背にする場所が上座になります。

また、神様がいらっしゃる空間という考え方もあることから、神事や仏事に関するものを置いたり、仏壇を置いたりすることもあるようです。

 


 

そのため、床の間に上がったり、座ったり、物置(ペットのケージやトイレなどを置く)として使うのはタブーとなりますので気をつけましょう。

また、「床の間を丁寧に扱わない=家の主を蔑ろにする」という考え方がありますので、普段から清潔にして絵画や花などを飾ると良いようです。

 


 

また、床の間の向きや使い方で避けた方が良いとされることがありますので、床の間を作る際には参考にしてみてください。

 

良い向き

東向きの床の間で、西を背にします。

南向きの床の間で、北を背にします。

東南向きの床の間で、北西を背にします。

 

 

悪くはないが注意が必要な向き

西向きは、夕方になると西日が射しこんでしまいますので、床の間に飾ったものに西日が当たって劣化したり変色したりすることがありますので、注意が必要です。

 

 

避けた方が良い向き

北東は鬼門(きもん)で、南西は裏鬼門(うらきもん)になっており、邪気が出入りする方角なので避けた方が良いです。

 


 

「床の間」がどのようなものかわかりましたね。

床の間をどのように扱えば良いのか悩んでしまう人もいるかもしれませんが、厳密なルールはありませんので、ご家族で相談して飾りたいものを飾って楽しむのも良いかもしれませんね。

中には、お子さんが保育園や学校で作った物や絵、書き初めを飾る人もいるそうです。

また、昨今の住宅事情で、床の間のある部屋を普段使いする場合もあると思いますが、そのような場合は、思い切って床の間を取り払いクローゼットにリフォームする人もいるようですよ。

 

関連:『わび』『さび』の意味とは?違いがわかりますか?

関連:「上座」と「下座」の由来とは?会議室・宴会・和室・面接・飲み会・車

 



-未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab