未分類

人の噂も七十五日の意味とは?なぜ75日なの?英語で何ていうの?



naisyo_banashi

良い噂も、悪い噂も、人々はいつの間にか忘れてしまいます。

そういうときに使うことわざで「人の噂も七十五日」というものがあります。

七十五日・・・二か月半ほどの期間になりますね。

二か月半もの間、自分の嫌な噂が忘れられずにいるのは嫌だなぁ~と思いますが、どうして75日なのでしょう?

今回は「人の噂も七十五日」ということわざについて調べてみましょう。

 


人の噂も七十五日の意味とは?

人の噂も七十五日の読み方は「ひとのうわさもしちじゅうごにち」です。

どんな噂が立っていても、世間で人があれこれ噂をしていても、それは一時的なもので長く続くものではなく、自然に忘れ去られてしまうものだという意味があります。

また、75日もたてば消えていくものなのだから、放っておけばいいという意味も込められています。

 

なぜ75日なの?

なぜ75日なのか明確な理由はわからず、諸説あるようです。

 

ひとつの季節がおよそ75日間

一年間は365日です。

現在は春夏秋冬の四つの季節ですが、昔はこのほかに「土用」がありました。

「土用」は、季節の変わり目に18日間ずつあります。

春夏秋冬と土用で五季節という考え方があり、それぞれが70日~75日間ほどといわれていました。

このことから、七十五日はひとつの季節を表すとされ、季節が過ぎるころには人々の噂も忘れられているだろうという説があります。

 

関連:土用の丑の日2020年はいつ?意味と由来とは?鰻(うなぎ)を食べるのはなぜ?

 

 

農作物の種まきから収穫までがおよそ75日間

農作物は75日間で収穫(刈り取る)できることから、噂の種も75日たてば刈り取ってしまえる・跡形もなくなってしまう、という説があります。

 

syuukaku
 

 

語呂がいいから

区切りがいい数字なら、100日とか50日もありますが、「七十五日」という語呂が良かったからという説もあります。

 


英語で何ていうの?

teacher_english_woman
 

英語圏で使われている「人の噂も七十五日」と同じようなことわざは「A wonder lasts but nine days.」というものがあります。

意味は「不思議がるのも9日だけ」とか「驚きも9日しか続かない」です

日本に比べるととても短く感じてしまいますね。

なぜ9日なのかは諸説あり、カトリックでは9日間を区切りにする祭事が多く、9日間が終われば日常に戻るからという説、生まれた子犬が目を開くまでが9日間で、その間は人々が注目しているからという説などがあります。

 

kageguchi_uwasa

 

自分の知らないところで悪い噂が立つのは嫌な気持ちになりますよね。

しかし、噂は噂です。

一時的なものですから、放っておけば人々は忘れていきます。

噂を打ち消そうともがいてしまうと、さらに悪い噂が立つこともあります。

ひとつの季節が過ぎるくらいの時間、じっと我慢していれば、人々はほかのことに夢中になっているかもしれませんね。

 

関連:「初物七十五日」の意味と長生きの理由とは?なぜ寿命がのびるの?

 



-未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab