日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

長寿のお祝い一覧。年齢と読み方、意味やお祝い色について

      2016/02/14

chanchanko_kanreki

長寿のお祝いでよく耳にするものは「還暦のお祝い」ではないでしょうか?

60歳になったお祝いに、赤いちゃんちゃんこや赤い帽子を着用することから印象に残っている人も多いかもしれません。

ですが、還暦以外にも長寿のお祝いはいろいろあります。

今回は、長寿のお祝いとその年齢や読み方、意味やお祝い色について調べていきましょう。

 

スポンサードリンク


長寿のお祝いとは?

 長寿のお祝いは「賀寿(がじゅ)」や「年祝(としいわい)」ともいわれ、長寿に達したことを喜び、祝います。

奈良時代(710年~794年ごろ)に中国から伝わってきたとされ、そのころは40歳、50歳、60歳と、10歳ごとにお祝いをしていたそうです。

室町時代(1336年~1573年ごろ)の末期ごろから、現在の形になりました。

103

それでは、長寿のお祝いを年齢順に書いていきますね。

年齢は、数え年で書いています。

数え年とは、0歳の一年間が存在せず、生まれたその時が1歳で、お正月が来るとひとつ年齢を重ねる数え方です。

たとえば、2015年9月に生まれた赤ちゃんはその時点で1歳です。2016年1月になると2歳になります。


●61歳・還暦(かんれき)お祝い色は赤・朱

干支(十干十二支・じっかんじゅうにし)が一巡し、生まれた年の干支に戻ることから暦が還るという意味があります。赤には魔除けの意味があります。そのため、昔は産着に赤色が使われていました。還暦には赤ちゃんに還るという意味もあり、赤いちゃんちゃんこや赤い帽子、赤い座布団などを着用します。


●66歳・緑寿(ろくじゅ)お祝い色は緑

2002年に日本百貨店協会が提唱しました。77歳、88歳、99歳の賀寿はあるのに、66歳の賀寿がなかったので作られたようです。「緑」の読み方が「ろく」とも読めることから緑寿となりました。


●70歳・古希(こき)お祝い色は紫・紺

中国の詩人、杜甫(とほ)の「人生七十 古来稀なり」からきています。70歳は当時稀な年齢であるという意味があるそうです。


●77歳・喜寿(きじゅ)お祝い色は紫・紺・黄

「喜」という漢字を草書体で書くと、七を3つ書き、それが七十七と読めることから喜寿となりました。


●80歳・傘寿(さんじゅ)お祝い色は紫・黄・金

「傘」の略字が八十八に見えることから傘寿となりました。


●81歳・半寿(はんじゅ)お祝い色は黄・金・金茶

「半」の字を分解すると八十一に見えることから半寿となりました。また、将棋盤のマス目が9×9=81あることから「盤寿(ばんじゅ)」とも言います。


●88歳・米寿(べいじゅ)お祝い色は黄・金・金茶

「米」の字を分解すると八十八に見えることから米寿となりました。別名「米の祝い」とも言われ、米文化の日本と、末広がりの八の字をふたつ重ねることでおめでたいと言われています。

  

スポンサードリンク


●90歳・卒寿(そつじゅ)お祝い色は白・黄・金・金茶

「卒」をくずして書くと九十と読めることから卒寿となりました。


●99歳・白寿(はくじゅ)お祝い色は白

「百」から「一」を取ると「白」になり、数も100から1を引いて99になります。

また、あと1歳で100歳になるという意味も込められています。


●100歳・紀寿(きじゅ)お祝い色は無色

100年は一世紀を表すことから紀寿といいます。

ほかに、百賀(ももが)、寿命を上中下の三段階ににわけたとき、100歳は最も上位であることから上寿(じょうじゅ)とも言います。


●108歳・茶寿(ちゃじゅ)お祝い色は無色

「茶」の字を分解すると十十八十八に分かれ、20+88=108になります。

不枠(ふわく)ともいい、「枠」の字を分解すると十八九十に分かれ、10+8+90=108になります。


●111歳・皇寿(こうじゅ)お祝い色は無色

「皇」の字を分解すると白一十一に分かれ、99+1+10+1=111になります。「白」は百から一を引いたものと考え、数字は99です。また、「川」の字が111とも読めるため「川寿(せんじゅ)」ともいいます。


●119歳・頑寿(がんじゅ)お祝い色は無色

「頑」の字を分解すると二八百一八に分かれ、2+8+100+1+8=119になります。

ch-8

最近では数え年ではなく、満年齢でお祝いをする家庭もあるようです。

また、誕生日当日だけではなく、敬老の日や親戚が集まれる日を選んだりとさまざまですので家族で相談して決めるといいかもしれませんね。

奈良時代に伝わってきた長寿のお祝いが、平成の現在も続いているということは、日本人の心に長寿の方を敬い、お祝いする気持ちが受け継がれているということだと思います。

素晴らしい日本の風習だと思います。私たちも受け継いでいきたいですね。

 

スポンサードリンク

 - 未分類