日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

三種の神器の意味とは?どこにあるの?祀られている場所とは?

      2018/01/03

index_p03

 

三種の神器(さんしゅのじんぎ)という言葉を聞いたことはありますか?

1950年代に流行語となった家電製品、「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」のことを思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは、家電製品ではなく、日本神話の時代から受け継がれてきたといわれている三種の神器の意味や由来、祀られている場所について調べていきましょう。

 

スポンサードリンク


三種の神器の意味とは?

日本神話において、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと・天皇の祖先とされている)が天照大御神(あまてらすおおみかみ)の神勅を受け、「葦原の中つ国(日本のこと)」を治めるために高天原(たかまがはら・天上の国)から日向国の高千穂峰に降臨しました。

その際に、天照大御神から授けられた、「八咫の鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)」を三種の神器といいます。

 



 

または、この神話に登場する神器と同一とされる、歴代の天皇が皇位の印として代々受け継いできた三つの宝物のこともまた三種の神器といいます。

三つの宝物とは「八尺瓊勾玉ならびに八咫の鏡と草薙剣の形代(かたしろ)」のことを指し、これらを所持することが皇室の正統な帝の証しであるとされます。

形代とは、神霊が依り憑く依り代(よりしろ)のことで儀式の際、本物(現物)の代わりに使用され、神の御霊が宿っているとされています。

ですから、皇居にある三つの宝物のうち、八尺瓊勾玉は現物ですが、八咫の鏡と草薙剣は現物ではなく形代ということになります。

この三つの宝物は直接見てはいけないものとされているため、天皇陛下でさえ実見はなされておらず、多くの謎に包まれています。

また、八咫の鏡は知恵を、八尺瓊勾玉は慈悲深さを、草薙剣は勇気や武力を象徴しているといわれています。

 

スポンサードリンク


三種の神器はどこで祀られているの?

●八咫の鏡(やたのかがみ)
 

16

 

伊勢神宮の内宮(ないくう)にご神体として祀られています。

また、形代(かたしろ)が皇居賢所(かしこどころ)に奉安(ほうあん・尊いものを安置すること)されています。

八咫の鏡は天照大御神が天の岩屋戸(あまのいわやと)にお隠れになったとき、石疑姥命(いしこりどめ)が作ったとされる鏡のことです。天照大御神が岩戸を少し開けたとき、この鏡で天照大御神を映し、興味を持たせて外に引き出し、再び世は明るくなったといわれています。

 


 

のちに、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けられました。

その後、この鏡は神武天皇に伝えられ、以後、代々の天皇の側に置かれ、各地を転々としましたが、第11代の垂仁(すいにん)天皇の御代に現在の伊勢神宮の内宮に奉安されました。

明治初年に明治天皇が実見した後、改めて内宮のさらに奥深くに奉安されたといわれています。

八咫の鏡のあまりの神聖さに、明治天皇は「我が子孫は今後見てはならない」と仰ったそうで、天皇であっても決して直視してはいけないということになったのだそうです。


●八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
 

3be2586b


三種の神器のうち、唯一現物が皇居に置かれ、皇居御所の剣璽の間(けんじのま)に奉安されています。

大きな勾玉(まがたま)といわれていたり、八尺(やさか・比喩表現で「長いもの」ということ)の緒で繋いだ勾玉ともいわれています。

天照大御神が天の岩屋戸にお隠れになったとき、玉祖命(たまのおやのみこと)が作ったものであり、八咫の鏡とともに榊の木に掛けられたといわれています。のちに瓊瓊杵尊に授けられました。

昭和天皇の大喪の礼(天皇の葬儀)の際に八尺瓊勾玉が入った箱を持った従者は「子供の頭くらいの丸い物が入っている様に感じた」と証言していたそうです。

 
● 草薙剣(くさなぎのつるぎ)

7j1pjn005k0100015rmcct

 

草薙剣は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)ともいい、熱田神宮にご神体として祀られています。

また、形代が皇居御所の剣璽の間に奉安されています。

須佐之男命(すさのおのみこと)が倒したヤマタノオロチの尾から出てきた剣で、のちに天照大御神に献上し、瓊瓊杵尊に授けられました。

 

1526_img16
 

草薙剣は当初は皇室が持っていましたが、第10代崇神(すじん)天皇の時代に形代が造られ、現物は笠縫宮を経由して伊勢神宮に移されたそうです。

第12代景行(けいこう)天皇の時代、伊勢神宮の倭姫命(ヤマトヒメノミコト)は、東征に向かう日本武尊(ヤマトタケルノミコト)に草薙剣を託しました。

その後、日本武尊は尾張国へ行き、尾張国造の祖、宮簀媛(ミヤズヒメ)の家に滞在し、東征に向かいます。そして、東国平定の後、尾張に戻った日本武尊は宮簀媛と結婚しました。

草薙の剣は元々、天叢雲剣と呼ばれていましましたが、日本武尊が東征中に山火事で燃えている草をなぎ払って難を逃れたことから、草薙剣と呼ばれるようになったといわれています。

 


 

日本武尊の死後、草薙剣は伊勢神宮に戻ることなく、宮簀媛がこの剣を祀って尾張国に社を建てました。

これが熱田神宮の起源であり、現在も熱田神宮のご神体として奉安されています。

 

20140418153949
 

 

日本神話の時代から、受け継がれてきたといわれる三種の神器。

一度は見てみたい・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、天皇陛下でさえ実見なされていないものなのです。さらに、見たものは死んでしまうという言い伝えもあるそうです。

怖い言い伝えですが、ご神体は神様の宿るものです。直接見るなど畏れ多い存在ということですね。

伊勢神宮や熱田神宮に参拝されたときや皇居を訪れた際は、天照大御神から授かった三種の神器が平成の現在まで大事に受け継がれていることを是非思い出してみてください。

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 未分類