11月 暦・カレンダー

【2022年】犬の日は11月1日と11月11日どっち?由来とは?

日本ではペットを飼っている人が年々増えていて、現在、犬は700万頭~800万頭が飼育されているそうです!

そんな犬にちなんだ記念日に「犬の日」があります。

犬は「ワンワン」と鳴くので1が並ぶ日だろうと想像はつきますが、11月1日と11月11日のどっちなのでしょう?

今回は、犬の日がいつなのか、由来についてご紹介します!

 

スポンサーリンク


犬の日は11月1日と11月11日どっち?

犬の日は毎年11月1日です。

2022年は11月1日(火)です。


 

ちなみに11月11日も犬にちなんだ記念日で「わんわんギフトの日」といいます。

 

大好きな人にクリスマスプレゼントを贈るように、大好きな犬にも1年に1日、大事なギフトを送る日とすることが目的で、平成28年(2016年)にTomofun株式会社が制定しました。

11月11日なのは、犬の鳴き声「わん」が一番多いということが由来です。

 

犬の日の由来とは?

犬の日
 

「犬の日」は、犬の鳴き声「わんわんわん」と「111」の語呂合わせで11月1日になりました。

昭和62年(1987年)にペットフード工業会(現在の一般社団法人ペットフード協会)が「犬についての知識を身につけ、犬をかわいがる日」として制定しました。

 

ペットフード工業会は同じ年に、2月22日を「猫の日」に制定しています。

これは猫の鳴き声「にゃんにゃんにゃん」と「222」の語呂合わせで、全国の愛猫家からの公募で決まったそうですよ。

 

関連:猫の日2023年はいつ?全国各地のイベント情報

 

吠える犬
 

また、犬に関連する記念日としては毎年5月13日の「愛犬の日」があります。

制定したのはジャパンケネルクラブといわれていますが、ジャパンケネルクラブは誤情報だと発表しており、詳細は不明です。

 

日付についても詳細は不明で、戦後に創刊された「愛犬の友」という雑誌を出版していた誠文堂新光社(現在の誠文堂新光社とは経営母体が異なります)が昭和30年代の5月13日に犬のイベントを開催したことが由来とだといわれてます。

このように「愛犬の日」の由来や制定の目的や制定した団体などについてはよくわかりません。

 

スポンサーリンク


世界の「犬の日」

アメリカ

アメリカの犬の日は「National Dog Day」といい、毎年8月26日です。

動物愛護家のコリーン・ペイジさんによって2004年に制定されました。

8月26日なのは、コリーンさんが10歳の時に、彼女にとって初めての犬を家族が引き取ってきた日なのだそうです。

アメリカの「犬の日」は、救助犬や警察犬、盲導犬など、私たちの安全で快適な生活のために働いてくれる犬をはじめ、一般家庭で家族として暮らす犬、家のない犬、純血種や雑種犬など、犬種を問わずすべての犬たちに感謝し、犬種による格差をなくし、すべての犬の幸せを願う日です。

また、譲渡を促進する日でもあり、アメリカでは保護犬の譲渡やチャリティー活動などが積極的に行われます。

保護犬
 

また、アメリカでは、毎年3月23日は「National Puppy Day(子犬の日)」になっています。

こちらもコリーンさんによって2006年に制定された記念日です。

「子犬の日」は、子犬たちが与えてくれる無条件の愛情に感謝し、祝う日です。

また、保護犬たちを助けたり、不法な売買を撲滅したり、無計画な交配を無くすことを目的としています。

 

他に、コリーンさんによって制定された記念日は以下のとおりです。

 

「National Mutt Day(ミックス(雑種)犬の日)」

毎年7月31日、12月2日

純血種の人気が高まる中、ミックス犬たちの素晴らしさを知ってもらうことを目的として2005年に制定されました。

 


 

「National Black Dog Day(黒犬の日)」

毎年10月1日

欧米では黒い犬は不吉で見栄えが良くないと敬遠されがちで、黒いというだけで飼い主がみつからなかったり、嫌われてしまったりするそうです。

黒い犬たちの里親や新しい家族を見つけ、黒い犬への偏見を無くし、幸せに暮らせることを願う日です。

2012年に制定されました。

 

世界的な記念日

「国際盲導犬の日」

毎年4月最終水曜日

1992年に国際盲導犬学校連盟(現在の国際盲導犬連盟)が制定しました。

日付の由来は、国際盲導犬学校連盟が発足したのが1989年4月26日で、この日が4月の最終水曜日だったからです。

盲導犬の普及と、盲導犬に対する人々の理解を高めることが目的です。

 
「犬を職場に連れて行く日」

毎年6月最終金曜日

イギリスでは「Bring Your Dog to Work Day」と呼ばれ、1996年にはじまりました。

1999年にアメリカでも実施されるようになり、アメリカでは「Take Your Dog to Work Day」と呼ばれています。

飼い犬を職場に連れていくことで、犬を飼っていない人にも犬の魅力や素晴らしさ、保護施設や愛護団体への関心を持ってもらうことを目的としています。

 

イギリスとアメリカだけではなく、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イスラエルなど、参加する国が増えてきています。

 

 

11月1日は「わんわんわん」という犬の鳴き声にちなんでいるので、11月11日と「どっちだった?」と混乱してしまうこともあるかもしれませんね。

日本では「犬の日」に特別なイベントはありませんが、犬を飼っている人もそうでない人も、National Dog Dayのようにすべての犬に感謝し、犬の幸せを願い、保護犬や家のない犬たちのことを考えるきっかけになると良いですね。

 

関連:箸の日は8月4日と11月11日どちら?箸供養とは?各地のイベント情報

関連:【11月11日はもやしの日】もやしが安いのはなぜ?

関連:2022年の戌の日と大安が重なる日はいつ?安産祈願カレンダー!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-11月, 暦・カレンダー