10月 秋の行事

「十三夜」の読み方と意味とは?2020年はいつ?



20110901153454

 

日本には昔から十五夜の日にお月見をする風習がありますが、十五夜以外にもお月見を楽しむ日があるのをご存知でしょうか?

それは「十三夜」と呼ばれています。

あまり聞き慣れない言葉ですが、十三夜とはどういった日なのでしょうか。また、その意味や楽しみ方についても調べてみたいと思います。

 

 


十三夜読み方と意味とは?

十三夜の読み方は「じゅうさんや」です。

 

十三夜とは十五夜の約一ヶ月後の旧暦の9月13日に巡ってくる月の事を言います。

十五夜の事を「中秋の名月」と呼ぶのに対して十三夜は「後の名月(のちのめいげつ)」と呼ばれます。

他にも、十五夜の後に巡ってくるので「後の月(のちのつき)」と呼ばれたり、栗や大豆(枝豆)をお供えする事から「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」とも呼ばれています。

 

十五夜はあまりすっきりしない夜空が多いのに対して、十三夜は晴れる事が多いようで『十三夜に曇りなし』という言葉もあります。

 

2020年「十三夜」はいつ?

旧暦の9月13日は新暦では10月の中旬から下旬ごろに巡ってきます。

今年2020年の十三夜は10月29日(木)です。

(旧暦の日付を新暦に直すと毎年ズレが生じるため、十三夜の日付は毎年違います。)

 

十三夜の始まり

十五夜は中国から伝わってきて、平安時代の頃に広く伝わった風習ですが、この十三夜は日本固有の風習です。

 

延喜19年(919年)に宇多天皇が十五夜の宴に加えて、旧暦9月13日にも観月の宴を行ったのが十三夜の月見の始まりと言われています。

また、秋の収穫祭の一つだったのではないかとも言われています。

 

十五夜の次いで美しい月と言われ、一般的に十五夜にお月見をしたら十三夜にも必ずお月見をするものとされていました。

これは十五夜だけ鑑賞することを『片月見』と呼び、縁起がよくないと言われていたからです。

 

 


十五夜や十三夜は二回来る!?

旧暦の太陰太陽暦は、3年に1度季節の調節の為に「閏月(うるうづき)」というものが発生します。

 

関連:旧暦の意味とは?新暦との違いって何?旧暦の月の覚え方

 


 

旧暦は、月の満ち欠けを基準としてしているので、一か月は新月から次の新月までの平均して29.5日間で、一年間が354日になります。

太陽の動きを基準とする1年より11日短く、3年で約一か月のズレが生じることになります。

そうすると、実際の季節とだんだんズレてしまうことになりますね。

そのズレを解消するために月と月の間に挿入されるのが閏月なのです。

例えば、四月の後に挿入された場合は「閏四月」などと前月の名前の前に閏とつけて挿入されています。

 

この閏月が8月や9月の後に挿入された年には、8月や9月が2度巡ってくる事になり、十五夜や十三夜を二度行っていました。

こういった場合、二度目についてはそれぞれ『後の十五夜』や『後の十三夜』と呼ばれていました。

 

この珍しい閏月による「後の十三夜」ですが、近年では2014年11月5日に約171年ぶりにが発生しました。

 

十三夜のお供え物は?

20070920_406005

 

十三夜もお月見のお供え物は十五夜と同じく、すすきや月見団子をお供えします。

それ以外にも、栗や大豆など秋に収穫されたものをお供えします。

その他、秋の七草を供える事もあるそうですよ。

今までお月見と言えば十五夜のイメージでしたが、十五夜だけでは片月見という状態だったのですね。

せっかくですので今年のお月見は「中秋の名月」も「後の月」もどちらも楽しんで縁起を担ぎたいものですね!

 

関連:十五夜の意味とは?2020年はいつ?中秋の名月との違いは?英語で何て言うの?

関連:秋の七草の意味とは?食べる時期はいつ頃?覚え方は歌と語呂合わせ!

関連:「十六夜」の読み方と意味とは?2020年はいつ?

 

-10月, 秋の行事

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab