暦・カレンダー

「庚申の日」読み方と意味とは?2022年はいつ?

140618img01-640x270

「年月日」は普通数字で表しますが、ほかの表現の仕方もあります。

たとえば、戊辰戦争の「戊辰(ぼしん)」や壬申の乱の「壬申(じんしん)」などがそうです。

これらを干支(えと)いいますが、我々の先祖は干支を使って表現してきたのですね。

「庚申」も干支のひとつです。

今回は「庚申の日」の読み方や意味、今年いつなのか、などについてわかりやすく解説します。

 

スポンサーリンク


「庚申の日」読み方と意味とは?

 読み方は「かのえさるのひ」または「こうしんのひ」です。

 

私たちが一般的に「干支(えと)」といっているものは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といい、「十二支(じゅうにし)」は、

『子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)』のことです。

 

そして、「十干(じっかん)」は、

『甲(こう・きのえ)、乙(おつ・きのと)、丙(へい・ひのえ)、丁(てい・ひのと)、戊(ぼ・つちのえ)、己(き・つちのと)、庚(こう・かのえ)、辛(しん・かのと)、壬(じん・みずのえ)、癸(き・みずのと)』

のことです。

 

この十干と、十二支を組み合わせたものが干支(十干十二支)です。

 

1番目が「甲子(きのえね)」

2番目が「乙丑(きのとうし)」

3番目が「丙寅(ひのえとら)

4番目が「丁卯(ひのとう)」

5番目が「戊辰(つちのえたつ)」

・・・と続き、

60番目が「癸亥(みずのとい)」となり、以下の表のとおりになります。

 

「庚申」は、この組み合わせのうちのひとつで、57番目に巡ってくるのがわかりますね。

干支の組み合わせは60あるので、年に当てはめると60年で一巡し、日に当てはめると60日で一巡します。

 

つまり、「庚申の日」は60日に一度巡ってくることになります。

 

スポンサーリンク


「庚申の日」由来とは?

「庚申の日」は、平安時代に中国から伝来した「庚申信仰」からきています。

人の体内には「三尸(さんし)」という3匹の虫が潜んでいると考えられていました。

 

20150131_1140783
 

三尸とは、次の3匹の虫のことです。

 
●上尸(じょうし)

人の頭の中に潜み、首から上の病気を引き起こす虫

 
●中尸(ちゅうし)

人の腹の中に潜み、臓器の病気を引き起こす虫

 
●下尸(げし)

人の足の中に潜み、腰から上の病気を引き起こす虫

 

9d920b0f
 

この三尸は人間の体の中にいて、人が死ねば自由になれるので人の寿命を縮めようと常々、隙を窺(うかが)っています。

しかし、普段は体内から出ることはできず、庚申の日だけ、人が眠っている間に体内から出ていくと考えられていました。

人が眠った後、三尸は天に昇って天帝(閻魔大王)に人間の悪行を報告するそうです。

三尸が悪行の報告すると閻魔大王は人の寿命を縮めてしまいます。



青面金剛

青面金剛


寿命を縮められては大変ですので、三尸を食べてしまうとされる青面金剛(しょうめんこんごう)を祀ったり、庚申の日には寝ずに過ごしたといわれています。

これを「庚申待(こうしんまち)」といい、寝ずに神仏に祈りを捧げたり、ただ起きているだけではつまらないので、夜通し和歌を詠んだり、お酒を飲んだり、みんなで集まって大騒ぎをしたりと、次第にお祭りへと発展した地域もあるそうです。

 

20060704154659
 

江戸時代ごろになると、庚申待を18回繰り返すと、その記録として「庚申塔」や「庚申天」と刻んだ石碑を建てるようになりました。

そのため、街中のいたるところに石碑が建てられましたが、明治時代になると「庚申信仰は迷信だ」という政府によって多くの石碑が破壊、撤去されたそうです。

現在でも存在する石碑は、明治政府による破壊、撤去を免れたものなのです。

 

スポンサーリンク


「庚申の日」2022年はいつ?

60日ごとに巡ってくる庚申の日ですが、2022年は以下の日になります。

 

1月7日(金)

3月8日(火)

5月7日(土)

7月6日(水)

9月4日(日)

11月3日(木)

 

1e2665f2fc3dc923468ee10c91d38c21d1903f19.03.2.2.2
 

庚申の日には、縁日やお祭りを行う神社やお寺があります。

年に6回~7回の庚申の日に毎回行うところもあれば、年に一度だけ行うところもあるようですので、事前に確認しましょう。

年賀状の時期にしかあまり意識しない干支ですが、古くから日本人の生活に取り入れられているのですね。

 

関連:「甲子の日」読み方と意味とは?2022年はいつ?

関連:2022年の干支は寅(とら)。干支の順番の由来と覚え方

関連:干支の性格と特徴とは?相性の良い干支、悪い干支は?

関連:【縁日一覧】本当の「縁日」の意味とは?「縁日」と「お祭り」の違い

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-暦・カレンダー