6月 神道

大祓詞(おおはらえのことば)全文と現代語訳【PDFダウンロード】

神道で有名な「大祓詞」という祝詞(のりと)をご存知でしょうか?

知らないという人でも、神社をお参りしたときに「大祓詞」を聞いたことがあるかもしれません。

今回は「大祓詞」について調べてみました。

「大祓詞」の全文をPDFにしましたので、是非ダウンロードしてみてくださいね。

ダウンロードリンクは記事の下の方にあります。

 


大祓詞とは?

「大祓詞」の読み方は「おおはらえのことば」です。

「大祓(おおはらえ)」は神道の神事で、6月30日の「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」12月31日の「年越の大祓(としこしのおおはらえ)」の毎年2回あります。

 

「大祓詞」とは、大祓に集まった人々に聞かせる祝詞(のりと)のことで、「大祓詞」を唱えることで、罪や穢れを祓い清め、次の大祓までの半年を新たな気持ちで過ごせるように祈ります。一般的に神職が唱えますが、神社によっては神職と参列者が一緒に唱えることもあります。

 


 

「祝詞」とは、お祭りや神事のときに神様に唱える言葉で多くの種類があり、神事の内容によって様々ですが、「祝詞」を唱えることで無病息災や家内安全など、神のご加護やご利益があるとされています。

「大祓詞」も「祝詞」のひとつで、もともとは大祓でしか唱えないものでしたが、心身の穢れを祓い清める効果があるので、大祓以外でも唱えても良いとされ、毎朝神職が神前で唱える神社や、神道の一般の方が自宅で唱えることもあります。

また、「大祓詞」の言葉には大きなパワーがあり、ほかの祝詞よりも神様のご加護やご利益が得られると考えられています。

 

それでは「大祓詞」全文と現代語訳を見ていきましょう!

 

大祓詞(全文)

高天原たかまのはら神留かむづまりす 皇親すめらがむつ神漏岐かむろぎ 神漏美かむろみ命以みこともちて 八百萬やほよろづ神等かみたち神集かむつどへにつど賜ひたまい 神議かむはかりにはか賜ひたまいて 皇御孫命すめみまのみことは 豐葦原水穂國とよあしはらのみづほのくにを 安國やすくにたいらけくろしせと 事依ことよさしまつりき 

さしまつりし國中くぬちに 荒振あらぶ神等かみたちをば 神問かむとしにたま 神掃かむはらはらたまて 語問ことと磐根いはね 木根立きねたち くさ片葉かきはをも語止ことやめて あめ磐座いはくらはなち あめ八重雲やへぐもを 伊頭いつ千別ちわきに千別ちわきて 天降あまくださしまつりき 

さしまつりし四方よも國中くになかと 大倭日高見國おおやまとひだかみのくに安國やすくにさだまつりて 下津磐根したついはね宮柱太敷やばしらふとして 高天原たかまのはら千木高知ちぎたかしりて 皇御孫命すめみまのみことみづ御殿仕みあらかつかまつりて あめ御蔭みかげ 御蔭みかげかくして 安國やすくにたいらけくろしさむ國中くぬちでむあめ益人等ますひとらが あやまおかしけむ種種くさぐさ罪事つみごとは 天津罪あまつつみ 國津罪くにつつみ 許許太久ここだく罪出つみいででむ 

でば 天津宮事あまつみやごとちて 天津金木あまつかなぎ本打もとうり 末打すゑうちて 千座ちくら置座おきくらして 天津菅麻まつすがそ本刈もとかち 末刈すゑかりて 八針やはらきて 天津祝詞あまつのりと太祝詞事ふとのりとごと

らば 天津神あまつかみあめ磐門いはとひらきて あめ八重雲やへぐも伊頭いつ千別ちわきに千別ちわきて こしさむ 國津神くにつかみ高山たかやますゑ 短山ひきやますゑのぼして 高山たかやま伊褒理いほり 短山ひきやま伊褒理いほりけて こしさむ

こししてば つみつみらじと 科戸しなとかぜあめ八重雲やへぐもはなことごとく あした御霧みぎり ゆうべ御霧みぎりを 朝風あさかぜ 夕風ゆうかぜ拂うふ事はらうことごとく 大津辺おおつべ大船おおふね舳解へとはなち 艫解ともとはなちて 大海原おおうなばらはなことごとく 彼方おちかた繁木しげきもと焼鎌やきがま敏鎌以とがまもちちて はろことごとのこつみらじと はらたまきよたまことを 高山たかやますゑ 短山ひきやますゑより 佐久那太理さくなだり多岐たぎつ 速川はやかわ瀬織津比売せおりつひめかみ 大海原おおうなばらでなむ

なば 荒潮あらしおしお八百道やほぢ八潮道やしほぢしお八百會やほあい速開都比売はやあきつひめかみ 加加呑かかのみてむ 

加加呑かかのみてば 気吹戸いぶきど気吹戸主いぶきどぬしかみ 根國ねのくに底國そこのくに気吹いぶきはなちてむ 

気吹いぶきはなちてば 根國ねのくに 底國そこのくに速佐須良比売はやさすらひめかみ 佐須良比さすらひうしなてむ 

佐須良比さすらいうしなてば つみつみらじと はらたまきよたまことを 天津神あまつかみ 國津神くにつかみ 八百萬やほよろづ神等共かみたちともに こしせとまを

 


大祓詞(現代語訳)

高天原(天上、神が住んでいる場所)にいらっしゃる親神様であるカムロギ(男神)とカムロミ(女神)は、八百万(やおよろず・数え切れないくらいたくさん)の神々を何度も集められ、論議に論議をつくされた結果、皇御孫命(すめみまのみこと・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと・天照大御神の孫))に「豊葦原の瑞穂の国(日本)を安らかな国として平和に治めなさい」と仰せになり、託されました。

託された国の中には、荒れた神々がいましたので、従うかどうか何度も問うたり、従わなければ追い払い一掃しましたら、荒れていた神々は、岩や木や草の一枚に至るまで静かになりましたので瓊瓊杵尊は、天上のお住まいをはなれ、幾重にも重なる雲を掻き分けながら、地上にご降臨されました。

 

瓊瓊杵尊 - 天孫降臨


親神様に託された皇御孫命(すめみまのみこと)は、国の中心として、大倭日高見国(日本)を平和な国と定められ、地下深くの岩盤に太い柱を建て、屋根には高天原まで届くかのような高い千木(ちぎ・神社の屋根にある交差した木のこと)を取り付け、立派な美しい御殿をお造りになリました。そして御殿にお籠もりになり、この国を平和な国としてお治めになられました。



千木


国内に生まれ増えていく人々が、故意の罪や無意識の過ちを犯し、数多くの罪が生じるようになるであろう。

そのような罪が生じた際は高天原の神々の儀式に倣って、若木の上下を切り揃え、これを千座ある台の上に、罪を償う物として沢山積み、また菅(すげ)や麻の上下も切り、真中の良いところを細かく裂き、高天原の神聖な祓いの祝詞(どんな祝詞か詳細は不明)を唱えなさい。

 

祝詞を唱えるならば、天上の神は天の岩戸を押し開かれて、幾重にも重なった雲を押分けてお聞きくださるでしょう。また地上の神も、高い山や低い山に登られて、立ち込めた雲や霧を掻き分けて、お聞きくださるでしょう。

 


 

お聞きくだされば、罪という罪は一切なくなってしまうでしょう。それは、科戸(しなと)の風(風の異称・風のこと)が八重の雲を吹き払うように、また朝夕に立ちこめる霧を風が吹き払うように、港に繋ぎ止めてられた大船の綱(つな)をほどき、大海原に解き放つように、見渡す限りの生い茂った木々を良く切れる鎌で切り払うように、一切の罪は祓い清められるでしょう。

祓い清められた罪は、高い山、低い山の上から、谷間を勢いよく流れ落ちる急流の川瀬にいる瀬織津比売(せおりつひめ)という神様が大海原に流し去ってくれるでしょう。

 


 

大海原に流されたならば、たくさんの荒潮が押し寄せ、ぶつかり合う所にいる速開都比売(はやあきつひめ)という神様が、罪を呑み込んでくれるでしょう。

呑み込んだならば、息を吹き出す所にいる気吹戸主(いぶきどぬし)という神様が、その罪を「根の国底の国(黄泉の国)」に吹き放ってくれるでしょう。

吹き放ったならば、根の国底の国(黄泉の国)にいる速佐須良比売(はやさすらひめ)という神様が、何処とも知れず運び去って、きれいに消し去ってくれるでしょう。

きれいに消し去ってくれたならば、あらゆる罪が消滅するよう神様に祓い清めてくださることを、天上の神様、地上の神様、八百万の神様にどうかお聞きいれてくださいと申し上げます。

 


 

「大祓詞」の全文は聞きなれない言葉が多く、どういう意味なのかほとんどわからなかったかもしれません。

しかし、現代語訳を読んである程度の意味を理解しておけば、「大祓詞」を唱えるときにより気持ちを込めることができます。

「大祓詞」はたくさんある祝詞の中でもとてもパワーがあり、神様のご加護やご利益が大きいといわれています。

下のリンク先からPDFをダウンロードできますので、いつでも読めるようにしておくといいですね!

 





 

関連:2021年の「大祓」はいつ?意味と由来「茅の輪くぐり」の作法やくぐり方とは?

関連:【日本の神様10選!】日本の有名な神様 人気ランキング!

関連:三種の神器の意味とは?どこにあるの?祀られている場所とは?

関連:「ひふみよ」の数え方の続きとは?「ひふみ祝詞」の全文と意味

関連:「天津祝詞(禊祓詞)」全文と意味(現代語訳)【PDFダウンロード】

 



-6月, 神道

© 2021 日本文化研究ブログ - Japan Culture Lab