2月

立春2021年はいつ?節分との関係は?立春大吉のお札の貼り方とは?



 

まだまだ冬の寒さが厳しいころに立春は訪れます。

「立春なのに寒い」と言ってしまう人もいらっしゃるようですが、立春は、季節が春になる最初の日を指すので、寒くて当たり前なのです。

季節はゆっくりと移り変わっていきますので、立春を過ぎれば少しずつ暖かくなっていくといわれています。

 今回は、立春はいつなのか、節分との関係、「立春大吉」のお札の貼り方などについて調べていきましょう。

 

 


2021年の立春はいつ?

 2021年の「立春」は2月3日(水)です。

立春は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」のひとつで最初の節気にあたります。

 


 

二十四節気とは1年間の季節を四季よりも細かく24個に分けたもので、太陽の黄道上(太陽の通り道)の位置によって算出されるものです。

立春は「この日から春が始まる」という意味があります。

 

 節分が2月3日でその翌日の2月4日は立春・・・と覚えている人も多いとは思いますが、実は、立春は必ずしも2月4日ではないのです。

 1985年から2020年まで、節分は2月3日、立春は2月4日ですが、2021年からは、節分が2月2日、立春は2月3日になります。

これは、立春が太陽の運行に基づいて算出されているため、日付がその年によって異なるからです。

 

節分との関係は?

illust2637_thumb

 

「節分」とは「季節を分ける」という意味があります。

季節を分ける日は一年間に4回あり、春夏秋冬それぞれに始まりの日が決められています。

春は「立春(りっしゅん)」、夏は「立夏(りっか)」、秋は「立秋(りっしゅう)」、冬は「立冬(りっとう)」と呼ばれています。

この、春夏秋冬それぞれが始まる日の前日のことを「節分」というのです。

 

 

節分の豆まきは、もともとは中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式として、文武天皇(もんむてんのう)の時代の慶雲3年(706年)に宮中で初めて行われたそうです。

室町時代(1338年~1573年)ごろには冬から春になる時期を一年の境目とし、「立春」は新年を迎えるのと同じくらい大事な日として特に重要視され、豆をまいて鬼を追い払う行事として庶民にも定着していきました。

立春はその年によって変わりますので、節分もそれにあわせて変わります。

 

関連:節分2021年はいつ?由来や意味とは?柊鰯って何?恵方巻きを食べる理由

 

  


「立春大吉」のお札の意味とは?

20110204164154ebf

 

「立春大吉」は禅宗のお寺の習慣からきているとされる、厄除けのお札です。

お札に書かれている「立春大吉」の文字をひとつひとつ見てみると、左右対称になっているように見えませんか?

左右対称なので、お札を裏から見ても、表から見ても「立春大吉」と書かれているように見えます。

そのため、このお札を玄関などに貼っておくと鬼が入ってきて振り返った時にも同じように「立春大吉」と書かれたお札を目にすることになり、鬼は「まだこの家に入っていなかったのか」と勘違いをして逆戻りし、結果として玄関から出ていくと考えられています。

鬼が出ていくことでで、一年間平穏無事にすごせる・・・ということですね。

 

「立春大吉」のお札の貼り方

さて、「立春大吉」のお札の貼り方ですが、諸説あります。

 

お札を貼る場所

玄関扉に貼る場合は玄関に向かって右側に貼る、玄関を入ってすぐの柱に貼る、神棚に供える、家の鬼門(鬼が出入りする方角として忌み嫌われる方角、北東の方角)に貼るなど。いずれも目線より高い位置に貼ります

 

 

お札を貼る時間

立春の日の早朝に貼る、または立春の日ならいつでもいいとも言われています。

お札は一年間貼り続け、翌年の立春に貼り換えます

 

 

2節分に豆まきをしたり恵方巻きを食べて無病息災を願う行事は知っていても、翌日の立春がどういう日なのか、あまり知らなかった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

豆まきをしたり恵方巻きを食べた翌日には、ぜひ、立春大吉のお札を貼ってみましょう。

一年間を平穏無事に過ごせますように・・・という願いが込められた厄除けのお札ですが、筆を使って、和紙に自分で書いて作るのが良いそうですよ。

なるべく左右対称になるように、上手な字ではなくても願いを込めて書くことが大事なのですね。

 

関連:節分2021年はいつ?由来や意味とは?柊鰯って何?恵方巻きを食べる理由

関連:恵方巻きを食べる時の方角はなぜ毎年違う?どうやって決めているの?

関連:「旧正月」 と「立春」はどちらも同じ新年?関係と違いとは?

 

-2月

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab