日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「暑中見舞い」「残暑見舞い」の時期はいつからいつまで?意味と文例

      2019/12/24

467922
暑さが厳しいころ、日ごろお世話になっている方や、友人知人から暑中見舞いや残暑見舞いを送ったり、もらったりしたことはありますか?

暑中見舞いをもらったけれど、どう返事をしたらいいの?とか、暑中見舞いをもらったら残暑見舞いで返事をすればいいの?とか、ちょっと悩んでしまう人も多いようですね。

今回は、暑中見舞いと残暑見舞いについていろいろ調べてみましょう。

文例も少し載せておきますね。

 


「暑中見舞い」「残暑見舞い」の意味は?

 暑中見舞い、残暑見舞いには、日ごろお世話になっている方や、友人知人の安否伺いや、自身の近況報告をする目的があります。

 

「暑中」は「夏の一番暑い時期」を指し、「残暑」は「夏の一番暑い時期が終わって暑さが残るころ」を指します。

 

昔はお盆に里帰りするときにはご先祖様へお供え物を持っていく風習がありました。

やがてこの風習はお中元へと受け継がれ、簡略化されて手紙で済ませるようになったのが暑中見舞いだといわれています。

 

お中元は贈り物、暑中見舞いは手紙での近況報告ということで、目的が違いますので、両方送っても問題ありません。

お中元のお礼状として暑中見舞い、残暑見舞いを出すこともあります。

 

「暑中見舞い」「残暑見舞い」の時期は?

db810907f2c17c83d75442c4be2aacd9_s

時期についは

一般的には「梅雨明けからお盆までは暑中見舞い、それ以降は残暑見舞い」といわれていますが、「小暑(しょうしょ)から大暑(たいしょ)を過ぎ、立秋(りっしゅう)までが暑中見舞いで、立秋から処暑(しょしょ)までは残暑見舞い」という説、「夏の土用(立秋の前の約18日間)が暑中見舞いで処暑までは残暑見舞い」という説などがあるようです。

 

それでは具体的な日付はいつになるのでしょうか?

 

お盆は8月16日まで(7月13日~16日までの地域もあります)ですが、立秋はそれよりも前の8月7日ごろです。

一般的に「お盆までは暑中見舞い」といわれていますが、立秋は暦の上では秋ですので、暑中見舞いは立秋まで(8月6日ごろ)に出すようにするといいでしょう。

 

小暑・大暑・立秋・処暑は二十四節気(一年間を24等分したもの)のひとつです。

小暑・・・7月7日ごろ~7月22日ごろまでの約15日間

大暑・・・7月23日ごろ~8月6日ごろまでの約15日間

立秋・・・8月7日ごろ~8月22日ごろまでの約15日間

処暑・・・8月22ごろ~9月6日ごろまでの約15日間

 

よって

暑中見舞いは7月7日から8月6日まで(2020年の立秋は8月7日なのでその前日まで)

残暑見舞いは8月7日から8月31日まで(処暑は9月6日までですが、8月中に出すのが一般的)

 


「暑中見舞い」「残暑見舞い」の文例

21a61c79401b579af544472643f0baec_s
 

特に決まった形式はありませんが、一般的には

1:季節の挨拶

2:安否を尋ねる言葉や無沙汰を詫びる言葉

3:近況報告

4:相手の無事を祈る言葉

5:日付・差出人

の順で書きます。


1:季節の挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」

「暑中お伺い申し上げます」

「残暑お見舞い申し上げます」

「残暑お伺い申し上げます」


2:安否を尋ねる言葉

●暑中見舞い

「猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」

「梅雨が明けて夏本番となりましたが、お元気でお過ごしですか」

 

●残暑見舞い

「夏の疲れが出るころですが、お元気ですか」

「立秋とは名ばかりの暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか」

 

3:近況報告

ご自身の近況報告をしてください。

 

4:相手の無事を祈る言葉

●暑中見舞い

「暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。」

「炎暑酷暑のみぎり、お体を大切にお過ごしください。」

 

●残暑見舞い

「まだまだ暑い日が続くようです、お体大切にお願い申し上げます。」

「秋風を感じるのはまだ少し先になりそうです、どうかご自愛ください。」

 

5:日付

「2020年 8月1日」と日付を書くのもいいですが、以下のような書き方もあります。

暑中見舞いは「2020年 盛夏」

残暑見舞いは「2020年 晩夏」「2020年 立秋」「2020年 葉月(8月)」など

暑中見舞い、残暑見舞いには「拝啓」や「敬具」などの頭語や結語は不要です。

 

d0021510_2253202
 

 年賀状ほど枚数の多くない暑中見舞いと残暑見舞いですが、郵便受けを確認したときに一枚のハガキが届いていたら、ちょっと暑さを忘れそうな、爽やかな気持ちになれそうではありませんか?

電話やメールで簡単に安否を尋ねることはできますが、ハガキを買って、書いて、切手を貼って、ポストに投函して・・・たくさんの手順を踏んで自分のところに届くなんて、ステキですよね。

今年の夏は、相手のことを思い浮かべながら、暑中見舞いや残暑見舞いを書いてみてはいかがでしょう?

 

関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方

 



 - 7月, 8月