未分類

「打ち出の小槌」とは?どんな意味や効果があるの?

 

「打ち出の小槌」といえば、昔ばなしの一寸法師や、七福神の大黒天が持っているのを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

昔ばなしの中では、体を大きくしたり、小判をたくさん出したり、打ち出の小槌を振ることでいろいろなことが起こりますよね!

今回は打ち出の小槌にはどんな意味や効果があるのか、調べてみました!

 


打ち出の小槌とは?

読み方は「うちでのこづち」です。

 

「小槌」とは、小さな木製のハンマーのことです。

打ち出の小槌を振り願い事をすることで、欲しいものを出したり、どんな願い事でも叶えてくれるといわれています。

 

打ち出の小槌は実物が残っているわけではなく、伝説上の宝物だといわれており、昔ばなしとして残っています。

 

打ち出の小槌の伝説

兵庫県芦屋市打出小槌町は「打ち出の小槌伝説発祥の地」といわれています。

その伝説は以下のとおりです。

むかしむかし、芦屋(現・兵庫県芦屋市)の沖に竜神が住んでいました。

竜神は、振るとなんでも欲しいものを出すことができる小槌を持っており、大切にしていました。

しかし、小槌を振っている最中に鐘の音が聞こえると、出したものは全て消えてしまい、小槌も二度と使えなくなってしまうのです。

竜神は、そんな面倒なものを持っているのが嫌になってしまい、朝廷に小槌を献上してしまいました。

 

珍しい小槌をもらった朝廷は大喜びです。

しかし、考えてみると都には寺や神社が多く、よく鐘の音が聞こえてくるので、小槌をどのようにすればよいのか悩んでしまいました。

そんな折、「打出村(うちでむら)」という村から都に来ていた長者が手柄を立てたので、朝廷は褒美としてその小槌を与えたそうです。

 

長者は特に欲しいものはなかったので床の間に飾り眺めて満足していましたが、ある日、ひとりの村人から「見ているだけじゃなく小判を出してみてほしい」と頼まれました。

長者も振ってみたくなり、「小槌を振っても良いが、途中で鐘が鳴るとすべてが消えてしまう。さらに、小槌も二度と使えなくなってしまう。それくらいの覚悟が必要なのだ。」と言いました。

そして、村中の人が長者の家に集まり、長者が小槌を振ると小判がざくざく出てきました。

 

しかし、途中で寺の鐘が鳴り、気づいた長者はあわてて小槌を振るのをやめようとしましたが間に合わず小判は消えていき、人々はそれを呆然として見るしかできませんでした。

最後の一枚が消えたときに長者と村人は小槌を見ながら「いい夢をみさせてもらった」と言ったのだそうです。

 

その小槌は「打出の小槌」と呼ばれるようになり、兵庫県芦屋市には「打出小槌町(うちでこづちちょう)」という地名が現在も残っています。

 


どんな意味や効果があるの?

「打ち出」とは、「打ち出すこと」または「作り出すこと」という意味があります。

つまり、打ち出の小槌は「何かを打ち出す小槌」「何かを作り出す小槌」という意味になります。

 


 

打ち出の小槌を振りながら願い事をすることで、欲しいものを出したり、願い事が何でも叶う効果があります。

但し、芦屋の伝説にもあるように、小槌を振っている最中に鐘の音が聞こえてくると、出てきたものがすべて消えてしまうといわれています。

 

打ち出の小槌は、欲しいものを出すだけではなく、何でも願い事を叶えることができます。

昔ばなしの「一寸法師」では、体を大きくしたいという願い事をしました。

 

「一寸法師」は次のようなお話です。

 

一寸法師

むかしむかし、とても仲の良いおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんとおばあさんには子どもがおらず、毎日神様にお願いをし、ようやく男の子を授かりました。

男の子は一寸(約3㎝)の大きさしかなかったので、「一寸法師」と名付けられました。

 

ある日、一寸法師は「武士になるために京の都へ行きたい」とおじいさんとおばあさんのもとを旅立つことになりました。

このときおばあさんは刀のかわりに、針を持たせてくれました。

京の都に着いた一寸法師は、大きな屋敷で働かせてもらうことになり、屋敷の娘のお供としてお宮参りに行きますが、鬼が娘をさらいにきました。

そして、娘を守ろうとした一寸法師は、鬼に飲み込まれてしまいました。真っ暗な鬼のお腹の中で、一寸法師は針を振り回して鬼のお腹の中を何度も刺しました。

痛みで降参した鬼は一寸法師を吐き出し山へ逃げ出しましたが、その時、鬼は打ち出の小槌を落として行ったそうです。

娘が一寸法師に「お願い事はなんですか?」と尋ねると、一寸法師は「私の体が大きくなるよう言いながら振ってください」とお願いしました。

娘が小槌を振ると、一寸法師は身長6尺(約180㎝)の立派な男性になりました。

その後、一寸法師は娘と結婚し、おじいさんとおばあさんを都に迎え、打ち出の小槌で金銀財宝を出し末永く幸せに暮らしました。

 

大黒天

また、七福神である「大黒天」も打ち出の小槌を持っています。

 

 

大黒天は財運(金運のこと)や福徳(幸運)を司る神様といわれています。

大黒天の持つ打ち出の小槌は富をもたらす象徴で、金運UPが期待できたり、福を呼び込む縁起物といわれています。

 

英語で何という?

打ち出の小槌を英語にすると以下のようになります。

 

●mallet of luck (幸運のマレット)

●magic mallet (魔法のマレット)

※mallet=木槌

 

 

どんな願い事でも叶えてもらえる打ち出の小槌ですが、鐘の音がすればすべて消えてしまうのですね。

ちょっとがっかり・・・ですが、これは昔話や伝説の中での話です。

打ち出の小槌をモチーフにしたお守りを身に付けたり、飾りを置いたりすると、運勢が良くなったり、福を呼び込むといわれていますのでぜひ試してみてくださいね!

 

関連:七福神の由来と名前とは?七福神めぐりって何?どんなご利益があるの?

関連:鬼はなぜ虎柄のパンツを履いているの?その理由とは?

関連:赤鬼、青鬼、黄鬼、緑鬼、黒鬼の色の違いと意味とは?

関連:尺貫法の単位と換算一覧。面積、長さ、距離、体積、重さ

 

-未分類