日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「ずつ」と「づつ」の違いとは?どちらが正しいの?

      2019/08/22


 

「一人ずつ」「一人づつ」、「ひとつずつ」「ひとつづつ」など、「ずつ」と「づつ」両方の書き方を目にすることがありますよね?

書類や手紙などを書くときに「ずつ」と「づつ」のどちらが正しいのだろう?と迷った人も少なくないと思います。

今回は「ずつ」と「づつ」の違いや、どちらが正しいのかについて調べてみました。

 


「ずつ」と「づつ」の違いとは?

「ずつ」と「づつ」の違いは、「現代仮名遣い(げんだいかなづかい)」か「歴史的仮名遣い(れきしてきかなづかい)」かという点です。

「ずつ」は現代仮名遣いで、「づつ」は歴史的仮名遣いです。

仮名遣い(かなづかい)とは仮名の使い方のことです。

 

現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、昭和61年(1986年)に内閣告示第一号として交付された日本語の仮名遣いです。

 

歴史的仮名遣い(れきしてきかなづかい)とは、現代仮名遣いが告示される以前のものをいいます。

「旧仮名遣い(きゅうかなづかい)」や「復古仮名遣い(ふっこかなづかい)」「古典仮名遣い(こてんかなづかい)」と呼ぶこともあります。

 

現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの言葉をいくつか挙げてみます。

・「今日」は、現代仮名遣いは「きょう」、歴史的仮名遣いは「けふ」です。

・「井戸」は、現代仮名遣いは「いど」、歴史的仮名遣いは「ゐど」です。

・「火事」は、現代仮名遣いは「かじ」、歴史的仮名遣いは「くゎじ」です。

・「地面」は、現代仮名遣いは「じめん」、歴史的仮名遣いは「ぢめん」です。

・「会う」は、現代仮名遣いは「あう」、歴史的仮名遣いは「あふ」です。

・「蝶々」は、現代仮名遣いは「ちょうちょう」、歴史的仮名遣いは「てふてふ」です。

 


「ずつ」と「づつ」どちらが正しいの?

どちらが正しいということはありませんが、「ずつ」を使うのが基本です。

 

昭和61年(1986年)以前の昭和21年(1946年)に、内閣総理大臣によって「現代かなづかい」が告示されました。

これは、従来の仮名遣いが複雑で、使用するうえで困難が大きかったため、現代の語音にもとづいて仮名遣いを整理したものです。

整理することによって、教育上の負担を軽くし、国民の生活能力をあげ、文化水準を高める目的があったようです。

 

この時、「ぢ」と「づ」は誤用で「じ」と「ず」が正しいとされました。

例えば「地面(ぢめん)」や「一人づつ」は誤用で「地面(じめん)」や「一人ずつ」が正しいということになったのです。

しかし、「ぢ」と「づ」を誤用ということにしてしまったら、歴史的な文献や古い文書などの表現は間違いだという歪んだ認識が生まれたり、年配者の表現を否定してしまうのではないかということで、昭和21年の「現代かなづかい」の一部は、昭和61年の「現代仮名遣い」で改訂されることになりました。

 

昭和61年の内閣告示第一号には、「現代仮名遣いの『じ』『ず』を用いるのが基本ですが、歴史的仮名遣いの『ぢ』『づ』も間違いではありません」となっています。

 

 

「ぢ」「づ」が使える場合には以下のようなルールがあります。

 
●同じ音が続く場合

「続く(つづく)」=「つ」が続く場合。ほかに「鼓(つづみ)」や「綴り(つづり)」などがあります。

「縮む(ちぢむ)」=「ち」が続く場合。ほかに「縮れる(ちぢれる)」などがあります。

例外があり、「無花果(いちじく)」や「著しい(いちじるしい)」は「いちぢく」「いちぢるしい」とはなりません。

 

 
●ふたつの語がつながることで生じた「ぢ」と「づ」

もともと独立していた言葉が二つ組み合わさることで「ち」と「つ」に濁点がついた言葉です。

例えば「底(そこ)」と「力(ちから)」を組み合わせて「底力」の場合は「そこぢから」となり、「そこじから」とはなりません。

ほかに、「箱詰(はこづめ)」や「間近(まぢか)」などがあります。

 

 
●ふたつの語に分解できない場合

「世界中(せかいじゅう)」「融通(ゆうずう)」「稲妻(いなずま)」のように、ふたつの語に分解できない場合、基本的に「じ」「ず」と書くのが正しいのですが、「ぢ」「づ」は間違いではなく使っても問題ありません。

例えば「世界中(せかいぢゅう)」「融通(ゆうづう)」「稲妻(いなづま)」でも間違いではなく使っても問題ありません。

ほかに「鬼灯(ほおずき)」「盃(さかずき)」などがあり、基本的には「ず」が正しいのですが「ほおづき」「さかづき」という風に「づ」でも問題ありません。

「ずつ」もここに含まれます。

 

 

「じ」「ず」が基本ですので、「ずつ」と「づつ」の使用については、教科書や新聞、雑誌、公文書などで用いる場合は「ずつ」が正しく、例えば、学校のテストで「ひとりづつ」と書くと不正解になってしまいます。

NHKでは「づつ」は誤りとして、「ずつ」に統一しているそうです。

ただ、「『づつ』は間違っているので使ってはいけない!」というわけではなく、「『ずつ』が基本だけど、『づつ』も使って良いですよ。」という風に、「づつ」も許容範囲であると思うといいかもしれません。

ですから個人的な手紙や文書であれば「ひとりづつ」は間違いではなく使っても問題ありません。

 


 

「ずつ」と「づつ」の違いがわかりましたか?

正確には「ずつ」が正しいのですが、私的なものであれば「づつ」も間違いではありませんので、SNSや親しい人への手紙などでは「ひとりづつ」と表現しても良いのです。

ただ、文章を書くときに「どちらが正しいんだったかな?」と悩むこともあるかもしれませんので、現代仮名遣いの「ずつ」を使ったほうが無難でしょう。

 





 

 - 未分類