日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

夏至とは?2016年はいつ?食べ物は何?全国各地の風習・イベント情報

      2016/06/21

june03_a27
夏と冬を比べると、日が昇っている時間が違いますよね?

冬の間は16時を過ぎればあっという間に暗くなっていましたが、夏になるにつれてその時間は遅くなり、18時を過ぎても明るいことに気づいて、季節が移り変わっていることを感じることができます。

夏至とは、季節を感じることのできる一日なのですが、どういうものなのか詳しく調べてみましょう。

スポンサードリンク

夏至とは?

読み方は「げし」です。

1年間を24等分した二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、この日は日の出から日没までの時間が一年間で最も長いです。

夏至は、太陽の通る道が1年の中で一番北になるため、太陽が出ている時間が長くなるのです。

関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方

関連:冬至とは?2015年はいつ?かぼちゃ、ゆず湯の由来とは?


2016年はいつ?

kitamado_taiyo

二十四節気は太陽の動きを基準に決められるため、毎年同じ日が夏至になるわけではありません。

だいたい6月21日ごろで、2016年は6月21日(火)です。

この日だけを指す場合もあれば、期間を指す場合もあります。

期間の場合は、次の二十四節気「小暑(しょうしょ)」の前日までが夏至です。

2016年は6月21日から7月6日までです。

スポンサードリンク

食べ物は何?

 夏至の日に食べるものは、特に無いようです。

二十四節気は農作業の目安として考えられたということもあり、夏至の時期は田植えの時期の真っ只中で忙しく、特別な行事食をとる余裕がなかったのではないかといわれています。

夏至から11日目が半夏生(はんげしょう)で、この日までに田植えを終わらせるのが良いとされ、その後数日間は疲れを癒すために休みます。

夏至の日に食べる行事食はありませんが、夏至から半夏生の時期に食べるものはあるようですのでご紹介いたします。

関連:「半夏生」とは?2016年はいつ?「タコ」「鯖」「うどん」を食べるのはなぜ?


全国各地の食に関する風習は?

 夏至から半夏生の時期に食べるものは、地域によって異なります。


・関西地方は?

大阪ではタコを食べます。

これはタコが海底で岩に足を張りつけることから「稲がタコの足のように根を張りますように」という願いが込められているそうです。

奈良県や和歌山県ではもち米と小麦を同量あわせてつき、きな粉をまぶして作った小麦餅という餅を食べます。

この時期は小麦が収穫される時期でもあるため、収穫を手伝ってくれた人に配ったり、稲の豊作を願って食べたりするそうです。

s_00ny
・関東地方は?

関東地方では、小麦で作った餅を焼いたものを食べます。

田植えを手伝ってくれた人に振舞ったり、神様にお供えするそうです。


・そのほかの地域は?

福井県の一部地域では、を食べます。

江戸時代、福井県では鯖は貴重なスタミナ源とされており、厳しい夏が来るまでに体力をつけておこうという意味があるそうです。

香川県では、うどんを食べます。

田植えが終わる頃は、麦の刈り入れが終わる頃でもあることから、収穫した麦を使ってうどんを打ち、作業を手伝ってくれた人に振舞って労をねぎらうそうです。

12203f9f9c3e9-6c3f-4e5e-aaf2-3d94d436214e_l
 

夏至のイベントはあるの?

夏至の日には、日本だけではなく世界各地で夏至祭が行われます。

日本では三重県伊勢市にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で行われる夏至祭が有名です。

清き渚二見浦の夫婦岩の前で禊ぎを行い、夫婦岩の間から登る朝日を拝みます。

夏至の前後1か月のみ、朝日が夫婦岩の間から昇ります。

WS000149

北海道の当別町ではスウェーデンの夏至祭を忠実に再現したイベントが行われます。

毎年、数千人の来場者があり、リースの行進、マイストングの立上げ、フォークダンスなどが楽しめるほか、グリーンコンサート、ピエロのパフォーマンスショーなどの催し、当別産の農産物や「北欧プレート」などのオリジナルメニューが堪能できます。

当別町 第33回夏至祭

1451

 

また、2003年の夏至に第1回が開催され、その後毎年夏至と冬至に開催されている「100万人のキャンドルナイト」というイベントがあります。

「電気を消してスローな夜を」という節電やスローライフを呼びかけるもので、日本各地で行われています。

dsc_8669-12

一年で最も日が長く、夏至を過ぎれば少しずつ日が短くなっていくと思うと、特別な一日のように感じてしまいますね。

田植えの忙しい時期なので、古くからの行事や行事食はあまりありませんが、2003年からはキャンドルナイトが行われています。

夏至と冬至には、20時から22時まで電気を消し、ろうそくの明かりだけで過ごすというものです。

テレビやラジオも消し、静かに語りあったり、いろいろなことを考えたり。

普段とは違う時間を楽しめそうですね。

スポンサードリンク

 - 6月, 7月