日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

人日の節句の意味とは?七草粥はなぜ食べる?春の七草の覚え方

   

nanakusa400

日本には、「桃の節句」や「端午の節句」などがありますが、「人日(じんじつ)の節句」というのがあるのをご存知ですか?

「七草粥を食べる日」というと、ああ、なるほど!と思う人もいるかもしれません。

1月7日は、七草粥を食べて、1年間病気をせずに元気で過ごせるようにと願う日であり、「人日の節句」もしくは「七草の節句」と呼ばれています。

今回は、あまり知られていない人日の節句の意味や、七草粥を食べる理由などについてご紹介します。

スポンサードリンク


人日の節句は、その名の通り人の節句

日本には、3月3日(桃の節句)や5月5日(菖蒲の節句:子供の日)、7月7日(笹の節句:七夕)などのように、同じ数字が並ぶ5つの節句があります。

関連:『五節句』とは?いつなの?その意味や由来について

しかし、人日の節句は、その五節句のうちので、唯一数字が同じではない「1月7日」に定められています。

なぜ1月7日なのでしょうか?それは、古代の中国で行われていた占いの風習に由来します。

landmark_banri_choujou

中国では、1月の元日から6日までの各日に、動物をあてはめた占いが行われていました。

例えば、「1月1日は鶏を占う」、「2日は狗(犬)を占う」といった感じです。3日に羊、4日に猪(または豚)、5日に牛、6日に馬を占い、そして、7日には人を占っていたため、1月7日を人日(人を占う日)としました。

また、それぞれの日にあたっている動物は、その日だけは殺さないようにしたり、人日である7日には、人を大切にしなければならないということから、犯罪者の罪でさえ無効になったと言われています。

日本では、平安時代に「人日の節句」の風習が伝わり、江戸時代には、人日が五節句の一番最初の節句と定められました。

スポンサードリンク


七草粥を食べるのはなぜ?

人日の意味は分かりましたが、ではなぜ、人日に七草粥を食べるのでしょう?

七草粥の風習も、中国から伝わってきたものです。昔から、中国では、1月7日に邪気を払って1年間の無病息災を願うために、7種類の野菜が入った 吸い物などを食べる風習がありました。

13981

一方、日本では、年の初めに、若菜を摘んで、新しい生命力をいただく「若菜摘み」という習慣がありました。

そして、平安時代に、中国の吸い物を食べる習慣が日本に伝えられたことと、日本の「若菜摘み」の伝統とが相まって、1月7日に七つの若葉を入れたお粥を食べる「七草粥」になったと言われています。

その後、江戸時代になると、七草粥を食べることが幕府の公式行事となり、庶民の間にも広がるようになりました。


春の七草はどうやって覚えるの?

七草粥にいれる7種類の野菜は、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(カブ)・すずしろ(ダイコン)です。

普段は見かけない野菜も七草に入っているため、覚えづらそうですが、俳句のように、5・7・5・7・7のリズムに合わせて口ずさんでみましょう。意外と分かりやすいですよ。

「セリ・ナズナ 」 「ゴギョウ・ハコベラ 」 「ホトケノザ 」「 スズナ・スズシロ 」「春の七草」

というように、「」のところで言葉を区切って読むと、リズムが良くて記憶に残りやすいので、是非試してみて下さいね。
nanakusa01

人日の節句の意味と、1月7日に七草粥を食べるようになった理由をお分かりいただけましたか?

七草粥は幕府の公式メニューになったすごい料理なのですね。お正月の暴飲暴食で疲れた胃を労わるためだけの食べ物ではなく、人日の節句のお祝いとしての食べ物だったことも覚えておいて下さいね。

スポンサードリンク

 - 1月, 冬の行事