日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「庚申の日」読み方と意味とは?2016年はいつ?

      2016/12/04

140618img01-640x270
みなさんは、「庚申の日」をご存知ですか?

「年月日」や「時間」は普通数字で表しますが、ほかの表現の仕方もあります。

我々の先祖は年月日や時間、さらに方角を干支(十干十二支)というものを使って表現してきました。

戊辰戦争の「戊辰」や壬申の乱の「壬申」などがそうです。

「庚申」も干支のひとつです。

今回は「庚申の日」についていろいろ調べていきましょう。

スポンサードリンク

「庚申の日」読み方と意味とは?

 読み方は「かのえさるのひ」または「こうしんのひ」です。

私たちが一般的に「干支」といっているものは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」のうちの「十二支」のことで、

『子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)』という12のものが順番に巡ってきます。

そして、

『甲(こう・きのえ)、乙(おつ・きのと)、丙(へい・ひのえ)、丁(てい・ひのと)、戊(ぼ・つちのえ)、己(き・つちのと)、庚(こう・かのえ)、辛(しん・かのと)、壬(じん・みずのえ)、癸(き・みずのと)』

「十干」といいます。

この十干と、十二支を組み合わせると、1番目を「甲子(きのえね)」、2番目を「乙丑(きのとうし)」、3番目を「丙寅(ひのえとら)、4番目を「丁卯(ひのとう)」、5番目を「戊辰(つちのえたつ)」・・・と続き、60番目が「癸亥(みずのとい)」となります。

エウサル60

この組み合わせを年に当てはめると、60年で一巡します。

日にも当てはめることができ、60日で一巡します。

「庚申」とは、60の組み合わせのうちのひとつで、57番目に巡ってきます。


「庚申の日」由来とは?

「庚申の日」というのは、平安時代に中国から伝来した「庚申信仰」からきています。

人の体内には「三尸(さんし)」という3匹の虫が潜んでいると考えられていました。

20150131_1140783

三尸とは、

「上尸(じょうし・人の頭の中に潜み、首から上の病気を引き起こす虫)」

「中尸(ちゅうし・人の腹の中に潜み、臓器の病気を引き起こす虫)」

「下尸(げし・人の足の中に潜み、腰から上の病気を引き起こす虫)」

という3匹の虫のことです。

9d920b0f

この三尸は、人が死ねば自由になれるので、人の寿命を縮めようと常々、隙を窺っています。

しかし、普段は体内から出ることはできず、庚申の日だけ、人が眠っている間に体内から出ていくと考えられていました。

人が眠った後、三尸は天に昇って閻魔大王に人間の悪行を報告するそうです。

三尸が悪行を報告すると閻魔大王は人の寿命を縮めてしまいます。

img026

寿命を縮めらては大変ですので、三尸を食べてしまうとされる青面金剛(しょうめんこんごう・青色の体で目が赤く、怒りの形相をしている)を祀ったり、庚申の日には寝ずに過ごしたといわれています。

これを「庚申待(こうしんまち)」といい、寝ずに神仏に祈りを捧げたり、ただ起きているだけではつまらないので、夜通し和歌を詠んだり、お酒を飲んだり、みんなで集まって大騒ぎをしたりと、次第にお祭りへと発展した地域もあるそうです。

20060704154659

江戸時代ごろになると、庚申待を18回繰り返すと、その記録として庚申塔や庚申天と刻んだ石碑を建てるようになりました。

そのため、街中のいたるところに石碑が建てられていましたが、明治時代になると「庚申信仰は迷信だ」という政府によって多くの石碑が破壊、撤去されたそうです。

現在でも存在する石碑は、明治政府による破壊、撤去を免れたものなのです。

スポンサードリンク

2016年はいつ?

60日ごとに巡ってくる庚申の日ですが、2016年は下記のようになります。

2月8日(月)

4月8日(金)

6月7日(火)

8月6日(土)

10月5日(水)

12月4日(日)

1e2665f2fc3dc923468ee10c91d38c21d1903f19.03.2.2.2

庚申の日には、縁日やお祭りを行う神社やお寺があります。

年に6回~7回の庚申の日に毎回行うところもあれば、年に一度だけ行うところもあるようですので、事前に確認しましょう。

年賀状の時期にしかあまり意識しない干支ですが、正確には「十干十二支」というのです。そして、古くから日本人の生活に取り入れられているのですね。

スポンサードリンク

 - 未分類