日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

「明治の日」制定の動き。明治天皇の誕生日はいつ?祝日はどうなる?

      2018/12/27

20160114-00504515-shincho-000-view

 

2018年に、明治維新から150年を迎えました。

その中に「11月3日を明治の日に制定する」という動きがあるようなのですが、なぜ11月3日なのでしょう?

11月3日は文化の日です。

なぜ文化の日を明治の日にしようとしているのでしょう?

今回は明治の日について調べてみました。

 

 

スポンサードリンク


明治維新から150年?

 明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府を倒幕し、明治政府による天皇親政体制(天皇自身が政治を行うこと)への転換、それに伴う一連の改革のことです。

明治維新の開始時期については諸説ありますが、一般には慶応4年3月14日(新暦・1868年4月6日)に五箇条のご誓文が発布された日とされています。

ほかに、慶応3年(1867年)の大政奉還や王政復興の大号令、明治に改元(かいげん・元号を変更すること)された旧暦9月8日(新暦・1868年10月23日)などがあります。


明治維新から100年には何かあったの?150年に何が行われたの?

 1968_3

 

明治維新により元号が明治になった1868年10月23日から満100年を記念して昭和43年(1968年)10月23日にが日本政府主催で「明治百年記念式典」が日本武道館で開催され、昭和天皇、皇后、当時の佐藤栄作首相をはじめ約9千人が出席しました。

首相官邸の幹部は、日本の近代化を発展させた明治時代を次世代に伝えるため、100年と同じように150年でも式典をおこなうべきだと考えており、平成30年(2018年)10月23日(火)に、政府主催で記念式典が開催されました。

式典には国会議員らが参加しましたが、「明治百年記念式典」のときと比べると、規模が小さくなっているようです。

政府は、「明治の歩みを、つなぐ、つたえる」をスローガンに、日本各地でのイベントを推奨しており、2018年は一年を通じて日本各地で明治維新や明治150年に関するイベントが行われました。


なぜ明治の日を制定するの?

 明治の日制定を目指す「明治の日推進協議会」は「明治以降の歩みを次世代に残すことが大事であると考えるなら、一過性のイベントでお茶を濁すのではなく、年に一度は明治時代の意義を振り返ることができるよう『明治の日』を制定することが施策の中心とされねばならない」とコメントをしています。

また、このあと詳しくご説明しますが、11月3日はもともと明治天皇の誕生日でした。

明治天皇が崩御されたあとは「明治節」という祝日として残り、第二次世界大戦後に「文化の日」に変更されてしまったこともあり、「明治の日推進協議会」は「本来の由緒に基づく明治の日とし、明治時代を振り返ることを通じて国民としてなすべきことを考える契機にした方が良いと」と考え、現在も明治の日制定に向けて活動を続けています。

 

  

スポンサードリンク


明治の日はいつになるの?

先述したとおり、11月3日といえば「文化の日」ですが、実はこの日は明治天皇の誕生日なのです。

ですから11月3日を、明治の日に制定しようという動きがあります。

 img_0

 

11月3日は明治時代には「天長節(天皇誕生日のこと)」という祝日でしたが、天皇が崩御された後、国民が「近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」ということで運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。

しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。

日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。

 

GHQ_building_circa_1950

 

明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。

日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。

2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。

神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。

GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのでしょう。

そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に「文化の日」が祝日に加えられたそうです。

昭和21年(1946年)11月3日に日本国憲法が公布されたことも、祝日となった理由のひとつだそうです。

 

関連:憲法記念日はいつ?由来と意味とは?文化の日との深い関係とは?

関連:文化の日の由来とは?2019年の無料スポット!美術館・博物館など


祝日はどうなるの?

11月3日が「明治の日」になったとして、もともと文化の日で祝日でしたので、名称が変更されるだけなのでは?といわれています。

文化の日がどこかへ移動して祝日が一日増える・・・という話は、現段階ではないようですね。

E6988EE6B2BBE5A4A9E79A87

 

昭和天皇の誕生日は、昭和天皇が崩御されたあと「みどりの日」となりました。

しかし多くの国民の要望を受けて、平成17年(2005年)の祝日法改正により、「みどりの日」は「昭和の日」となりました。

明治天皇の誕生日も、「文化の日」から「明治の日」になるのかもしれませんね。

もしかしたら祝日が増えるかも?と少しだけ喜んだ方もいらっしゃるかもしれませんが・・・現段階では、名称が変更されることになりそうですね。

 

関連:天皇誕生日(祝日)は今後変わる?年号が変わるたびに増える?

関連:昭和の日があるのに明治の日や大正の日がないのはなぜ?

 

スポンサードリンク

おすすめの記事と広告

 - 11月, 未分類