暦・カレンダー

【2022年】入籍や結婚式に良い日はいつ?結婚・入籍日カレンダー


 

結婚することが決まったら、入籍や結婚式をいつにするか考えますよね?

二人の記念日、どちらかの誕生日、縁起が良い日、特にこだわりはない!と、日にちを決める基準は人それぞれですね。

一生に一度のことなのだから、カレンダーを確認してより良い日を選びたい!という人もいらっしゃいませんか?

今回は、2022年の入籍や結婚式にはいつが良いのか調べてみました!

 

すぐに知りたい方は、以下のリンクから飛んでくださいね!

入籍や結婚式に良い日はいつ

 

 

スポンサーリンク


2022年入籍や結婚式に良い日はいつ?

それでは入籍や結婚式に良いとされる縁起の良い吉日をひとつづつ紹介していきます。

 

大安

「縁起が良い日」というと、六曜(ろくよう)を基準にする人が多いです。

六曜とは、先勝(せんしょう・さきかち)、友引(ともびき・ゆういん)、先負(せんぷ・さきまけ)、仏滅(ぶつめつ)、大安(たいあん・だいあん)、赤口(しゃっこう・しゃっく・せきぐち)の6つのことです。

この中で入籍や挙式に最適な日は「大安」を選ぶ人が多いです。

 

「大安」は六曜の中で最も吉の日です。

一日中吉で、婚礼、旅行、建築、開店、引っ越しなど、すべてのことに吉となっています。

 

2022年の大安は以下の通りです。


日にち
1月8日(土)、14日(金)、20日(木)、26日(水)
2月5日(土)、11日(金)、17日(木)、23日(水)
3月1日(火)、6日(日)、12日(土)、18日(金)、24日(木)、30日(水)
4月3日(日)、9日(土)、15日(金)、21日(木)、27日(水)
5月2日(月)、8日(日)、14日(土)、20日(金)、26日(木)、30日(月)
6月5日(日)、11日(土)、17日(金)、23日(木)
7月4日(月)、10日(日)、16日(土)、22日(金)、28日(木)
8月2日(火)、8日(月)、14日(日)、20日(土)、26日(金)、30日(火)
9月5日(月)、11日(日)、17日(土)、23日(金)、28日(水)
10月4日(火)、10日(月)、16日(日)、22日(土)、26日(水)
11月1日(火)、7日(月)、13日(日)、19日(土)、24日(木)、30日(水)
12月6日(火)、12日(月)、18日(日)、28日(水)
 

天赦日

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)は、天がすべての罪を赦(ゆる)すという最上の吉日で、カレンダーなどには「万(よろづ)よし」と記注されています。

「万よし」とは、「何に関しても良し」という意味があり、入籍や結婚式など婚礼関係、引っ越し、開業、出生届、財布の新調などが特に良い日といわれています

 

2022年の天赦日は以下の通りです。

 

1月11日(火)

3月26日(土)

6月10日(金)

8月23日(火)

10月22日(土)

11月7日(月)

 

一粒万倍日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、一粒の籾(もみ)が稲穂のように万倍にも増えるといわれる吉日で、何事を始めるにも良い日とされ、開店、種まき、商売始めなど、お金を出すことが特に良い日といわれています。

また、大安や天赦日と重なると更に縁起が良い日になるとされています。

ただし、借金や人から物を借りることに関しては「苦労の種が万倍になる」ということで凶とされています。

 

2022年の一粒万倍日は以下の通りです。


日にち
1月11日(火)、14日(金)、23日(日)、26日(水)
2月5日(土)、10日(木)、17日(木)、22日(火)
3月1日(火)、9日(水)、14日(月)、21日(月)、26日(土)
4月2日(土)、5日(火)、8日(金)、17日(日)、20日(水)、29日(金)
5月2日(月)、14日(土)、15日(日)、26日(木)、27日(金)
6月9日(木)、10日(金)、21日(火)、22日(水)
7月3日(日)、4日(月)、7日(木)、16日(土)、19日(火)、28日(木)、31日(日)
8月10日(水)、15日(月)、22日(月)、27日(土)
9月3日(土)、11日(日)、16日(金)、23日(金)、28日(水)
10月5日(水)、8日(土)、11日(火)、20日(木)、23日(日)
11月1日(火)、4日(金)、16日(水)、17日(木)、28日(月)、29日(火)
12月12日(月)、13日(火)、24日(土)、25日(日)
 

母倉日

母倉日(ぼそうにち)は、「母が子を育てるのと同じように、天が人間を慈しむ日」という意味があり、何事にも吉で、特に婚姻関係は大吉とされています。

 

2022年の母倉日は以下の通りです。


日にち
1月5日(水)、16日(日)、17日(月)、28日(金)、29日(土)
2月4日(金)、15日(火)、16日(水)、27日(日)、28日(月)
3月11日(金)、12日(土)、23日(水)、24日(木)
4月4日(月)、10日(日)、11日(月)、22日(金)、23日(土)
5月4日(月)、10日(日)、11日(月)、22日(金)、23日(土)
6月6日(月)、7日(火)、18日(土)、19日(日)、30日(木)
7月1日(金)、15日(金)、16日(土)、27日(水)、28日(木)
8月7日(日)、10日(水)、13日(土)、16日(火)、19日(金)、22日(月)、25日(木)、28日(日)、31日(水)
9月3日(土)、6日(火)、9日(金)、12日(月)、15日(木)、18日(日)、21日(水)、24日(土)、27日(火)、30日(金)
10月3日(月)、6日(木)、8日(土)、19日(水)、20日(木)、31日(月)
11月3日(月)、6日(木)、8日(土)、19日(水)、20日(木)、31日(月)
12月9日(金)、10日(土)、21日(水)、22日(木)
 

スポンサーリンク


2022年入籍や結婚式に良くない日はいつ?

次は入籍や結婚式に良くないとされる縁起の良くない日を見ていきましょう。

 

不成就日

不成就日(ふじょうじゅび)は、何事も成就しない日、悪い結果だけを招く日という意味があり、結婚や引っ越し、契約、願い事など、いろいろなことが凶となるので、なにかを始めるには適さない日とされています。

 

2022年の不成就日は以下の通りです。


日にち
1月8日(土)、16日(日)、24日(月)
2月3日(木)、11日(金)、19日(土)、27日(日)
3月4日(金)、12日(土)、20日(日)、28日(月)
4月1日(金)、9日(土)、17日(日)、25日(月)
5月4日(水)、12日(木)、20日(金)、28日(土)
6月3日(金)、11日(土)、19日(日)、27日(月)
7月4日(月)、12日(火)、20日(水)、28日(木)、31日(日)
8月8日(月)、16日(火)、24日(水)、28日(日)
9月5日(月)、13日(火)、21日(水)、26日(月)
10月4日(火)、12日(水)、20日(木)、28日(金)
11月5日(土)、13日(日)、21日(月)
12月6日(火)、14日(水)、22日(木)、28日(水)
 

仏滅

仏滅(ぶつめつ)は六曜の中で最も凶の日で、何をしても悪い日とされており、結婚や入籍も避けた方が良いようです。

 

2022年の仏滅は以下の通りです。


日にち
1月2日(日)、7日(金)、13日(木)、19日(水)、25日(火)、31日(月)
2月4日(金)、10日(木)、16日(水)、22日(火)、28日(月)
3月5日(土)、11日(金)、17日(木)、23日(水)、29日(火)
4月2日(土)、8日(金)、14日(木)、20日(水)、26日(火)
5月1日(日)、7日(土)、13日(金)、19日(木)、25日(水)
6月4日(土)、10日(金)、16日(木)、22日(水)、28日(火)
7月3日(日)、9日(土)、15日(金)、21日(木)、27日(水)
8月1日(月)、7日(日)、13日(土)、19日(金)、25日(木)、29日(月)
9月4日(日)、10日(土)、16日(金)、22日(木)、27日(火)
10月3日(月)、9日(日)、15日(土)、21日(金)、25日(火)、31日(月)
11月6日(日)、12日(土)、18日(金)、29日(火)
12月5日(月)、11日(日)、17日(土)、27日(火)
 

鬼宿日

鬼宿日(きしゅくび)は鬼が宿にいて、外を出歩かないといわれ、鬼に邪魔をされず、何事をするにも良い吉日とされていますが、結婚や入籍、結納など婚礼関係だけは「凶」です。

鬼宿日は鬼が宿にいる日なので、「宿」を「家」と考えると、結婚などは婚家に嫁入りすることなので、「嫁が家に入る」ということになり、鬼が家の中にいる鬼宿日に嫁入りしたら、鬼と嫁が鉢合わせしてしまうから婚姻関係は「凶」だといわれています。

 

2022年の鬼宿日は以下のとおりです。

 

1月7日(金)

2月4日(金)

3月4日(金)

4月1日(金)、29日(金)

5月27日(金)

6月24日(金)

7月22日(金)

8月19日(金)

9月16日(金)

10月14日(金)

11月11日(金)

12月9日(金)

 

土用

土用(どよう)は、「土いじりをしてはならない」とか「旅行は控えた方が良い」と言われている季節の変わり目の期間のことで、結婚や結納なども避けた方が良いといわれています。

土用の期間は18日間ありますので、その間ずっと土いじりや結婚などが出来ないとなると生活に支障が出てしまうため、土用の影響を受けない「間日(まび)」が設けられています。

 

2022年の土用と間日は以下のとおりです。


冬の土用1月17日(月)~2月3日(木)
冬の土用間日1月25日(火)、26日(水)、28日(金)
春の土用4月17日(日)~5月4日(水)
春の土用間日4月22日(金)、23日(土)、26日(火)、5月4日(水)
夏の土用10月20日(木)~11月6日(日)
夏の土用間日7月25日(月)、26日(火)、30日(土)、8月6日(土)
秋の土用1月17日(月)~2月3日(木)
秋の土用間日10月21日(金)、23日(日)、25日(火)、11月2日(水)、4日(金)、6日(日)
 

三隣亡

三隣亡(さんりんぼう)は建築関係の大凶日とされています。

引っ越しは、家を建てるわけではありませんが、「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」と言われていることから、ご近所さんの中に不安に思う方がいらっしゃらないとも限りません。

その後の長いお付き合いのことも考えると、三隣亡は避けた方が良いでしょう。

 

2022年の三隣亡は以下の通りです。


日にち
1月1日(土)、5日(水)、17日(月)、29日(土)
2月15日(火)、27日(日)
3月14日(月)、26日(土)
4月11日(月)、23日(土)
5月10日(火)、22日(日)
6月3日(金)、6日(月)、18日(土)、30日(木)
7月16日(土)、28日(木)
8月14日(日)、26日(金)
9月7日(水)、10日(土)、22日(木)
10月4日(火)、8日(土)、20日(木)
11月1日(火)、18日(金)、30日(水)
12月15日(木)、27日(火)

2022年入籍や結婚式に良い日はこの日!結婚・入籍カレンダー

それでは、これまで紹介した良い日、良くない日を踏まえ、2022年の入籍や結婚に良い日をご紹介いたします。

 

1月の結婚・入籍に良い日

11日(火:天赦日・一粒万倍日)
14日(金:大安・一粒万倍日)
26日(水:大安・一粒万倍日・土用の間日)
28日(金:母倉日)

 

2月の結婚・入籍に良い日

5日(土:大安・一粒万倍日)
17日(木:大安・一粒万倍日)
23日(水:大安)

 

3月の結婚・入籍に良い日

1日(火:大安・一粒万倍日)
6日(日:大安)
9日(水:一粒万倍日)
18日(金:大安)
21日(月:一粒万倍日)
24日(木:大安・母倉日)
30日(水:大安)

 

4月の結婚・入籍に良い日

3日(日:大安)
4日(月:母倉日)
5日(火:一粒万倍日)
10日(日:母倉日)
15日(金:大安)
22日(金:母倉日)

 

5月の結婚・入籍に良い日

8日(日:大安)
14日(土:大安・一粒万倍日・母倉日)
15日(日:一粒万倍日)
26日(木:大安・一粒万倍日・母倉日)
30日(月:大安)

 

6月の結婚・入籍に良い日

5日(日:大安)
7日(火:母倉日)
9日(木:一粒万倍日)
17日(金:大安)
21日(火:一粒万倍日)
23日(木:大安)

 

7月の結婚・入籍に良い日

1日(金:母倉日)
7日(木:一粒万倍日)
10日(日:大安)
19日(火:一粒万倍日)

 

8月の結婚・入籍に良い日

10日(水:一粒万倍日・母倉日)
15日(月:一粒万倍日)
20日(土:大安)
22日(月:一粒万倍日・母倉日)
23日(火:天赦日)
27日(土:一粒万倍日)
30日(火:大安)
31日(水:母倉日)

 

9月の結婚・入籍に良い日

3日(土:一粒万倍日・母倉日)
6日(火:母倉日)
9日(金:母倉日)
11日(日:大安・一粒万倍日)
12日(月:母倉日)
15日(木:母倉日)
17日(土:大安)
18日(日:母倉日)
23日(金:大安・一粒万倍日)
24日(土:母倉日)
28日(水:大安・一粒万倍日)
30日(金:母倉日)

 

10月の結婚・入籍に良い日

5日(水:一粒万倍日)
6日(木:母倉日)
10日(月:大安)
11日(火:一粒万倍日)
16日(日:大安)
19日(水:母倉日)
23日(日:一粒万倍日・土用の間日)

 

11月の結婚・入籍に良い日

4日(金:一粒万倍日・土用の間日)
7日(月:大安・天赦日)
15日(火:母倉日)
16日(水:一粒万倍日・母倉日)
17日(木:一粒万倍日)
19日(土:大安)
24日(木:大安)
27日(日:母倉日)
28日(月:一粒万倍日・母倉日)

 

12月の結婚・入籍に良い日

10日(土:母倉日)
12日(月:大安・一粒万倍日)
13日(火:一粒万倍日)
18日(日:大安)
21日(水:母倉日)
24日(土:一粒万倍日)
25日(日:一粒万倍日)

 

2022年 入籍・結婚式に最も良い日はいつ?

入籍や結婚式の日として最も良いのは、大安・天赦日・一粒万倍日が重なる日ですが、残念ながら2022年は当てはまる日がありません。

しかし、大安と一粒万倍日が重なる日はたくさんありますので、その中から選ぶと良いですね!

 

入籍や結婚式の日に人気の日

他に、入籍や結婚式の日として人気があるのはゾロ目や語呂合わせです。

ゾロ目は「1月1日」「1月11日」「2月2日」「2月22日」など、同じ数字が並ぶ日ですね。

 

語呂合わせは以下のようなものがあります。


人気の日語呂合わせ
1月8日1番ハッピー!
1月23日ワン・ツー・スリーの日。新しいことを始めるのに向いている日とされています。
1月24日いつも二人が幸せ
2月2日夫婦の日
3月9日サンキュー!
3月14日円周率の日。割り切れない数字=離婚しない!
4月22日良い夫婦
5月22日ご夫婦
8月28日末広がりの「八」、ハッピーの「8」に、2人が包まれる日なので幸せになれるといわれています。
9月7日暮らそう仲良く
11月22日いい夫婦
12月4日いつも二人が幸せ
 

 

六曜や天赦日、一粒万倍日は科学的根拠のない迷信であるといわれています。

気にしない人は全く気にしませんし、仏滅に入籍や結婚式をしたからといって不幸になるわけではありません。

迷信とわかっていても、縁起が良い日を選びたいと思う人が多いのは、人生に一度のことだからなのでしょうね。

いろいろな意見を参考に、二人にとって最も良い入籍や結婚式の日を決めてくださいね!

 

関連:六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の由来や意味、読み方とは?

関連:「天赦日」と「一粒万倍日」とは?2022年一番縁起の良い日はいつ?

関連:不成就日とは?2022年はいつ?大安と重なった日はどうなるの?

関連:【入籍や結婚式に最適!】「母倉日」意味とは?2022年はいつ?仏滅や赤口、不成就日が重なっても大丈夫?

関連:【2022年】引っ越しに良い日はいつ?引っ越し吉日カレンダー

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暦・カレンダー