7月 8月 未分類

お中元の贈り物のお返しはどうすればいい?マナーとお礼状の例文



取引先や親戚からお中元をいただくことがありますが、お返しはどうしていますか?

引っ越しや結婚のお祝い返しと同じように、お中元のお返しも3割~半額のものを選ぶのでしょうか?

お中元をいただいて「お返しをどうしよう!」と慌てたり、「そもそもお返しが必要なの?」と悩んだりした人は少なくないと思います。

今回は、お中元のお返しについて調べてみました。

 


お中元とは?

お中元とは、感謝の気持ちや健康を願う気持ちなどをあらわすために、普段お世話になっている方や目上の方に品物を贈る風習のことです。

お中元は、中国の代表的な宗教のひとつである「道教(どうきょう)」の風習が由来といわれています。

 

道教には「三元」という節目があり、厄を払う重要な日とされていました。

三元とは1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、10月15日の「下元」のことで、このうち7月15日の「中元」は仏教のお盆と重なっています。

そのため、お盆の「お供え物を贈る」「ご先祖様に感謝をする」という風習が混じって、現在のような「お盆の時期に感謝の気持ちを込めてお中元を贈る」という風習に変化したようです。

 


 

お盆は、もともと旧暦の7月15日でしたが、明治5年(1872年)に新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)が採用された時、旧暦と新暦では約1ヶ月のズレがあることが問題になりました。

そのため、地域によっては旧暦7月15日をそのまま新暦の7月15日をお盆にした地域と1ヶ月ずらした8月15日をお盆にした地域があるのです。

このように、お盆は新暦になったときに地域差が生まれ、お盆の時期に贈るお中元も同じよう地域差が生まれたようです。

 

お中元のお返しはどうすればいい?

お中元は目下の人が、「いつもお世話になっています」という気持ちを込めて目上の人へ送るものですから、基本的にお返しは不要で、お礼状を送るのが一般的です。

目下の人から目上の人へ送るのが基本ですが、親戚や友人など上下関係がない人からお中元をいただいた場合は、お返しをすることが一般的です。

 

お中元をいただいてすぐにすること

■目上から目下の場合

基本的にお返しは不要なので、お礼状を送ります。

 
■上下関係がない間柄の場合

基本的にはお礼状を送ってからお返しの品を贈りますが、お礼状とお返しの品を一緒に贈っても良いようです。

一緒に贈る場合は、お中元をいただいたらまずは電話でお礼を伝えておきましょう。

 

 


 

お返しのタイミング

■「お礼状」

「お礼状」はお中元をいただいてから遅くとも三日以内に送るのがマナーとされており、一般的にはお中元をいただいたその日中には送ります。

お礼状は手紙やハガキでも良いですし、メールやSNSなどを普段から利用している親しい間柄ならメッセージを送っても良いでしょう。

 
■「お返しの品」

目下の人からお中元をいただいた場合、目上の人からお返しは必要ありません。

お中元のお返しはなるべく早くするのがマナーで、もしもお中元の時期を過ぎてしまっていた場合は、表書きを「お中元」ではなく「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として贈ります。

 

お中元は地域によって期間が異なります。

◆北海道

お中元の期間は7月下旬~8月15日

 

 
◆関東、東北、北陸

お中元の期間は7月1日~7月15日

 

 
◆東海、関西、四国、中国

お中元の期間は7月15日~8月15日

 

 
◆九州

お中元の期間は8月1日~8月15日


贈る相手が住んでいる地域のお中元の時期に合わせて、期間内のなるべく早めにお返しを贈るのがマナーです。

しかし、現在は、全国的に6月下旬から7月15日までに届くように贈ることが一般的になりつつあり、上記の時期と当てはまらない場合があります。

そんな場合は、相手がどのような人なのか考慮し、失礼にあたらないよう臨機応変にお返しを贈る時期を選ぶと良いでしょう。

 
中元の時期を過ぎてしまった場合は・・・

中元の時期を過ぎてしまって暑中見舞いや残暑見舞いとして贈る場合は以下の期間を参考にしてください。

暑中見舞いの期間は7月7日~8月6日

残暑見舞いの期間は8月7日~8月31日

 


お中元のお返しのマナー


 

お中元のお返しは、いただいたものより安いものを贈るのがマナーで、高いものを贈ってしまうと「次からお中元は結構です」という意味になって失礼にあたります。

一般的には、いただいたものの半額から同額程度のものを贈りましょう。

 

 

また、お礼状は基本的に以下のように書きます。

 

お礼状の書き方

正式なマナーは封書でお礼状を出し、ハガキは略式とされていますが、最近はハガキでのお礼状も問題ないという考え方が広まっています。

とても親しい方の場合は、メールやSNSなどでお礼を伝える人もいますので、相手との関係を考慮してお礼を伝える方法を決めると良いでしょう。

 

封書やハガキは、どのようなものを使っても問題ありません。

暑中見舞いや残暑見舞いの時期にお礼状を出す場合、暑中見舞いハガキや残暑見舞いハガキにお中元のお礼の一文を添えて出しても良いでしょう。

 

基本的なお礼状の書き方は以下の通りです。

1.頭語

頭語(とうご)とは、手紙の最初に書く「拝啓」「謹啓」「前略」などの挨拶のことです。

 

 
2.時候の挨拶

時候(じこう)の挨拶とは、その時の陽気、四季折々の気候、天候に関係する挨拶のことです。

7月なら「大暑の候」「猛暑の候」など、8月なら「晩夏の候」「立秋の候」など

 

 
3.相手の健康や安否を尋ねる言葉

「〇〇様におかれましては、お元気でお過ごしのことと存じます」

「みなさまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか」など

 

 
4.お礼、感謝の言葉

「このたびは結構なお品をお贈りいただきましてありがとうございます」

「このたびはご丁寧なお心遣いをいただき、ありがとうございました」など

 

 
5.相手の健康を気遣う言葉

「暑さはこれからが本番です。どうぞご自愛ください」

「暑さはまだまだ続くようです。どうぞお健やかにお過ごしください」など。

 

 
6.結語

結語(けつご)とは、手紙の最後に書く「敬具」「草々」「かしこ」などの結びの言葉のことです。

 

 
7.日付と差出人の名前

令和○年○月 山田太郎



以上のものをまとめたものが以下の例文です。

 

お礼状の例文

拝啓

猛暑の候、みなさまにはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは結構なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。

暑さ厳しい折ですが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

略儀ながら取り急ぎ書中にてお礼申し上げます。

敬具

令和二年 7月   差出人の名前

 

お中元のお返しは基本的には不要なのですね。

お中元は一度だけ贈るのではなく、継続して贈るのが礼儀とされており、相手との関係がずっと続くものだといわれています。

お中元の品は高額なものもたくさんありますが、双方の負担にならない金額の物を選んで、末永くお付き合いを続けられると良いですね。

 

関連:2020年お中元の期間はいつからいつまで?お中元ギフトはいつまでに贈ればいい?

関連:2020年「暑中見舞い」「残暑見舞い」を出す時期はいつからいつまで?文例を紹介

関連:「暑中見舞い」気の利いた一言・メッセージ・添え書き例文まとめ

関連:「残暑見舞い」気の利いた一言・メッセージ・添え書き例文まとめ

 



-7月, 8月, 未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab