日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

暑気払いとは?時期はいつ?食べ物は何?反対語は?

   

95c11972b2f2d4c40466b53d06f912f3

「暑くなったから暑気払いに行こう!」と、会社の人たちや、仲間たちに誘われたことはありませんか?

なんとなく「暑さを乗り切るために行うもの」と思っている方も多いと思いますが、きちんとした意味や、時期などを知っている方はどれくらいいらっしゃるでしょう。

今回は、暑気払いについていろいろ調べてみましょう。

  

スポンサードリンク


暑気払いとは?

読み方は「しょきばらい」です。

暑さや体にたまった熱気を払うという意味があり、暑さで弱った体や気を正して元気になろうという意味もあります。

 32bfb359bbaf59cc22acb1e73b6b5aca

暑い日が続くと、食欲が無くなったり、体が疲れやすくなります。

それは今も昔も変わらないようで、冷たい食べ物や飲み物で体の熱を冷ましたり、海や川に入って暑さを凌いだり、漢方を使って体の熱気を取ったりしていました。

近年では暑気払いというと、海や川、漢方などではなく、会社帰りにビアガーデンへ・・・という風に、夏の風物詩でもあるビアガーデンへ行き、冷たいビールで体を冷やすというイメージが強いかもしれませんね。

今と昔では暑気払いの方法が異なりますが、飲み会で元気になることができるのなら、それも立派な暑気払いです。


時期はいつ?

 暑気払いの時期は「暑い時期」というだけで明確には決まっていません。

とはいえ、ある程度の目安となるのは、昔から使われている暦です。

夏至(げし・6月21日ごろ)は夏の訪れを意味します。

小暑(しょうしょ・7月7日ごろ)は本格的に暑くなり始める日です。

大暑(たいしょ・7月23日ごろ)は最も暑い時期です。

立秋(りっしゅう・8月7日ごろ)は暦の上では秋になります。

処暑(しょしょ・8月23日ごろ)は暑さが和らぐころという意味があります。

このことから、夏が訪れる6月21日ごろから、暑さが和らぐ8月23日ごろまでに行うといいですね。

 

スポンサードリンク


食べ物はなに?

 暑気払いの行事食は特にありません。

しかし、体にたまった熱を払う目的があるので、キュウリやスイカなど体を冷やす効果のあるものを食べるといいですね。

見た目も涼しいそうめんや冷や麦、カキ氷などもおススメです。

また、江戸時代には冷やした甘酒を暑気払いに飲んでいたそうです。

甘酒は「飲む点滴」ともいわれていて、栄養満点なのです。

ノンアルコールの甘酒も販売されていますので、お子さんやお酒に弱い方にもおススメですね。

item-0009


反対語は?

 暑気払いの反対語ですから「寒気払い」という言葉があるのかな?と思って調べてみましたが、暑気払いの反対語は存在しないようです。

しかし、飲料や電化製品を取り扱う会社やお店では、夏が暑くなかったら商売に悪影響があるため、暑気を呼び込む意味で「暑気寄せ(しょきよせ)」「暑気乞い(しょきごい)」という言葉を使うそうです。

  fa4a3640638efdfa8488e819b66c7221_s

 暑気払いは飲み会というイメージが強いですが、それだけではないことがわかりましたね。

暑い日には、冷たい飲み物や食べ物が欲しくなります。

暑気払いとはいえ、冷たいものをとりすぎると胃腸が弱ってしまいますので、ほどほどにしておきましょうね。

体を冷やすだけではなく、暑さで弱った体を元気にするという意味もありますので、栄養のあるものをしっかり食べて、元気に夏を乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク

 - 6月, 7月, 8月