10月 11月 1月 2月 4月 5月 7月 8月 未分類

2020年春夏秋冬の土用の食べ物とは?何を食べればいいの?



5b7f937aed3e19ca6f89f17a28c7d425

 

「土用」と聞いてまず最初に思い浮かぶのが「土用の丑の日」ではないでしょうか?

「土用の丑の日は夏の暑さに負けないようにうなぎを食べる日!」と思っている方も多いと思いますが、実は「土用」は春夏秋冬それぞれにあるのです。

夏だけのことではないんですね。

では、ほかの季節にも夏のように何かを食べるといいのでしょうか?

今回は、春夏秋冬の土用の食べ物について調べてみましょう!

 

 


土用とは?

 土用(どよう)とは、雑節のひとつです。

雑節(ざっせつ)とは、一年間を24等分にした二十四節気だけでは十分に季節の変化を読み取れないので、二十四節気を補助するために日本独自で考えられた暦のことです。

五行思想(ごぎょうしそう・万物は木、火、土、金、水の五種類の元素からなるという自然哲学の思想)では、春=木、夏=火、秋=金、冬=水が割り当てられ、季節の変わり目に土が割り当てられていて、これを「土用」といいます

季節の変わり目ということで体調を崩しやすいこともあり、土用の期間は普段以上に気を付けて行動をしたり、旬のものを食べて体に活力を取り入れたりするようです。

土用の期間は年4回あり、立春(りっしゅん・2月4日ごろ)、立夏(りっか・5月6日ごろ)、立秋(りっしゅう・8月7日ごろ)、立冬(りっとう・11月7日ごろ)の直前、約18日間のことです。

juunishi

 

土用というと「丑(うし)の日」を思い出しますが、「丑」とは十二支のひとつで、一年ごとに十二支が巡ってくることは皆さんご存知だと思います。

これは、日にちも当てはめられ毎日十二支が巡ってきます。

 子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

これらが毎日順番に巡り、12日間で一周します。カレンダーによっては十二支が記載されているものもあります。

土用の期間中に巡ってくる丑の日が「土用丑の日」、戌の日が「土用戌の日」、辰の日が「土用辰の日」というふうになります。

 

 


2020年 春夏秋冬の土用。それぞれの食べ物とは

 それでは春夏秋冬の土用に食べるといいとされる食べ物を紹介します。

 

春の土用に食べるといいものは?

春の土用は立夏の直前、約18日間で4月18日ごろ~5月6日ごろになります。

春の土用は五月病になったり、やる気が無くなることに注意が必要といわれています。

 

そして、春の土用は戌(いぬ)の日に「い」のつくものや白いものを食べるといいそうです。

「いわし」「いちご」「イカ」「いんげん豆」「芋」「大根」「しらす」などがあります。

 

●2020年の春の土用は4月16日(木)~5月4日(月)

●2020年の土用戌の日は4月25日(土)です。

 

 

夏の土用に食べるといいものは?

夏の土用は立秋の直前、約18日間で7月19日ごろ~8月6日ごろになります。

夏の土用は夏バテや熱中症に注意が必要といわれています。

 

そして、夏の土用は丑の日に「う」のつくものや黒いものを食べるといいそうです。

「うなぎ」「梅干し」「うどん」「瓜(きゅうり・すいかなど)」ほかに「土用しじみ」や「土用卵」などがあります。

 

●2020年の夏の土用は7月19日(日)~8月6日(木)

●2020年の土用丑の日は7月21日(火)、8月2日(日)です。

 

food_unadon
 

 

秋の土用に食べるといいものは?

秋の土用は立冬の直前、約18日間で10月20日ごろ~11月6日ごろになります。

秋の土用は夏の疲れが出たり、老けることに注意が必要といわれています。

 

そして、秋の土用は辰(たつ)の日に「た」のつくものや青いものを食べるといいそうです。

「サンマ(青魚)」「大根」「玉ねぎ」などがあります。

 

●2020年の秋の土用は10月20日(火)~11月6日(金)

●2020年の土用辰の日は10月28日(水)です。

 

 

冬の土用に食べるといいものは?

冬の土用は立春の直前、約18日間で1月17日ごろ~2月3日ごろになります。

冬の土用はインフルエンザにかかったり、風邪に注意が必要といわれています。

 

そして、冬の土用は未(ひつじ)の日に「ひ」のつくものや赤いものを食べるといいそうです。

「ヒラメ」「ヒラマサ」「トマト」などがあります。

 

●2020年の冬の土用は1月18日(土)~2月3日(月)

●2020年の土用未の日は1月29日(水)です。

 

1129_02

 

土用が夏だけではなく、春夏秋冬それぞれにあることがわかりましたね。

季節の変わり目でもある土用の期間は、昔から体調管理に特に気を付ける期間と考えられていたようです。

旬の食べ物や体に優しい食べ物で体調を整え、次の季節を元気に迎えられるよう、昔の人たちの知恵が現在に伝わっているのですね。

 

関連:『二十四節気』の読み方と意味とは?その覚え方

関連:『雑節』の意味と読み方とは?2020年の雑節の日付一覧

関連:土用の丑の日2020年はいつ?意味と由来とは?鰻(うなぎ)を食べるのはなぜ?

 

 

 

-10月, 11月, 1月, 2月, 4月, 5月, 7月, 8月, 未分類

© 2020 日本文化研究ブログ Japan Culture Lab