日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

しめ縄、しめ飾り、正月飾りの違いとは?いつ取り換えていつまで飾りどのように処分する?

      2019/07/22

神棚には「しめ縄」が飾られていますよね。

似たような言葉で「しめ飾り」というものがありますが、その違いはなんなのでしょう?

また、「しめ飾り」と聞くと、「正月飾り」を思い浮かべる人も少なくないと思います。

今回は、しめ縄、しめ飾り、正月飾りはどのように違うのでしょうか?いつ取り換えていつまで飾るのでしょう?調べてみました!

スポンサードリンク

しめ縄とは?

しめ縄は、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示し、神様の領域と私たちが住んでいる領域をわける結界の役割や、厄や禍(わざわい)を祓う意味があります。

神様がそこに宿る印ともいわれており、しめ縄は、神社や神棚に一年中飾ります。

 

しめ縄の由来は日本神話がもとになっているそうです。

太陽の神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、弟の須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴な行いに怒ってしまい、天岩戸(ああまのいわと)へお隠れになった結果、世界が真っ暗になってしまいました。

八百万の神様たちはなんとか天照大御神を天岩戸から連れ出そうと、天岩戸の前でお祭り騒ぎを始め、何事かと気になった天照大御神が様子を伺いに出てきます。

そして、八百万の神様たちは、天照大御神が再び天岩戸へお隠れにならないよう、すぐに岩戸を閉め、岩戸にしめ縄を張り巡らしたそうです。


しめ飾りとは?


 

しめ飾りとは、しめ縄を縁起物で飾り付けたもので、お正月に年神様(としがみさま・毎年お正月に各家にやってきて豊作や幸せをもたらす神様)をお迎えするために飾ります。

しめ飾りは、お正月の期間に玄関の上の方やドアの上に人の目線よりも上の位置に飾ります。

 

しめ飾りの縁起物は、基本的にはゆずり葉(ユズリハ科の常緑高木)、橙(だいだい・ミカン科ミカン属の常緑樹、およびその果実)、裏白(うらじろ・シダ植物門ウラジロ科に属するシダ)などです。

 

ゆずり葉は、新芽が出てから古い葉が落ちることから、その家が絶えることなく続くという意味があります。

橙は、「だいだい=代々」から、その家が代々繁栄するという意味があります。

裏白は、裏側が白いシダ植物で、裏表がなく心が潔白であることや、白髪が生えるまで長生きでるという意味があります。

 

ほかに、末広がりで縁起が良い扇や、「おめでたい」を連想する鯛、長寿を願う海老などを飾ったり、「謹賀新年」や「迎春」などお正月をお祝いする言葉や、「家内安全」や「商売繁盛」など願いが書かれた札を飾るなど、いろいろな種類があります。


正月飾りとは?


 

正月飾りは年神様を迎えるために飾るもので、しめ飾りも、正月飾りのひとつです。他に、「門松(かどまつ)」、「鏡餅(かがみもち)」などがあります。

 

門松は、竹や松で作られた正月飾りで、家の門の前などに立てます。

松飾り、飾り松、立て松とも言い、年神様が迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが門松と考えられています。

古くから樹木に神様が宿ると考えられており、中でも松は「祀る(まつる)」につながることから、おめでたい樹木とされ、正月の門松に使われるようになったそうです。

 

鏡餅は、年神様が宿る場所といわれており、松の内は鏡餅をお供えして年神様をお迎えします。

松の内が終わると「鏡開き」をします。

鏡開きとは、鏡餅をお雑煮やお汁粉などにして、無病息災を願って食べる行事です。

 

スポンサードリンク

いつ取り換えていつまで飾る?

しめ縄は、取り換える時期に決まりはありませんが、一般的に年末に大掃除をするときに取り換えます。

年末の大掃除で交換する場合はどんど焼きで処分します。

どんど焼きで処分する場合、取り外したあとはどんど焼きの日まで大事に保管しておきます。

 

年末の大掃除で取り換えることが一般的ですので、神社によっては秋ごろから新しいしめ縄の事前予約をしていることもあるようです。

神社のほかにも、しめ縄を取り扱っているホームセンターやインターネット通販などがあり、一年を通して購入することができます。

一年のうちどのタイミングで取り換えるにしても、古いしめ縄をはずしたらすぐに新しいものをつけられるよう、事前に準備しておくとよいでしょう。

 

※しめ縄を年末に取り換えない場合は、神棚などを掃除するときに取り外し、取り外したしめ縄は神社へ持って行きましょう。

 

 

また、しめ飾りを含む正月飾りは、松の内の期間に飾ります。

 

「松の内」は12月13日から始まります。

12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)といって、煤払い(すすはらい)や松迎え(まつむかえ)など、お正月の準備を始める日と言われています。

12月13日以降に大掃除を進めて行き、正月飾りをするのは12月25日~28日の間が一般的で、遅くても12月30日には飾ります。

 

また、29日は「二度苦しむ・二重に苦しむ」を連想し、31日は「一夜飾り」といって神様に失礼に当たるので避けた方が良いようです。

松の内が終わるのは地域によって異なり、関東では1月7日、関西では1月15日です。

 

お正月の期間は神棚にしめ縄、玄関にしめ飾と、両方飾ることになりますが、両方飾らねばならないという決まりはありませんので、しめ飾りはせずに、神棚にしめ縄だけというご家庭もあります。

 

年末にしめ縄としめ飾りの取り換えは以下の流れないなります。

1.新しいしめ縄、しめ飾りを準備する

2.年末の大掃除の時に神棚の古いしめ縄を取り外し、新しいしめ縄取り付ける。また、玄関やドアなどにしめ飾りを飾る。

3.取り外した古いしめ縄はどんど焼きまで大事に保管しておく

4.お正月期間が終わったらお正月期間に飾ったしめ飾り取り外し、保管していた古いしめ縄とともにどんど焼きに持って行く。

5.新しいしめ縄は次に取り換えるまでそのまま飾ります。

 

どのように処分する?

年末に取り外したしめ縄や松の内を過ぎた正月飾りは神社などで行われるどんど焼きで処分してもらいましょう。

 

どんど焼きは、年神様が空へ帰っていくのをお見送りし、五穀豊穣や無病息災などを祈願する行事です。

やぐらなどを組んで火をつけ、お正月飾りを燃やしますが、年神様はこの時の煙に乗って空へ帰っていくと考えられています。

 

松の内が明けてから、どんど焼きまでに日数がある場合でも、正月飾りをそのまま飾りっぱなしにはせず、取り外して保管しておきましょう。

神社によっては保管場所を設けることもありますので、お近くの神社にいつ持って行けば良いのか確認してするといいですね。

また、どんど焼きを行わない神社やお寺でもお焚き上げをしてくれますので、問い合わせてみてください。

 

しめ縄や正月飾りは縁起物ですので、ゴミとして処分するのはなるべく避けたいですよね。

しかし、様々な事情でゴミとして処分することもあるかもしれません。

ご自宅で処分する場合は、塩で清めて、白い紙に包んでから、ゴミに出すようにすると良いでしょう。

また、門松は大きさによっては粗大ごみのサイズになることもありますので、お住いの自治体のごみ処理の方法を確認してから処分してくださいね。

 

 

しめ飾りお正月に飾るもので、しめ縄を縁起物で飾り付けたものだったのですね。

しめ飾りは、正月飾りのひとつでもありますので、飾る時期はお正月の期間だけですが、しめ縄は一年中神棚に飾っておくもので交換時期は特に決まりがないのですね。

しかし、多くの人が年末に取り換えるようです。

しめ縄も正月飾りも、神様に関わる大切なものですので、丁寧に取り扱い、感謝の気持ちで処分すると良いですね。

 

関連:松の内の意味とは?いつからいつまで?関東と関西で違う?

関連:『正月事始め』ってなに?いつなの?お歳暮との関係と煤払い、松迎えについて

 

スポンサードリンク


おすすめの記事と広告

 - 未分類