日本文化研究ブログ Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

社日とは?2020年はいつ?意味と読み方は?

      2019/12/09

c5dcbfcb770856e96dd79ebbff87d945

「社日」という言葉をご存知ですか?

前後にある祝日に埋もれ、影が薄くなっており、知っている人も少なくなっている「社日」という言葉。

あまり聞きなれない言葉ですが、私たちの生活に古くから受け継がれている習慣のひとつのようです。

今回は社日の意味と読み方、2020年はいつなのかを調べていきましょう。

 


社日とは?

 読み方は「しゃにち」です。

 

1年間に2回あり、3月21日ごろの「春分(しゅんぶん)の日」と、9月23日ごろの「秋分(しゅうぶん)の日」に最も近い「戊(つちのえ)の日」を社日といいます。

春の社日は「春社(しゅんしゃ・はるしゃ)」、秋の社日は「秋社(しゅうしゃ・あきしゃ)」と略されることもあります。

 

春の社日は種まきの時期で、秋の社日は収穫の時期です。そのため、農業にとって大事な節目の日とされ、春の社日では五穀豊穣を願い、秋の社日では収穫を感謝します。

 

c0045448_21384843

 

社日の「社」には、「土地の守護神、産土神(うぶすなかみ)」という意味があり、土地の神様である産土神を祀る日とされています。

もともとは中国から伝わった習慣で、いつごろ日本で広まったのか定かではありませんが、古来から八百万の神々を大切にしていた日本人には「土地の神様を祀ること」は受け入れやすい習慣だったようです。

 

戊(つちのえ)の日とは?

 「戊(つちのえ)」は十干(じっかん)のひとつです。

元々中国で使われていたもので、553年に日本に伝来したといわれています。

 

十干は、五行思想(ごぎょうしそう)の万物は木、火、土、金、水の五種類の元素からなるという考えをもとにそれぞれを兄(え)と弟(と)に分けたもので以下のようになります。

 

甲(こう)は、五行思想では、木の兄「きのえ」といいます。

乙(おつ)は、五行思想では、木の弟「きのと」といいます。

丙(へい)は、五行思想では、火の兄「ひのえ」といいます。

丁(てい)は、五行思想では、火の弟「ひのと」といいます。

戊(ぼ)は、五行思想では、土の兄「つちのえ」といいます。

己(き)は、五行思想では、土の弟「つちのと」といいます。

庚(こう)は、五行思想では、金の兄「かのえ」といいます。

辛(しん)は、五行思想では、金の弟「かのと」といいます。

壬(じん)は、五行思想では、水の兄「みずのえ」といいます。

癸(き)は、五行思想では、水の弟「みずのと」といいます。

 

この十干が、一日ごとに割り当てられ、10日間で一巡します。

1日目が甲(きのえ)の日、2日目が乙(きのと)の日・・・5日目が戊(つちのえ)の日・・・10日目が癸(みずのと)の日となり、10日で一巡します。

 

十干の中で、戊は土の兄から「土の徳を備えたもの」とされ、土地の神様を祀る日として選ばれたと考えられています。

 

関連:2020年の干支は子(ね)。干支の順番の由来と覚え方

 

 


2020年の「社日」はいつ?

2020年の春分の日は3月20日(金)で、最も近い戊の日は3月16日(月)です。

秋分の日は9月22日(火)で、最も近い戊の日は9月22日(火)です。

ということで、

春の社日は3月16日(月)

秋の社日は9月22日(火)

になります。

 

関連:春分の日・秋分の日の意味とは?2020年はいつ?毎年日付が変わる?

kitamado_taiyo

 

社日というのは土地の神様を祀る日だということがわかりましたね。

この日は、日本各地でその土地の神様を祀る行事が行われ、その内容はさまざまなのだそうです。

春分の日や秋分の日は祝日にもなっているので気になりますが、社日はあまり馴染みがない方も多いかもしれません。

今年の社日には、神社に詣でてみてはいかがですか?

 

 - 3月, 9月, 春の行事, 秋の行事