日本文化研究ブログ – Japan Culture Lab

ジャパン カルチャー ラボ 日本の文化の疑問を簡単にわかりやすく説明します。

*

端午の節句の意味と由来とは?なぜ柏餅、粽(ちまき)を食べるの?

   

5c40e3497b8a6ba562b240a2b98055f3

5月5日は端午の節句(たんごのせっく)です。

「こどもの日」でもあるので、ほとんどの方がご存知だと思いますが・・・端午の節句の意味や由来まで知っているよ!という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

端午の節句には、柏餅や粽(ちまき)を食べる習慣もありますが、その理由はなんなのでしょう?

今回は、端午の節句についていろいろ調べて行きましょう。

 

スポンサードリンク


端午の節句の意味と由来は?

5月5日は国民の祝日の一つである「こどもの日」です。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨とし、1948年に制定され、それ以前は「端午の節句」と呼ぶことが一般的でした。

端午の節句は五節句(ごせっく)のひとつです。

五節句とは、江戸時代(1603年~1868年)に「重要な年中行事」として制定されたもので、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」、「5月5日の端午の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」のことをいいます。

関連:『祝日』と『祭日』の違いとは?国民の祝日一覧

関連:『五節句』とは?いつなの?その意味や由来について

もともと端午の節句は中国の風習でした。

中国では旧暦の5月は病気が流行しやすかったことから「5月は悪月」と言われていました。

5月の中でも5日は「5が重なるから悪月の悪日」とされ、厄除けのために菖蒲や蓮を門に挿し、菖蒲を浸したお酒を飲んで厄除けや健康祈願をしていました。

この風習が奈良時代に日本に伝わってきました。

このころ日本では、田植えの時期である5月になると、豊穣を祈願するために若い女性たちが神社に籠って田植えの前に穢れを祓う「五月忌み」という風習がありました。

同じように菖蒲を厄除けに使うこともあり、中国から伝来した端午の節句と結びついていきます。
IMG_1926

鎌倉時代になると、武道を重んじるという意味のある「尚武(しょうぶ)」と、厄除けに使っている「菖蒲」が同じ読み方であることから武士の間では縁起が良いと盛んに行われるようになり、端午の節句は別名「菖蒲の節句」とも言われるようになりました。

江戸時代になると幕府が年中行事として定られ、庶民にも広まっていきます。

端午の節句は、奈良時代には女性が行うものでしたが、武士の間で縁起が良いものとされ、時の流れとともに変化し、江戸時代には男の子の誕生と成長を祝う節句として定着します。

  

スポンサードリンク


なぜ柏餅、粽(ちまき)を食べるの?

kasiwamoti-001

柏餅は、日本独特の習慣です。

柏餅には、柏が使われています。

柏の木は、古くから神が宿る木といわれており、新芽が出で育つまで古い葉が落ちないことから「子どもが成長するまで父母は亡くならない」とされ、「跡継ぎが絶えない」、また「子孫繁栄」を象徴し、端午の節句の縁起の良い食べ物となったようです。

粽は、端午の節句と共に中国から伝わったものです。

中国の故事が由来とされ、国王の側近として仕えていた屈原(くつげん・中国の詩人、紀元前343年~278年ごろ)はその正義感と国を思う強さで人々から大変慕われていましたが、陰謀によって国を追われ、川に身を投げてしまいます。身を投げた日が5月5日といわれています。

屈原の死を悲しんだ人々が5月5日に川に粽を投げ入れて弔いますが、屈原の手元に届く前に蛟龍(こうりゅう)という龍に盗まれてしまいました。

そこで龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)という葉でもち米を包み、邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原の手元に届くようになったそうです。

それから中国では5月5日に粽を作って災いを除ける風習ができ端午の節句とともに日本に伝わりました。

粽に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込められており、鯉のぼりの吹流しの色に反映されています。

  chimaki

端午の節句に柏餅や粽を食べる理由がわかりましたね。

お子さんのいるご家庭では、柏餅や粽を食べるときには、お子さんにその由来をお話して聞かせてあげると、古くから伝わる風習に興味を持ってくれるかもしれませんね。

  

スポンサードリンク

 - 5月