暦・カレンダー

暦・カレンダー

睦月、如月、弥生・・・神無月、霜月、師走の意味や由来とは?

2021/5/30  

  1月、2月、3月・・・12月という呼び方のほかに、睦月、如月、弥生・・・師走という呼び方がありますね。 これは「月の異名(異称、別称ともいいます)」といいますが、それぞれの意味や由来をご ...

暦・カレンダー

吉日とは?意味と読み方、手紙や文書での使い方は?

2021/5/30  

  結婚式や引っ越し、開店など、なにかをしようと思ったときに「吉日」を気にする人は多いようですが、なぜ「吉日」を気にするのでしょう? 「吉」という文字からなんとなく「良い日」と想像できますが ...

暦・カレンダー 未分類

2021年 年男・年女の意味とは?厄年との関係は?縁起は?良いことはあるの?

2021/5/30  

  お正月なると年男・年女(としおとこ・としおんな)という言葉をよく耳にしますよね。 年賀状にも「今年は年男・年女です」と書いていることがあり、悪いことではないんだろうなぁ~と想像することが ...

暦・カレンダー

十二直(建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉)の由来や意味、読み方とは?

2021/5/30  

  私たちが普段使っているカレンダーには、その日の運勢や方位などが記載されているものがありますね。それらを暦注(れきちゅう)といいます。 十二直も暦注のひとつで、昭和初期までは六曜(ろくよう・暦注のひ ...

暦・カレンダー

丙午(ひのえうま)の意味とは?丙午生まれの女性の迷信と出生率減少の理由

2021/6/5  

過去の日本の出生率を見てみると、ある年だけ数字が低いことに気づきます。 昭和40年(1965年)の出生率は2.14で、昭和41年(1966年)の出生率は1.58、その翌年の昭和42年(1967年)の出 ...

暦・カレンダー

「庚申の日」読み方と意味とは?2021年はいつ?

2021/5/30  

  みなさんは、「庚申の日」をご存知ですか? 「年月日」や「時間」は普通数字で表しますが、ほかの表現の仕方もあります。 我々の先祖は干支(十干十二支)(えと・じっかんじゅうにし)を使って表現 ...

暦・カレンダー

「天赦日」と「一粒万倍日」とは?2021年一番縁起の良い日はいつ?

2021/6/15  

  普段は気にしていなくても、なにか特別なことをする日は「縁起が良い日かどうか」を気にすることはありますよね? 結婚式や開業、引っ越しなどはもちろん、宝くじを買うにはいつが良いのかを調べるこ ...

暦・カレンダー

「甲子の日」読み方と意味とは?2021年はいつ?

2021/5/30  

  「甲子の日」・・・文字を見ると、春と夏に行われる全国高校野球大会が行われる甲子園球場を想像してしまいます。 実はこの甲子園球場はある意味があって名付けらたのですが、その意味をご存知でした ...

暦・カレンダー

三隣亡の意味とは?2021年カレンダー。引越し、入籍は?

2021/5/30  

三隣亡(さんりんぼう)という言葉を聞いたことはありますか? 迷信という人もいれば、大事なことを行う日にちを選ぶときに気にする人もいます。 三隣亡の意味とはなんなのでしょう? 毎月2日~4日巡ってくる三 ...

暦・カレンダー

『雑節』の意味と読み方とは?2021年の雑節の日付一覧

2021/5/30  

日本では、季節の移り変わりをいろいろな呼び方で表現しています。 一年間を24等分した「二十四節気(にじゅうしせっき)」では「春分(しゅんぶん)」や「立冬(りっとう)」と表現し、季節の節目に行われる「五 ...

暦・カレンダー

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の由来や意味、読み方とは?

2021/5/30  

「結婚式は大安にしたい」とか「友引にお葬式は避けた方が良い」など普段の生活ではそれほど気にしていなくても、大事なことを決めるときは「大安」や「仏滅」を調べてみたり、誰かに言われたりすることはありません ...

暦・カレンダー

2021年の干支は丑(うし)干支の順番の由来と覚え方

2021/5/30  

年賀状に書き添えられる干支の文字やイラストで「2021年の干支は丑(うし)なんだな」と気づく人もいらっしゃるのではないでしょうか? 自分の生まれた年の干支は覚えているけれど、ほかはちょっと・・・とか、 ...

© 2021 日本文化研究ブログ - Japan Culture Lab