9月

9月のイベント・行事・記念日・風物詩といえば

september03
 

厳しい残暑が続いていても、ふとしたときに秋の気配を感じる9月。

朝夕は半袖だと少し寒いかな?と感じることもあるかもしれませんね。

季節が移り変わるのを感じることができる9月には、どんなイベントや行事があるのでしょうか?

今回は、9月のイベント・行事・記念日・風物詩をまとめてみました。

 


9月のイベント一覧

1. 防災の日(9月1日)

2. 二百十日(9月1日ごろ)

3. 重陽の節句(9月9日)

4. 二百二十日(9月10日ごろ)

5. 敬老の日(第3月曜日)

6. 十五夜(9月中旬)

7. 孔子祭(9月中旬)

8. 十六夜(9月中旬)

9. お月見どろぼう(9月中旬)

10. 秋分の日(9月23日ごろ)

11. 秋のお彼岸(9月下旬)

12. シルバーウィーク(9月中旬~下旬)

13. 社日(9月下旬)

 

 

1. 防災の日

bousaikunren
 

大正12年(1923年)に発生した関東大震災にちなんで昭和35年(1960年)に制定された記念日です。

台風の襲来も多い時期ということもあり「災害への備えを怠らないように」という戒めの意味もあるそうですよ。

ご家庭の非常持ち出し袋や、保存食を確認したり、災害に遭った時はどうするのかをご家族で話し合うといいですね。

 

リンク:防災の日のイベントはどんなものがあるの?東京・大阪のイベント情報

 

 

2. 二百十日(9月1日ごろ)

201409010307381-800x516

「二百十日(にひゃくとおか)」とは、立春(りっしゅん・毎年2月4日ごろ)から数えて210日目のことです。

この時季は稲が開花・結実しますが、台風が相次いで襲来するので農作物が被害を受けることが多く、厄日・荒れ日などと言われています。

農作業に携わる人の一つの目安として、警戒を呼び掛ける意味もあるそうです。

 

リンク:「二百十日」「二百二十日」の読み方と意味とは?2022年はいつ?

 

 

3. 重陽の節句(9月9日)

1_041001066
「重陽の節句(ちょうようのせっく)」は「五節句(ごせっく)」のひとつです。

重陽の節句の旧暦9月9日は今で言う10月中頃にあたり、菊が最も美しい季節であることから「菊の節句」と呼ばれます。

重陽の節句は、新暦と旧暦の季節感のずれのため、花の旬が合わなくなり次第に廃れて行きましたが、寿命が延びると言われていた菊を主役に据え、不老長寿や繁栄を願う行事として行われてきました。

 

リンク:「重陽の節句」2022年はいつ?その意味と食べ物とは?

 

 

4. 二百二十日(9月10日ごろ)

a65fe9c791563627cabf522970213a2a
「二百二十日(にひゃくはつか)」は、立春(りっしゅん・毎年2月4日ごろ)から数えて220日目のことです。

「二百十日」と同じで、農作業に携わる人の一つの目安として、警戒を呼び掛ける意味もあるそうです。

 

リンク:「二百十日」「二百二十日」の読み方と意味とは?2022年はいつ?

 

 

5. 敬老の日(第3月曜日)

keirounohi
 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている祝日です。

普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えたり、家族みんなで食事をしたり、おじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれることを考えたいですね。

 

リンク:敬老の日2022年はいつ?メッセージカード例文

 


6. 十五夜(9月中旬)

tsukimi_jugoya
 

別名「中秋の名月」といいます。

ススキを飾り、お月見団子を作り、空を見上げて美しい満月を眺めてみましょう。

十五夜の日にちは毎年異なります。今年はいつになるのでしょう?

 

リンク:十五夜の意味とは?2022年はいつ?中秋の名月との違いは?英語で何て言うの?

 

 

7. 孔子祭(9月中旬)

孔子(紀元前552年~紀元前479年)は、中国の思想家、哲学者で儒教(じゅきょう)の始祖です。

長崎県、孔子廟の「孔子祭」は、毎年9月中旬の土曜日午後2時より開催されます。

 

リンク:「孔子祭」2022年はいつ?湯島聖堂と長崎の孔子廟の孔子祭の違いとは?

 

 

8. 十六夜(9月中旬)

「十六夜(いざよい・じゅうろくや)」とは、新月から数えて16日目の夜のことなので毎月訪れますが、一般的に旧暦の8月16日を「十六夜」といいます。

 

リンク:「十六夜」の読み方と意味とは?2022年はいつ?

 

 

9. お月見どろぼう(9月中旬)

お月見どろぼうは、お月見の日(中秋の名月または十五夜ともいう)の行事で、中秋の名月に飾られているお月見のお供え物(お団子)を、子どもたちが盗む風習です。

昔、子どもたちは月からの使者と考えられており、この日に限って盗むことが許されていたそうです。

現在は子どもたちが「お月見ください!」「お月見どろぼうでーす!」などと声をかけて各家を周り、お団子やお菓子をもらう風習が残っている地域があるそうですよ。

 

リンク:お月見どろぼう2022年はいつ?どんな風習?起源や発祥とは?どこの地域のイベント?

 

 

10. 秋分の日(9月23日ごろ)

syuubun_nohi
 

太陽が真東から昇って真西へ沈み、昼と夜の長さが同じになるといわれている日です。

昭和23年(1948年)に「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨として制定された祝日です。

 

リンク:「秋分の日」2022年はいつ?その意味と食べ物。秋分の日一覧

リンク:春分の日・秋分の日の意味とは?2022年はいつ?毎年日付が変わる?

 


11. 秋のお彼岸(9月下旬)

ohagi_botamochi
 

秋分の日の前後それぞれ3日間を合わせた7日間のことです。

最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」と呼びます。

先祖供養のためお墓参りをしたり、おはぎを作ってお供えしたりします。

 

リンク:「お彼岸」2022年はいつ?意味とお盆との違いについて

リンク:お彼岸の意味とは?何をするの?お供えの「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

 

 

12. シルバーウィーク(9月中旬~下旬)

silverweek
 

毎年シルバーウィークはあるものだと思っていましたが、実は、とても珍しいもののようです。

ハッピーマンデー制度によって敬老の日が第3月曜日に移動になったことで、土日や秋分の日とうまい具合につながり、5日以上の連休になったものを「シルバーウィーク」と呼ぶようになりました。

過去には2009年、2015年にシルバーウィークがありましたが、三度目はいつになるのでしょう?

 

リンク:シルバーウィークとは?2022年はない!?次回はいつ?

 

 

13. 社日(9月下旬)

 

 

september02
 

9月はまだまだ残暑が厳しいころではありますが、少しずつ過ごしやすくなってくるでしょう。

十五夜やお彼岸など、秋を感じる行事がありますので、残暑がつらいな~と思っていても秋の行事を楽しんでみてください。

きっと、小さな秋を見つけることができますよ。

 

関連:10月のイベント・行事・記念日・風物詩といえば

 

-9月